FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■快楽ユーフォリア (高崎たけまる)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・学園
・おまけ: あとがき的なアレコレ、ゲストページ、
     合間に作品解説、描き下ろし「カミツキの村 蛇足」
・その他: カラー(6P)、短編×10(うち「カミツキの村」×3)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「高崎たけまる(たかさき・たけまる)」センセの「快楽ユーフォリア」です。

あまり時間が無いので、いきなり始めますね。
過去に「Fresh Goddess」を紹介している「高崎たけまる」センセ。
2冊目くらいな単行本は「快楽ユーフォリア」でした。
描き下ろしを含め、1つの中編と短編による構成。
前回も書いてますが、正直なところ絵柄は癖が大きく合わないんですが…やっぱりお話は面白い
特に中編の「カミツキの村」ほか、教師・生徒なシリーズ、可愛いお姉ちゃんなど短編も良かったです。

相馬恵
※相馬恵
 このお話は後編に注目!目が離せません!!

4名が全生徒という「上月村」へ赴任した、教師「日下部」
高3の「水沢絵理花」、高2の「相馬恵」、中1の「時坂綾子」・「時坂琴子」という生徒らとの仲も順調で、楽しい学校生活を送っていました。
しかし、”毎年行っている”という歓迎会に呼ばれた彼は、小さな寒村の暗部を知ることとなるのです。
そんなお話が前後編「カミツキの村」

緊張感のある、サスペンスちっくなお話。
「高崎たけまる」センセはこれが初の中編だそうです。
4名のうち、もっとも大人っぽい雰囲気の「恵さん」が明確に正ヒロインとして位置付けられており、1話目で切っ掛けを作っていたのも彼女でした。
彼女が~というより、先生に想いがあったから、あの役目を買って出たのかな。
後編・冒頭のモノローグは彼女が担当しており、本来の女の子らしい表情を見せていました。
てっきりそのまま流れるのかなーって思いましたが、捻りあるドキドキ展開
前編では想像できなかったようなオチになっていました
ノスタルジー・ミステリーかつ、ラブコメなお話が面白かったです。
もう少し他の3名を掘り下げたかったかな。でもページは前後編でぎりぎりか。
色々と細かな設定まで考えられていたようですが、ひでるさんも書かなくて正解だったと思います。
また、本編を受けたその後のお話、描き下ろし「カミツキの村 蛇足」も良かったです。
特に「綾子ちゃん」は期待通りな感じでした。

「3年B組ぺったん先生」、「せんせいのほしいもの」、「ヤンデレ心理の飼い慣らし方」も教師・生徒なカップルです。
うち、「3年B組ぺったん先生」は眼鏡・貧乳な「内藤沙織」さん。
容姿そのまま、可愛らしくいじめて系な方で、授業中にあわあわしてました。
誰1人として耳を傾けていない生徒がいい感じ(笑)
お約束に、「内藤ちゃん」と”ちゃん付け”で呼ばれていました。
最終的には、生徒「菱川」くんのとどめで、なんと授業をほっぽり出して逃げています
…ダメじゃん。
しかも、追いかけてきた「菱川くん」とそのままえっちまでしてしまうのでした。
じゅ、授業は!?
「せんせいのほしいもの」は、そんな「内藤ちゃん」と打って変わって年上然とした、色っぽい保健医「陵小宵(みささぎ・こよい)」さん。
(※実は彼女も”ちゃん付け”で呼ばれてましたが)
異なる可愛らしさがあり、生徒「静馬」くんとラブラブしていました。

教師「内藤沙織」、保健医「陵小宵」
※左:教師「内藤沙織」、右:保健医「陵小宵」
 今回のお気に入り。同じ眼鏡教師でしたが両極端です。…でもないか?

「ヤンデレ心理の飼い慣らし方」は、教師「皆本樹」、生徒「中嶋静奈」という2人。
一服盛られた「皆本」が気付くと、保健室に全裸で拘束されていたのでした。
そんな訳で、いちおう「静奈さん」の恋愛相談話です。
どうしてそんなこと知ってるんだ…?
といった発言の後は、より程度が増した、狂気な「静奈さん」が見たかった気がします。
読んでいて「こはるの日々/大城ようこう」を思い出しましたが、”ヤンデレ”を冠にするならばもっとデフォルメ強い方がインパクトあったと思います。
またこちらの短編は後半がイイ感じの幕引きなので、どうしても心理面が弱めに感じてしまいました。

お姉ちゃんとの近親モノ「しすたーざ☆すとーむぶりんがー」にも拘束シーンがありました。
ただしこちらのヒロインはSとかMとかでなく、天然系。
弟「柊也」くんの趣味をロリだと勘違い(?)したお姉ちゃんは、彼が捕まる前に行動を起こしたのでした。
ぽわぽわしてますね。
収録短編(ヒロイン)では最もはっちゃけた感じのコメディー
可愛いお姉ちゃんでした。
しかし、DSぶっ壊すのはやめてほしいなぁ。
なお、「ナツコイ」は妹「棗(なつめ)」ちゃんとの近親話。
ラブラブなんですが…ちょっと中盤の展開が急過ぎかな。

女装な男子「佐倉」くんのお話「UPSIDE-DOWN」
演劇部に所属する、唯一の男子「佐倉くん」
ふと置かれていた先輩「美琴」さんの制服に魅せられ、なんと着た上に独りシテいたところを当人に見つかってしまったのです。
しかし、彼女の反応は独特なもので、「佐倉くん」はその日を境に先輩の玩具(カレシ)となったのでした。
大好きなんでしょ?女の子の格好
そんな発言ありましたが、核心かな。
制服は無論のこと、下着(ブラ)まで着用していました。
普通ならば「変態!」って、しかるべきトコロへ突き出されるんでしょうが、見つけた当人「美琴さん」は、Mちっくな彼を弄ぶこととしたのです。
彼の趣味はしっかり部員全員に知れ渡っており、どっちかというとえっちされちゃうパターン。
最後にはバニーなコスプレまでさせられていました。
傍目には微妙でしたが、彼は楽しそうなのでいいのかな。
「美琴さん」との相性も悪くはなさそうですし。

お姉ちゃん、先輩「奈々子さん」
※左:お姉ちゃん、右:先輩「奈々子さん」
 お姉ちゃんは可愛らしい人でした。ちょっと天然過ぎですけどね。

「S×Mプレイ」はカラー原稿のある短編。
こちらの先輩「奈々子」さんは学年屈指の秀才。
そんな彼女に憧れていた「辻村」くんはついに告白するんですが…
私客観的に言って『変態』だから
そう言った彼女の服の下は、そりゃー大変なことになっていたのでした。
確かに可愛らしい面がちらほらと伺える、魅力的な娘さんです。
ツリ目と八重歯が素敵。
ただ、
本格的な野外露出プレイ~
という発言もあり、性癖普通な彼が…果たしてどこまで彼女の相手をできるのか、微妙な気がしました。
いちおう現在はうまくいってましたけれど。
考えようによっては、コレ「辻村くん」の調教話ですね。

強い線のごっちゃり絵。
大きめなコマ割りで、1ページ2コマだけというのも頻繁なほど。
それでいてはみ出す、ぶち抜くことも多く、ページはかなり賑やかでした。
ちょっと分かり辛く感じるほどです。
キャラ絵は鋭角・縦長気味で、なんというか独特なバランス感覚。
非常に癖があり、キッチリ人を選ぶと思います
正直なところ、ひでるさんは合いません。
良い部分もあるんですが、斜めからの絵とか、やや平たく感じるの。
また、個人的にちらほらと気になるコマがありました。
だいたいは↓表紙の判断で良いと思います。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: かなり癖があります。人を選ぶと思います。
・話4: 中編・短編とも、無理なくまとまっていた印象です。
・独4: それぞれヒロインも目立っていました。
合計:[11/15]

なお、カバーイラストは↓表紙・裏表紙で1枚絵。
HPに「是非カバーをのばして~」と描かれていましたが、なるほど反面づつを見るのとは大違い。
特に、折り返しにまたがって描かれているお姉ちゃん(※「しすたーざ~」の姉)が全身見えるのは大きいです。

快楽ユーフォリア (ホットミルクコミックス)快楽ユーフォリア (ホットミルクコミックス)
(2010/08/10)
高崎たけまる

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ コメディー サスペンス ノスタルジー コスプレ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。