FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■TOILET GIRL 鬼畜の蠢き (堀川悟郎)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年]凌辱・むちむち
・おまけ: 描き下ろし「鬼畜の蠢き」、
      カバー裏にあとがき・あとがきマンガ
・その他: カラー(4P)、9話収録(全て表題作・1巻完結)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「堀川悟郎(ほりかわ・ごろう)」センセの「TOILET GIRL -鬼畜の蠢き-」です。

すみません、すこぶる調子が悪いです。
朝起きた時からいつもとペースが異なり、終始気だるい感じ。
全身だるく、関節もバキバキ痛みます。
…これは風邪ですね。
そんな訳で、本日はちょろっとですみません。

こちらのブログでは「孕むまで犯してください」を紹介している「堀川悟郎」センセの新刊が発売されました。
だいたい7冊目くらいの単行本は「鬼畜の蠢き」です。
今回単行本は、1冊まるまるの長編漫画。
ネタとしては相変わらずで、次々にヒロインがトンデモな目に遭ってしまうもの。
あらかじめ書いておきますが、こちらはブラックなままお話が進み、そのままラストを迎えます
…より酷い状態で。
読後感は重いため、そのあたりも判断材料になるかと思います。

姉「美羽」、妹「美亜」
※左:姉「美羽」、右:妹「美亜」
 双子なので似てます。感覚リンクみたいなのはありません。

親の再婚によって、母・双子の妹ができた「城崎優也」
その相手が隣の「美里」さんであったため、幼馴染みの双子「美羽」・「美亜」とは戸籍上で兄妹という間柄となってしまったのです。
学校から私生活まで一緒という生活に戸惑いはあるものの悪い感じはなく、このまま穏やかな時が流れていくのかと思っていた矢先。
理事長の息子という「毒島巌(ぶすじま・いわお)」が転校してきた初日から、学校の雰囲気は一変してしまうのでした。
だいたいそんな導入部。

毎度お馴染みの凌辱展開。
やたらめったら、えっちされちゃいます。
基本的には、「美羽さん」を筆頭とした城崎家の女性陣でお話は進んでいました。
上のあらすじでは「優也くん」を主人公っぽく描いておりますが、実際の出番としてはちょろっとだけ。
非常に重要な役回りではあるんですけどねー。

舞台は学園と言うより城崎家。
「美羽さん」から母「美里さん」、そして身を呈して守っていた双子の妹「美亜さん」にまで累が及びます。
途中までは第三者的に描かれていた彼女ですが、ストーリーにてある種のポイントというべき位置付けになっていました。
お話は、ほぼこの3名が引っ張っています。

一方、学園からの漫画ですが、そちらの描写はあまり多くはありません。
1話より顔を見せていた眼鏡の「香坂優子」が7話目。
それに関連して、格闘技経験のある「相沢沙希」が8話にて、というところ。
他は「毒島」と共にいきなりえろく登場した教師「川島」が顔を見せている程度です。

城崎美里、香坂優子
※左:城崎美里、右:香坂優子
 姉でも十分通用するだろう母親です。

「堀川悟郎」センセの同じく長編「私立聖皇曼女学院」は、ヒロインが各話でピックアップされていくオムニバスっぽい形式でした。
立場・状況が異なり、なんらかの事情を抱えたヒロインらのエピソードが次々に描かれるというもの。
今回は「美羽」・「美亜」の双子は無論のこと、母「美里」まではよくキャラが似ております
親子ですからね。
ただ、それが結果的には”似たような感じの連続”みたいになっていました。
なかなか良かったそちら「私立聖皇曼女学院」と比較して、全体ストーリーがしっかりあるものの、キャラのバリエーション少なく、幅は狭くなってしまった印象です
双子でない方が良かったのではないかなぁ。

漫画では絶対的な優位にある「毒島」
特に3話の前半など化け物のようなキャラですが、本人の言う「セレブ」というのは真実である様子。
彼の父親、理事長という彼は複数の系列会社を持ち、「優也」の父親はそちらの社員、「優子さん」の会社もすっかり買収されています。
そっち方面での脅しもあるのね。
また暴力団との繋がりもあり、地下闘技場のチャンピオンという屈強な男がボディーガードとして彼についています。
唯一対抗できそうだった「沙希さん」もそのボディーガードに敗れ、「優也くん」も簡単にぶっ飛ばされていました。
後半の描写から察するに、各業界と幅広い繋がりもありそうで…完璧ですね。
安易にその優位をひっくり返されるのは違うと思いますが、ここまで完璧ならば逆に「優也くん」などに頑張ってもらって、最後で溜飲を下げるような、スッキリ描写が欲しかったですね。
前述しましたが、この漫画やたらめったら暗い終わり方なんだもの。
ただ、妹「美亜さん」の中盤5話、最終仕上げというべきクライマックスの9話などの展開はさすがな出来栄え
ファンの方が(おそらく)期待しているだろうものになっています。

相沢沙希
※相沢沙希
 彼女のような目立つ設定が他のキャラにも欲しかったです。

しなやかな線の絵柄。
黒が目立ち濃淡は強く、また髪や液体などは派手に描かれています。
比較的コマ割りは大きめですが、キャラ大きめで全体はごっちゃり。
迫力がある半面、やや分かり辛さもありました。
「堀川悟郎」センセは非常に個性の強いキャラが特徴
心なしか、よりそんなんが大きくなった印象です。
極端なほどにボリームある髪の毛と、三角の小さい輪郭、むっちりなスタイル。
ヒロインほか男性もアクが強く、きっちり人を選ぶでしょう。
判断については、↓裏表紙のカット絵が最適です。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: かなりデフォルメが強め。人を選びます。
・話3: こちらも独特ジャンルです。好みな方は加点になるかと。
・独5: 他では真似できないだろう、「堀川悟郎」センセならではという世界でした。
合計:[11/15]

アマゾンでのカスタマーレビューにもありましたが、「堀川悟郎」センセはやはり同人誌のが光るように思います。
個人的に違ったジャンルを見てみたい気がするんですが、それだと元ファンはがっかりしちゃうだろうしなぁ…。

TOILET GIRLTOILET GIRL
(2010/11/12)
堀川 悟郎

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。