FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■姉は嫁 (音音)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : [成年]姉・巨乳
・おまけ: あとがきです、合間に作品解説、
      カバー裏にカラー別絵。
・その他: カラー(8P)、短編×8。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「音音(おとね)」センセの「姉は嫁」です。

すっかり時間ないのでいきなり書きます。
「音音」センセ2冊目の単行本「姉は嫁」です。
全て短編での収録。
なんとなく連続話がありそうな雰囲気を感じていたんですけど、なかったですねー。

いかにも表題な感じっぽい、↓表紙がお気に入り。
横置きなのは店頭で不利(実際に縦置きにされてた)ですが、広々と幅を使えるのはいい感じ。
この絵、実は折り返し部分にまで続いており、広げると結構大きな絵になります。
また、裏表紙には黒いドレス絵が描かれていたんですが、微妙に細部異なってまたいい感じ。
ちゃんと目が若干キツめで、2Pキャラみたいでした
迫力もあって、このまま壁に飾っておきたいくらいです。
個人的には黒の方が好き。

柏木夏連、鈴村麻利子
※左:柏木夏連、右:鈴村麻利子
 メイド服はこんなん。ほら、普通にパンチラしてる。

なお、そんなんはカラーの中扉を経て、冒頭話「姉は嫁」へと続いていました。
↓表紙に引っ掛かった人を直撃ですね。
いちおう、本編カラー原稿部分でのドレスは、あーした大きいカットの露出あるものでなく、普通のドレスでしたが。
まぁ、そのコスチュームでのえっちが描かれるんで、結局のところ脱がされるんですけどね。

姉「柏木夏連」に結婚を申し込む弟「連太郎」という近親な漫画。
ラブラブなのはいいですが、いきなりぶっ飛んでます
単にえっちするより、本気な「連太郎くん」が傍目からは相当異常に感じました。
なにしろ、彼ウエディングドレスを”買って”きてましたからねー。
姉とのえっちには慣れていたっぽく、その格好をした後の展開を考えた場合、確かにレンタルはマズいか。

姉「鈴村麻利子」さんの「萌えの先には姉がある」もカラー原稿のある短編。
金髪マッシュルームカットな「麻利子」さん。
さらに、眼鏡でメイド(服)という、多くのキーワードを持っていました。
しかも、やたらに短いスカート丈なのよ。
普通にパンチラしてますね。
閉店後の喫茶店が舞台。
これが初ではないらしく、あっさりえっち展開になってます。

聞き覚えあるようなタイトル、「ウチの姉がこんなに可愛いわけがない」
解説にて、元ネタについて「音音」センセ自身が書かれてました。
こちらの姉は、ショートカットな「二階堂和歌子」さん。
友達に断わられた、という名目で、プールに弟「和也」くんと出掛けるお話です。
これは日焼け跡ですねー。
正直なところ、白黒絵ではちょっと分かり辛い感じ。
カバー裏に描かれていたカラーイラストと見比べながら楽しんでください。
”最近できた”という規模大きそうなレジャーランドの片隅にて、激しいえっちをしておりました。
監視員に止められるか、あるいは気付くとギャラリーが周囲を取り囲んでいるという感じでしょう。
なお、こちらのエピソードはこれが初えっちでした。
大胆ね。

二階堂和歌子、藤ノ宮瑞樹
※左:二階堂和歌子、右:藤ノ宮瑞樹
 皆さん迫力満点なスタイルでした。お尻がいいでしょ?

「姉ちゃん流 生き方だゾ」もカタカナの「ゾ」が示すそのまま、有名漫画キャラをモデルにした短編。
当然キャラなどは知っていますが、漫画はちょろっと見た程度でほとんど知りません。
ため、誰をモデルにしているのか、サッパリ。

やたら「エコ」を連発する姉「小山仁美」さん。
あちこち弟「仁志」くんのものを共有している設定でしたが…どうにも気になったのが、
シャツ着たり、パンツ穿いたり!
という一言。
その際の本編では、縞パンを着用していた「仁美さん」に「元は俺のパンツだ!」とか言っていたけど…まさか今身につけているソレのことではないですよね?
逆に、男物の下着を着けている「仁美さん」という姿も見てみたくも思いましたが。
えっちよね(笑)
”試しにしてみよう”的なキスが、やたらディープなところが良かったです。
なお、「お姉ちゃんの気持ち」にも濃厚なキスシーンがあります。
そちらは眼鏡な姉「上原麻衣」さん。
登場する眼鏡ヒロイン3名のうち、最も可愛らしいバランスでした。
いつも軽く挨拶程度のものだったんですが、弟「麻緒」くんの寝顔に引き寄せられた「麻衣さん」は~という流れ。
毎晩のように味わった…
とか書かれていました。
普通なら、こんなんは男女あべこべですよね。
2段ベッドに寝ている2人は同じ部屋。
ふと見たら、「麻衣さん」は普通に着替えているんですわ。
羨ましいですね。
なお、学校シーンで彼を呼び出した際には、なぜかセーラーブルマ状態になってました。

小早川雅子
※小早川雅子
 あの極端な口調でなければ、お気に入りになっただろうかと。

ほか、「姉の背中を見て育つ?」の「藤井実優」さんは弟「竜実」くんにラブラブ。
大人になって欲しくないの…
とか、かなり依存度が高く、ちょっと描き方をズラせば怖い感じになりそうでした。
そんな訳でえっちも「実優さん」からのアプローチで、積極的にしているのも彼女。
歪んでますね。
「竜実くん」が普通の人(デキた人)だったので、いちおう問題なく終わってましたが。
洒落たタイトルの「アネとシナイ」は姉「小早川雅子」さん。
剣道場をやっている、凛々しい女性はいいんですが…どうにも気になったのが、彼女の一人称。
拙者
うーん。
ちと極端に時代錯誤な感じですね。
ファンタジーではない現代漫画なので、そこまでする必要はないと思うんですけど。
片目隠れるくらいの前髪のポニーテールで、道着姿の「雅子さん」は良かったんですが、あの口調がどうにも気になって楽しめませんでした。
眼鏡な女教師「藤ノ宮瑞樹」さんが姉という「近姉」
登場シーンではだいぶ強い感じでしたが、弟「正樹」くんと2人きりの時には、なんとなく可愛らしい感じになっていました。
こちらは黒パンストを楽しむ漫画ですねー。
当初は眼鏡オフな状態でしたが、”えっち途中で掛けさせてはっきり見せる”というシチュエーションになってました。
なるほど、そんなんもアリですね。

くっきり強めな線の絵柄。
デジタルな濃淡は濃く、ややテカリ気味です。
描き込みもしっかりで、全体的には賑やかな印象でした。
乱れや崩れなく、安定感がためか見辛さはありません。
むちっと迫力あるスタイルがいいんですが、どことなく硬さも感じます。
もうちょっと軽い感じくらいでも良さそう。
カラーはカチっとしたアピール力のある色彩で目立った巧さがあり、また白黒絵になってもあまり差が無く感じるというのは、なかなか凄いこと。
次巻も楽しみです。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: ちょっと人を選びそうですが、カッチリしてます。
・話3: 短編はどちらもストレート気味。もう1歩ほしい感じでしたが。
・独4: 実姉押しですね。長編でドロドロしたものも見たい気が…。 
合計:[11/15]

たっぷりとフェチっぽさもあり、ビジュアル的には楽しめました。
普通の短編よりページ数はあったものの、お話については中編くらいがいいかなぁ。

姉は嫁 (メガストアコミックス)姉は嫁 (メガストアコミックス)
(2010/08/25)
音音

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : パンチラ ショートカット ファンタジー ポニーテール

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。