FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■プリンセスラバー!Eternal Love For My Lady (しゅー)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■□□
・属性 : [一般]原作ゲームラブコメ
・おまけ: あとがき、原画コメント、カバー裏にリンク下着絵。
・その他: 原作「Ricotta」、キャラクター紹介、
     折り返しにコメント、7話収録(全て表題作・1巻完結)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「しゅー」センセの「プリンセスラバー!~Eternal Love For My Lady~」です。

ちょっとスペースをお借りして。
「Another/清原紘」を読みました。
…察しの良い方、その通り。
表紙の眼帯少女「見崎鳴(みさき・めい)」に釣り上げられました。

見崎鳴

魅力的なキャラですね!
読者プレゼントで抱き枕カバーが4種類あるようなんですが、断トツなエロス具合でした。
しっかり服着ていて、着衣の乱れまったくないというのに(笑)
そちらでブログ1回でも良かったんですが、ホラー・サスペンスな内容なので、1巻だけだとよく分かりません。
ちょうど収録の最終話で事件勃発だったので、お話としてはこれからなのでしょうし。
そうした訳でとりやめ。
もともとの原作はよく知りませんが、もやもやとした緊張感のある世界を崩さない作画も見事でした
ちなみに、この方が「コインランドリーの女」の漫画家さんなのねー。
ちょっと驚きました。

Another (1) (角川コミックス・エース 170-5)Another (1) (角川コミックス・エース 170-5)
(2010/10/04)
清原 紘

商品詳細を見る



さて、本日はガラリと変えて「プリンセスラバー!~Eternal Love For My Lady~」です。
あ、これは覚えありますよ!!
↓表紙のヒロインにもなんとなく記憶があり手を出しました。
…が、しかし。

既にこちらのブログで紹介しているのは、「プリンセスラバー!/由雅なおは」でした。
今回ひでるさんが想像していたのは、その際にサンプルを見て”いいなー”って思った「緑木邑」センセのもの
ちがうじゃない。
ただ、同じ原作ゲームが「アライブ」・「電撃」・「キルタイム」…と、3箇所で連載されるというのは相当。
よく知りませんでしたけど、そんな人気あるゲームなんですねー。

「シャルロット=ヘイゼルリンク」・「シルヴィア=ファン・ホッセン」
※左:「シャルロット=ヘイゼルリンク」、右:「シルヴィア=ファン・ホッセン」
 メインな2人です。「シャルロットさん」はスゴイ胸ですね。

家族旅行の帰り道、主人公「有馬哲平」は交通事故によって両親を亡くしてしまいました。
そんな彼の前に現れた祖父「有馬一心」は、世界有数のマンモス企業の会長にして財閥の総帥。
彼に引き取られてその一員となった「哲平」は、日本で3本の指に入るという名門校「秀峰学園」へ転校させられてしまうのです。
慣れないセレブの環境に戸惑いつつもメイド「藤倉優」のサポートを受け、フィルミッシュ公国の貴族令嬢「シルヴィア=ファン・ホッセン」、社交部代表「鳳条院聖華」らと華やか・賑やかな学園生活を送るのでした。
中でも、初登校で出会ったヘイゼルリンク公国王女「シャルロット=ヘイゼルリンク」はその立場とは裏腹に気さくで人懐っこく、「哲平」は彼女に惹かれていくのでした。
だいたいそんな感じ。

高貴な方々とのラブコメです。
サブタイトルから察するに、こちらはプレステ版のコミックスということかな。
コミック版オリジナルのエピソードを多数収録~
という紹介があったので、どうやら原作プレイ済みな方も楽しめそうです。

なお、ひでるさんは原作未プレイで、描かれている「しゅー」センセはこちらが初見。
先の「由雅なおは」センセ版とは違い、明確に「シャルロットさん」をメインとして描かれていました
他ヒロインとの交流でもしっかり顔を見せており、ちゃんと正ヒロインたる扱いです。
やはり駆け足っぽさは感じましたが、原作ゲームのコミカライズとしては無難なまとまりでした。

ヒロインと激突するお約束な1話「初めてのセレブ」
「シャルロットさん」の胸に顔を埋めて”セレブ級”とか考えてますが、バストサイズとセレブはまったく関係ないと思うよ、「哲平くん」
こちらはパーティーに参加するエピソードでした。
それぞれキャラ紹介を兼ねており、なるほど流れとして最適なイベントですね。

「鳳条院聖華」・メイド「藤倉優」
※左:「鳳条院聖華」、右:メイド「藤倉優」
 「優さん」がいいですね。「聖華さん」はやや気の毒な扱いです。

社交部へ入るため体育祭の”姫騎馬”にての勝負となる2話「姫騎馬ウォーズ」
この学校はブルマなんですねー。
騎馬役いいなぁ。
ネタとしては「聖華さん」とのエピソードだと思いますが、突然「シャルロットさん」が乱入。
そのはっちゃけた性格によって、ほぼこの話を掌握しておりました。

そんな彼女と遊園地へ行く3話「休日ワルツ」
もしかしたら周囲にSPとかいるかもしれませんが、いちおう画面では2人きり。
(※彼女の危機に助けが入らなかったため、いないのでしょう)
セキュリティ甘いなぁ。
こちらは同時に「シルヴィアさん」のお話にもなってます。
「哲平くん」とは許嫁だったのね。
こうしたセレブな方々のそれは、庶民の約束とは違って絶対に近いものでは。

4話「きゅんきゅんナイト」は「シルヴィアさん」とのデート話。
こそこそ付け回す2人は、あまりセレブっぽくないですね。
後半でもえっち展開を応援してましたから。
(※お父さんは「マリア」ちゃんの目を塞ぐように)
くっつけたいなら、スタッフ雇って徹底的にやればいいのに…。
ここでも3話の遊園地に続いて、自由な行動を取っている「シャルロットさん」
セキュリティあまあまです。
ただ、ここで存在感を発揮していたのは、単行本の流れ的には良かったかと。

態度変えるシャルロットさん
※態度変えるシャルロットさん
 びっくりですが…最もお姫様っぽい彼女かもしれません。

5話「大和なドレス」は「聖華さん」・「優さん」の同時進行。
この漫画は1話でヒロイン2人と近づけてるのが巧いですね
「哲平くん」主催でのパーティーで、それぞれヒロインの和服姿が楽しめます。
「優さん」真面目なのねぇ。
ラストでしっかり「シャルロットさん」もサポートされておりました。
そちらから続く6話「偽りのローズ」、7話「プリンセスラバー!」が最終エピソードです。
えー、詳しくは伏せます。
だいたい想像通りに展開してました。
他の2名はともかく、個人的に「優さん」には付いてきてサポートして欲しかったなぁ。
間際で離脱するパターンよね。

柔らかな線の絵柄。
描き込みはそこそこ、濃淡も適度なくらいです。
全体的に分かり辛い部分、悪く目立つ部分なく、良好。
コメディー崩れ多めかな。
原作絵と比較すると、だいぶ可愛らしくなっている印象
目力(めぢから)が不足しているかなー。
ひでるさんは特に問題なく楽しめましたが、ファンの方は微妙に感じるかも。
ある意味漫画っぽくまとまっており、癖が強めな「由雅なおは」センセ版よりも間口は広めでしょう。
なお、気になる人もいるだろうサービスカットは控え目。
本来の成年系でなく、プレステ版を原作として考えられているためかな。
(※紹介帯裏にもそう書かれてました)
やっぱりサービス的に期待できそうなのは「緑木邑」センセ版ですかねー。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: 特に不足なく安定しておりました。
・話4: ヒロインがキッチリ定められていたのは正解でしょう。
・独3: 全然悪くはないものの、高貴っぽさは薄いかな。
合計:[11/15]

そう、「由雅なおは」センセ版も、「しゅー」センセ版も、最終ヒロインは「シャルロットさん」
どうせあちこちで連載するなら、各シリーズで攻略キャラを変えればいいのに…。
企画が別々に進行したためかな。
昔のソーサリアンの漫画版みたいに、それぞれで攻略ヒロイン変えるというのも面白いのでは。


プリンセスラバー!~Eternal

プリンセスラバー!~Eternal Love For My (電撃コミックス)

※こちらが原作のPS2版。
プリンセスラバー! Eternal Love For My Lady(初回限定特別同梱版:「シルヴィア両面抱き枕カバー」&「OPマキシシングルCD」&「スクールカレンダー」同梱)プリンセスラバー! Eternal Love For My Lady(初回限定特別同梱版:「シルヴィア両面抱き枕カバー」&「OPマキシシングルCD」&「スクールカレンダー」同梱)
(2010/01/28)
PlayStation2

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : サスペンス ラブコメ コメディー 原作ゲーム

comment

Secret

こわい

「コインランドリーの女」は賛否両論あるみたいですね。
訳わかんない前半は良かったんですが、後半が普通な印象。
まぁ、長く続けれるものではないかなーって、こちらでも取り上げませんでしたが。
こちらはいいですね。
亡くなった子について、居たように振舞っていた~というエピソードは単なる逃げで、全然良い話に聞こえないんですよ。
あの部分はこわいなぁ。

Another

読みました。
「コインランドリーの女」が個人的に微妙だったんですが、コレは面白いですね。
綾辻行人は学生の頃にそこそこ読みましたが、ミステリーからホラー方面へと作品が移っていったのと、「館」シリーズがつまらなくなっていったので、段々と手に取ることがなくなりましたけれど。(同じ時期の京都大推理小説研究会出身者なら有栖川アリスや法月倫太郎、我孫子武丸が好きです)
とりあえず、この作品は次巻も購入予定です( ̄∀ ̄)
QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。