FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■大輔くんの非実在美少女+ (廣田眞胤)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年]ラブコメコメディー
・おまけ: おまけ絵日記漫画、カバー裏にあとがき・作品解説。
・その他: 冒頭に説明、短編×10。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「廣田眞胤(ひろた・まさたね)」センセの「大輔くんの非実在美少女+」です。

いきなり書きます。
「廣田眞胤」センセの漫画はこちらが初見。
単行本(というかセンセの漫画)最大の特徴は、なぜだか「大輔」で統一された男性陣でした。

その解説が、もくじ部分にあります。
本名を公開しており、これが「大輔」
そう、あえて自分と同名のキャラを出演させているようなのです。
独特な感性ですねー。
”成年ゲームで自分の名前つけてプレイすると、恥ずしさが味わえる”
…みたいな事が、昔どこかで書いてありましたが、そうした感じなんですかね。

女性キャラが皆同じ名前、よりは影響少なく、普通に読むには特に問題ありません。
…ありませんでした。
ただ、当然ややこしさはあり、今後マイナス面はあってもプラスにはならないと思います。
収録に中編とか混ざると、混乱しそうね。
そんな訳で、2冊目の単行本「大輔くんの非実在美少女+」も収録は全て短編という構成でした。

橘さん、えりかさん
※左:橘さん、右:えりかさん
 漫画はこうしたコメディー感あるものです。

「大輔」の幼馴染み「えりか」
友人「良子」に告白をしようとしていた彼を察知し、その応援をするという名目で彼の目を自分へ向けようと考えたのでした。
そんな短編「ちょっと!」
漫画はコメディーな流れでしたが、ひでるさん好きなお話系統
あるいはサスペンスちっくにもできそう。
練習と偽って、自分の欲望を果たす「えりかさん」がキュート。
ぞくぞく・ドキドキしてましたねー。
喋ってる「良子」・「大輔」の2人を見ただけで、かなり動揺してました。
いっぱい・いっぱいなえっちシーンもいい感じ。
オチはあんなんでしたが、まだ全然チャンスあると思いますよ。

3月にある生徒会主催のダンスパーティーは男女ペアが条件。
そのため、2月のバレンタインデーはこの学校では女子からの参加のお誘いという意味も含まれていたのです。
ヒロイン「橘」さんは自らの高身長にコンプレックスがあり、「大輔くん」に渡すことできないままストーキングするようになっていたのでした。
そんな短編「てんだー・されんだー」

こちらの「橘さん」がカバー裏の娘でいいのかな。
デカイ女性がテーマでかすが、解説にもあったように極端な大きさではありません。
まぁ、あれ以上のサイズ差をつけると漫画的に支障あるかも。
こちらの「大輔くん」は、非常に格好良い事言っておりました。
その際の「橘さん」の反応に注目です。
オチはやや無理矢理でした。

眼鏡な「物部」さんの「でぃす・でい・うぃ・ふぁいと!」
彼女が↓表紙担当ですね。
特に込み入った説明とかSFちっくさはないものの、時をかける感覚な漫画。
だんだんえっちに慣れていく「物部さん」をお楽しみ下さい。

半井摩子
※半井摩子
 眼鏡なヒロインも可愛く描かれています。

「ぶるーくらしー」の生徒会長「志村」さん、「あい・うぃっとねす」の「半井摩子(なからい・まこ)」という2人も眼鏡ヒロイン。
前者は、親が決めた許嫁が他の娘と話していたのを”屈辱”と受け取った彼女は、執行部の「大輔」を捕えて仕返しえっちをしたんですが…という展開。
ツンデレ、と称されていましたが、やたらぶきっちょな方
許嫁という彼が何も分かってないですからねー。
頭良さそうなものの行動がトンチンカンという様が良いです
あれ普通に付き合ってるだけでしたから。
後者は痴漢から助けられた「摩子さん」がお礼に来るもの。
制服から学校を調べ、校門で待ち伏せ~という冒頭から、ちょっと変わった娘でしたね。
こんな場所で!?
そう言ったそのまま、電車内のえっちになります。
確かに車内ガラガラでしたけど、駅とか止まったり通過したりすると思うのだけど。

~なんだからね!
という、よりツンデレちっくな「真帆」さんとのえっち「まじっく・あんど・めいへむ」
こちらはコンドームを使ってみようという切っ掛け。
しかし、結局使わない所がミソでしょう。
故あって、ほっぺたつねる様が可愛いです。

超セレブという「たまき」さんとの「なすのちゃわんやき」
知識薄い彼女とのえっちなんですが、男性が騙すのではなく、
そこまで言うのなら証拠を見せようぞ!
そうした流れで、彼女から全開にしてくれます。
こりゃーたまらん(笑)
中扉を担当してる「たまきさん」は、喋りから眉毛までどことなく公家ちっくでした。
「えいりあん・らぶ・しーくれっつ」のヒロイン「水元園子」さんも変わった娘。
あれはえっちアピールなのかな。
なかなか良い方法だと思います。
(相手が付き合ってくれればね)

生徒会長「志村さん」、真帆さん
※左:生徒会長「志村さん」、右:真帆さん
 巨乳とかでなく、健康的なむっちり感がありました。

「みざりー・いん・みー」は同タイトルの有名話と似た感覚。
ただ、「廣田眞胤」センセ曰く、「フンワリした感じ」な仕上がりです。
痛いのはイヤですよね。
成年漫画だし。
その結果、ヒロイン「安那統子」はちょっと変なエロ女性になってました。
可愛いのは救いですね。
あのオチはお約束だと思いますが、次は現場的にホラーな感じになってしまいそう。

「てくにかる・えくすたしー」は体育教師「皆村みなも」さん。
催眠術による暗示をかけ、恋仲になろうと画策したんですが…というお話。
ある意味オチはあったものの、ラストまで催眠術はかかったままでした。
これは彼女が恋愛に疎いということもあるのでしょう。
高すぎず、ほんわりしたテンションの体育教師。
言ってること初々しく、可愛いです。
校内で人気あるというのも納得。

柔らかで強めな絵柄。
ページは色よりも線が目立ち、賑やかです。
↓表紙などのカラー絵とは異なり、アナログちっく。
なんだか懐かしい感覚あります。
コメディーな空気が漂い、えっち系成年というより青年雑誌のギャグ漫画を彷彿とさせますね。
キャラ絵は縦長・幅広な輪郭で、まつ毛・目の付近に大きな特徴があります。
頭も大きめに描かれているみたい。
↓表紙・裏表紙もそうですが、ふとしたタイミングでは抜群の可愛さを発揮していました。
とにかく癖の目立つ方ですが、あのキュートなヒロイン絵が最大の武器になってます。
全体的に巧い方だと思います。
カラー絵はすっきりまとまっているため、脳内で白黒変換してご判断下さい。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: 人を選ぶでしょうけど、あの強い個性が魅力です。
・話4: わさわさと細かく楽しい短編群です。
・独4: 普通の成年漫画にはない、独特なヒロインに注目。
合計:[11/15]

思ったよりも癖のある絵・漫画でした。
ただ、読むにはさほど気にならないと思います。たぶん。
これを一般寄りにすると「廣田眞胤」センセの良さが失われてしまいそうなので…難しいですね。

大輔くんの非実在美少女+

大輔くんの非実在美少女+ (いずみコミックス)


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : サスペンス コメディー ラブコメ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。