FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■イロドリ COLORFUL DREAMS (椋蔵)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : [一般]ラブコメ・大学
・おまけ: カバー裏に4コマ。
・その他: 初単行本、9話収録(全て同一世界)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「椋蔵(りょうぞう)」センセの「イロドリ COLORFUL DREAMS」です。

良い↓表紙絵ですよね。
さきほど「椋蔵」センセのHPを見てきましたが、さらりとした非常に美麗なカラーイラストを描かれる方
↓表紙・裏表紙そのままで、”清涼飲料”みたいな爽やかさ。(←漢字の雰囲気ね)
なお、ちょっと気付き辛いですが、カバーは折り返しを含めて1枚の絵となっており、機材らと並ぶヒロインたちは額に入れて飾っておきたくなるようなもの。
良いと思います。

角松まどか、鹿野穂香
※左:角松まどか、右:鹿野穂香
 他にも良いコマあったんですが…趣味に走りました。

そんな訳で、「椋蔵」センセ。
こちらの「イロドリ COLORFUL DREAMS」が初単行本で良いのかな。
一般えっち系で、実は全て同大学内・学園祭前後のエピソード
青春ラブコメという風情になってます。
ちらほら同じキャラが出演してたりするので、細かく探してみるのも良いでしょう。
なお、各話では映研部長が毎回ちらりと切っ掛けを作っており、果ては”恋のキューピット”と呼ばれていました。
最終話のオチにて…って、ここで書く訳にはいかないか。
まぁ、ほわーって感じのものよ。
てっきり最終話がそうかなのかなーって思ってましたが、さすがに「椋蔵」センセ。
あのくらいが丁度良いかな。

冒頭話「アオシネ」は、映研部のカントク「瀬戸千歳」くんと「水戸琴美」さんのカップル。
原稿時期で言えば次の「パーピュアソウル」より2年ほど古いみたいですが、あまり気にしなくても大丈夫。
この頃からお上手です。
じっくり見比べると、やや線が不安定な感じ。そのくらい。
お話は、コンテスト出品の予算のためにAV撮ろうというもの。
(※通称「ブルーフィルム」というそうです)
その出演に「琴美さん」が名乗りをあげるんですが、ちと流れが強引かなー。
もう少し細かい心情が描かれていればまた違うんでしょうけれど。

学園祭が始まっている「パーピュアソウル」
”霊視コーナー”を行うオカルト研究部の「木元朝喜」くんと、相談者の「角松まどか」さん。
好きな娘が相談に来たため、霊視と言いつつもしっかり下調べできてましたという展開。
なるほどなぁ。
「まどかさん」は眼鏡とみつ編みの可愛らしい娘。
霊視の結果として、お祓いのため彼女の家へ行けることとなるんですが…途中のアレは厳しいですね。
素直に白状したことで幸いしたかも。
容姿と裏腹に積極的な「まどかさん」が素敵でした。
まぁ、家へ呼んだ時点で彼女は戦闘態勢だったでしょうけどね。
守護霊様~の部分が面白いです。

池田圭
※池田圭(いけだけい)さんです。漢字違いますが。
 このまま置いておきたくなりますね。

「セピアングル」は映研部のカメラマン「池田圭」さんと高校時代の同級生「土佐前真人(とさまえ・まさと)」くん。
「圭さん」の名字が”池田”で、ちと驚き。
1話目から出演しており、帽子が目立つ方なので見つけやすいです。
学生時代より、ショートカットな今の方がいいですね。
えっちではパンストほか、見事な貧乳っぷりが見どころ

「メロウエロウ」は軽音部、JAPSというバンドを組むボーカル「鹿野穂香」さん、ギター「矢尾尚也」くん。
ヴィジュアル強化のため、「穂香さん」の衣装を考えるところからの発展。
彼氏いない、とか言っていながら、「尚也くん」とやたら良い雰囲気でした。
鹿野は可愛いから…客なんて簡単に騙せるよ
とか普通な顔で言われたら、たまんないでしょうねー。
ポニーテールで前屈みになった際の、片目隠れたコマが好き(笑)
直接続く「オレンジスナップ」は、JAPSのドラマー「空田太郎(うろた・たろう)」くんと写真部の「小松真子」さん。
どうやら2人は昔馴染みの間柄。
フラれた彼を癒すというお決まり展開で、車内が舞台でした。
ボーイッシュで普段しれっとした彼女のえっちシーンがポイントでしょう。

「ピンクプロンプ」は劇団のメイン女優「水砂涼美」さんと演者のサポート役である「桶谷竹男」くん。
舞台に映える主演女優の隣にくるのは、やっぱり地味な彼ですよねー。
それぞれの練習にて、わざわざ相手役の申し出を断ってまで「桶谷くん」に稽古を頼むところが可愛いですね。
せっかくジャージ姿だったので、もう少しじわじわ脱がしてほしかったですが。
ちなみに、「涼美さん」も右の髪が長く、ごく一部のコマですが片目隠れてたのがお気に入り。

水砂涼美、田中かなた
※左:水砂涼美、右:田中かなた
 右は扉絵です。こうしたイラストは、本当にお上手でした。

「コミドリ」は漫研(?)の「田中かなた」さんと「塚本智勝」くん。
ミニスカートでちらほらアピールしてる「かなたさん」が可愛いです。
最終的には自ら行動してました。
いいシチュエーションです。
えっち時の彼女の台詞が泣かせるようなものなので必見。(さすがにここで泣きませんが)
窓から登場していた映研部長も生きてました。
怪我から察するに、「クレナイノオト」はその後のエピソード。
文芸部、小説家志望の「江本朋恵」さんとJAPSのベース「へーくん」こと「杉本卓人」
2人の付き合う切っ掛けは、なにげに「オレンジスナップ」で描かれているので、気付かなかった人は一度戻ってみるのもいいかと。
お風呂えっちです。
「朋恵さん」は映研部長と会話している方が面白いですね。

「ホワイトアクト」はミスキャンパス「成沢沙里奈」さんと劇団のメイン役者「小津稼付央」くん。
JAPSのプロモ映像を映研で撮ることとなり、出演依頼をする流れ。
「小津くん」は「ピンクプロンプ」に続く出番で、ちゃんと「涼美さん」・「竹男くん」も顔出ししてます。
ほか、収録ではラストエピソードであるためか、あちこちキャラが顔見せしているのであちこち注意深くご確認下さい。

さらりとした細線のすっきり絵柄。
濃淡は適度からやや濃い目、描き込みは人物以外の部分に細かく、特に小物がいい感じ。
画面は賑やか寄りであったものの、大きな崩れ・乱れなく、また見辛さもありません。
人物絵は漫画っぽくも落ち着きあり、男女とも清潔感漂っていました
これがラブコメからもう一歩踏み込んで、恋愛劇っぽい空気なのです。
洗練された白黒漫画で、また前述したようにカラーも巧く、今後が実に楽しみな漫画家さんでした。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: もう少し全体で安定感があればいいかなぁ。
・話3: 爽やかで照れくさいです。長編とかいいかもしれません。
・独4: 短編群となりそうなところを、うまーく繋げたように感じました。
合計:[11/15]

なお、もくじ部分に「登場人物は全て18歳以上です」と、ありました。
こちらは大学生漫画なので、飛び級でもなければ普通18歳以上だと思うんですが…。
ちょっと突っ込んでみました。
(ぎりぎり17歳ってこともある?)

イロドリ (バンブー・コミックス DOKI SELECT)イロドリ (バンブー・コミックス DOKI SELECT)
(2010/07/17)
椋蔵(りょうぞう)

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ ポニーテール ショートカット パンチラ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。