FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■モノノケアクメ (いーむす・アキ)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年]ラブコメ・妖怪
・おまけ: あとがき漫画、一部描き下ろし「ヨリミチ」、
      冬将軍カラーイラスト。
・その他: カラー(20P)、短編×12(うち「妖怪発情記シリーズ」×9)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「いーむす・アキ」センセの「モノノケアクメ」です。

期待していた妖怪シリーズ。
確か…小学校時代に「水木しげる」センセの、大百科的なものが初遭遇でした。
昔から、そうした系統(※ケイブンシャの「全怪獣怪人大百科」とか…)が大好物だったひでるさん。
さしてよく分かっていないまま、妖怪にハマっていったのです。

ちらほら怖さも感じてはいたんですけどねー。
目目連(もくもくれん)とかは今だに苦手です。
ぞわーってしますよ。
同じ理由で、「百目タイタン」とかも嫌い。(←仮面ライダーストロンガー
なんだか脱線しましたが、まぁ、そんな感じでアマゾンで↓表紙を見た際から、わくわく待っていたのです。

さて、ロリだったり、人妻だったり、と変幻自在な「いーむす・アキ」センセ。
こちら「モノノケアクメ」は、5冊目の単行本です。
ブログではなにげに全ての単行本を追っかけており、ロリ教師の初単行本「いとしのみゆ先生」、人妻セットな2冊目「若奥様解放区」、短編集の3冊目「とろけるからだ」、カラーページの多い4冊目「コイセヨオトメ」…という具合。
今回は収録のほとんどがシリーズもの
いわゆる連続話っぽい風情は薄く、同キャラ登場のオムニバス。
なかなか面白かったので、できればそのネタだけで1冊にしてほしかったです。

河童「マオちゃん」、雪ん子
※左:河童「マオちゃん」、右:雪ん子
 ヒロインではこの2人が最も良かったかなぁ。

全部で9話ほど収録のある、妖怪発情記シリーズ。
コメディーではないものの、薄暗い感じのない、はっちゃけストーリーになっています。
登場するヒロインのほぼ全てが妖怪です。
おそらく見知っているだろう、スタンダードなあたりを押さえていました。
身体になんらかの特徴ある以外は、単にほぼ全裸な女性。
↓表紙は各話にて登場するカッパ娘「マオ」ちゃんですが、だいたいああした感じ
アリスソフト」さんのゲームをやっている人は、”女の子モンスター”な風情というのが分かりやすいかな。

全てカラー原稿という「なめなめ」が冒頭を飾るお話。
なお、こちらシリーズのタイトルは、全てNHK「連想ゲーム」のような繰り返しになってます。
それでだいたいどんな妖怪か分かるのがスゴイですね。
「垢なめ」の「ユリカ」さんが登場。
中津賢也」センセの「妖怪仕置人」でもヒロインでいましたが、えっち系では欠かせない(たぶん)妖怪です。
廃校になった校舎に立ち寄った「テツロウ」が見た彼女は…という、懐かしい感覚なお話
改造セーラー服みたいな服装の「ユリカさん」
1人えっちから主人公、続いて複数へと展開しているんですが、ノスタルジーな雰囲気とオチがためか、妙な温かさのある仕上がりです。

シリーズを通してのヒロイン、河童の「マオちゃん」が初登場の「かぱかぱ」
こちらが実質的な1話目で、冒頭には街の説明も差し込まれています。
いちおう女の子じゃないのもいましたね(笑)
”年頃の妖怪の娘たちは人間さんから精気をもらって力を蓄える”
…とかなんとか、なにげにしっかり共存できているのがこの話のポイントでしょう。
「マオちゃん」も年頃な妖怪。
背負う甲羅は定番ですけど、なぜかドンブリを頭にかぶっている彼女
そのデザインが何よりも秀逸
ちょっとトボけたようなそれが、最大の特徴であり、魅力にもなっていました。
気が弱く、もじもじしているところがキュート。
シリーズでの主人公「コウタロウ」くんとの初えっちになってます。
なお、冒頭ページはカラー原稿でした。

「コウタロウ」・「マオちゃん」のえっちから始まる「ろんろん」
すっかりカップルな2人です。
最近日照り続きであったため、彼女に雨を降らせてもらうよう頼んだところ…「龍神様」を紹介される流れ。
なんだか出来そうな気もしますが、河童は天候に関わる能力ないですからね。
龍頭を頭にかぶっている、ロリな「龍神様」が登場。
えっちによって力が戻ると、大人バージョンになっていました。
こちらでは村長さんがイイ味を出しています。

巫女戦士「おりん」、天狗「フウコ」
※左:巫女戦士「おりん」、右:天狗「フウコ」
 「おりんさん」も凛々しくていい感じです。

3名の妖怪ヒロインが登場する「ほわほわ」は、冬のお話。
メインのお相手は赤頭巾のような「雪ん子」ですが、それを放置すると「雪女」、さらに発展すると「冬将軍」になるみたい。
この出世魚みたいなパターンがお気に入り。
特に「冬将軍」は、「絶対零度」なんて「ゴアゴンゴン」を思い出すような旗を持ち、独眼でかっちょえーデザイン。
4人がかりでも太刀打ちできねぇっ
とか言われてました。
そんなんに対し、「雪ん子」は性格も良さげで、レギュラーにしたいくらいの可愛さがありました。
なお、冒頭の背景カット(※屋根になんらか妖怪がいて、上空を「一反木綿」が飛んでる)は、”普通に妖怪のいる世界を表現している”ようで、お気に入りです。

「みこみこ」は妖怪発情記シリーズの”番外編”
妖怪ではなく、天狗と戦う巫女戦士の「おりん」がヒロインです。
彼女は「マオちゃん」ほか登場する天狗と対決姿勢であり、”成敗”とか言っていました。
人間から精気をもらう、妖怪の娘さん。
そちらだと成年漫画としてのお約束コメディーになるんですが、これが男子妖怪・人の女性というカップルの場合、どうしても襲われるイメージで、ほわほわした雰囲気にはなりません。
これ以外に男子妖怪は出ていないんですが、人の女の子らはどうしてるんでしょうね。

おまけ:水中移動の「マオちゃん」
※おまけ:水中移動の「マオちゃん」
 このコマがお気に入り。ちょっと青っぽくしてみました。

「てんてん」は天狗のお姉さん「フウコ」さま。
カラーページ部分では修験者らに崇められており、なかなか良さげな生活をしているようでした。
普通ならそこで精気の吸収もできるようなんですが、とある理由で山を降りていたのです。
「コウタロウくん」は女性妖怪に好かれる何らかの要素があるのかな。
途中から複数えっちに発展しているんですが、「フウコさま」の興味は彼オンリーのようでした。

「こんこん」、「さくさく」は直接繋がりのあるお話。
もはや彼女である「マオちゃん」をより満足させるため、お稲荷様に祈った「コウタロウくん」はキツネ耳な「お社様」に出会うのでした。
彼女もロリちっく。
大人パターンあるかなーって思いましたが、終始小さいままでした。
そのえっちに触発された、桜の精「サクヤ」さん。
彼女はアダルトな雰囲気で、羽衣をまとう天女ちっくなキャラ。
某昔話と絡められていました。
久しぶりに村長らも登場し、後半はやっぱり複数えっちになります。
アンタ生きてたんかい。

収録でラストの「にゃんにゃん」は、発情期を迎えている猫又さん。
街のあちこちでそんな状態になっていました。
「コウタロウ」・「マオちゃん」はそんなんに触発されて始めちゃうパターンで、こちらでは完全にゲスト扱い。
メインは、赴任したばかりの教師と、奥手な猫又さんでした。

稲荷神社・お社様、桜の精「サクヤ」
※左:稲荷神社・お社様、右:桜の精「サクヤ」
 まだ色々と妖怪キャラが考えられますね。

収録ではそちらがラストなんですが、特にそれっぽくないまま、さらりと終わってます。
特に単発でずっと続けられそうなお話なので、機会ある毎に描きためてほしいですね。
そのうち大百科になったりして。
なお、登場ヒロインの皆さんは、やや露出過剰気味。
ほぼ丸出し。
これはこれで全然良いんですけど、じんわりとしたエロスではなく、個人的にはちょっと残念でした。
たとえば河童「マオちゃん」あたりは、薄皮なボディースーツとか着てたらより好みだったんですが。

ほか収録の短編群についてざらりと。
お嬢様「西園れいか」さんの「お嬢様のお戯れ」
皆が憧れる彼女のえっち相手に選ばれた「たけし」くん。
なぜ自分が選ばれたのか、自分自身でも分からなかったんですが…というもの。
ちと酷い感じのオチでしたが、お嬢様だしねぇ。
「ロボオット」はタイトルそのままな、はっちゃけコメディー
まるで動じない奥さま「ゆうな」さんが可愛いんですが、まさかあんなオチになるとはびっくり。
「ヨリミチ」は「コイセヨオトメ」の表紙の娘みたいなツインテールの「ミナ」ちゃん。
…巻末をツインテールなロリ少女が飾るのはお約束ですか?
ほぼ全編えっちシーンで、可愛く仕上がってます。

今回の収録ですが、妖怪発情記シリーズの1話目が06年9月と古めな原稿。
現在よりもあっさり風味で、一言で言うなら”やや大雑把な感じ”です。
見比べると差は当然あるものの、もともと巧い方なので大きな問題ではありません。
強い色のこってり絵柄。
ロリからアダルトまで幅広く、ふんわり柔らかそうなタッチが楽しめます。
今回は特にジャンルから独特なので、人を選ぶかもしれません。
↓表紙・裏表紙ほか、紹介帯などでご判断下さい。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: 癖強めで、不安定さもあるので。
・話4: こんなん好きです。ただ、「ロボオット」だけはちょっと…。 
・独4: 収録全て”妖怪発情記シリーズ”にしたかったですねー。
合計:[12/15]

この単行本はやっぱり「マオちゃん」かなぁ。
なんでドンブリかぶせたんだろう。
あとは「冬将軍さん」がメインで描かれなかったのが残念。

モノノケアクメ (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)モノノケアクメ (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
(2010/10/30)
いーむす・アキ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ コメディー ツインテール アリスソフト ノスタルジー

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。