FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■○○デレ[まるデレ] (井上よしひさ)

★まんがデーター [14/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : ラブコメ・マニア
・おまけ: あとがき(作品コメント)、カバー裏に別絵、
     ネタ「魔法少女ラジアル☆マナ THE MOVIE」
・その他: 折り返しにコメント、13話収録、現在1巻まで発売中。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「井上よしひさ(いのうえ・よしひさ)」センセの「○○デレ[まるデレ] 1巻」です。

こちらの紹介帯に書かれていた「了法寺(りょうほうじ)」
何かのサークル名かと思っていたんですが、「コミック・ラッシュ」のブログから飛んでみたところ…なんと、ちゃんとしたお寺(?)でびっくり。
いちおう…ちゃんと……してるのか、どうかよく分かりませんが。
暇を見つけて、今度行ってみようかと思いました。
どっちかのブログで紹介しますね。

なお、本日はいつもと違った環境でブログ書いているので、いろいろとやりづらいです。
特にキーボード異なるので、「shift」の位置がどうにも。うう。

さて、本日はつい先日「縛姫-シバラレヒメ-」を紹介したばかりの「井上よしひさ」センセです。
その際にも前置きで書きました、一般系「○○デレ[まるデレ] 1巻」です。
これが予想外に面白かったので、さっそく取り上げることとしました。

○○デレ・ヒロインズ
※○○デレ・ヒロインズ
 すみません、室内照明も異なるので、セピア色になっちゃってます。


漫画は基本的にラブコメ
ややこしい事なく、「井上よしひさ」センセのエンターテイメントな部分が発揮されていました。
個人的には「おじいちゃんは少年探偵」より好きです。

↓表紙そのまま、登場人物はなんらかマニアな部分があり、そちらがお話のポイントになってます。
ああした描写はさすがにお上手ですね。
また、漫画のあちこちにはちらほらと見覚えのあるキャラが顔を見せていました。
センセのファンには嬉しい仕様でしょう
ここは期待通りです。
ぜひ、あちこち探してみて下さい。

各話でぶつ切り、オムニバス風な構成です。
登場後はゲスト・モブ出演するようになり、目立つ部分からコマの隅などでも楽しませてくれます。
収録の最終13話は、都内(?)ヒロインが集合するという、単行本を総括するような内容でした。
カバー裏のネタにも繋がってますね。

メイド喫茶な1話は同級生「奈良俣茜」さん。
友人に誘われ、初めてメイド喫茶へ行った「藤原」くんは、そこで学校とはまったく雰囲気が異なる「茜さん」に出会いました。
親しく言葉を交わし、近しい感覚になっていた彼でしたが、学校での彼女は以前のまま素っ気無かったのです。
が、しかし…と、そんなお話。

メイド喫茶な女の子とのラブコメです。
カラーの中扉が「茜さん」
眼鏡の有無で、まったく別人になるというお約束ですね。
あれは分かんないでしょう。
なお、早速メイドさんに見覚えのある娘がいました。

義妹「園原日向」との2話目。
作中劇「魔法少女ラジアル☆マナ」ほかマニアな兄は義妹「日向ちゃん」にその事実を隠しており、”お互いの部屋は見ない”という約束までしていたのです。
ちょっとした鼻歌から、それと分かるのはリアルですね。
あるある。
こちらのエピソードは覗く、コスプレ、触るなど、ややえっち度高めでいい感じでした。
なお、電車で出会う女の子「大町あずみ」さんの11話。
こちらはヘッドフォンから漏れ聞こえる音楽にて、それと分かるようになっていました。
しかし、あんなんで別に逃げ出さなくてもいいと思うよ。

メイド「奈良俣茜」、店員「五十里あがの」
※左:メイド「奈良俣茜」、右:店員「五十里あがの」
 なんと、こちらにも「あがのさん」登場です。性格はまったく違いますが。

ちょっと飛んで8話は生徒会長「滝沢二瀬(たきざわ・ふたせ)」さん。
リアクションの大きい、面白いキャラです。
憧れな彼女に依頼され、自作なPCづくりを手伝うお話になってます。
わからん人間にとっては、全てが未知の領域ですからね。
なお、彼女は登場ヒロインでは唯一の一般人で、13話でも逆に目立っていました。
ちなみに、「二瀬さん」は多くのヒロインを押さえて↓表紙を勝ち取っているんですが、その詳細がカバー裏にあります。こちらも必見。

漫画店での9話は「五十里あがの」さん。
…これは……つい、ごく最近に見覚えある娘さんですね。
性格はまったく違っていましたが。
後半でコスプレしていたのも、ひょっとしてあちらのパロディーなのかな。
なお、お話はえろい漫画を女性店員にお会計してもらうのが恥ずかしい、ってネタ。
気持ちよく分かります。
あれは逆にそんなんをプレイ的に考えれば乗り越えられますよ(笑)

6話、10話は声優「四十四田美央」さん。
実は双方での連続話になっており、声優さんとお近づきになるという、お好きな人には夢のような展開になってます。
間に何話か挟まっているんですが、それも時間の経過みたいな効果になってました
これは計算されたことなのかな。
道がわからずいっぱい・いっぱいだった彼女の洗練された様をお楽しみに。

3話、4話、5話、7話などはカバー裏で言うところの地方エピソード群
3話目は旅館の娘「羽地カンナ」さん。
クラスメイトらと海へ来た主人公が”パラソルの下でDVD見てる”というのは凄いですが、それが切っ掛けで地元の娘と知り合いになるという流れはもっとスゴイ。
現代ファンタジーですねー。
そりゃ、友人でなくても驚くわ。
このシリーズはちらほらローカルネタがあるので、そんなんも見どころになってます。

漫研部「石淵淳」、婦警「矢木沢あずま」
※左:漫研部「石淵淳」、右:婦警「矢木沢あずま」
 やっぱりセンセの描かれる婦警さんキャラはいいですねー。

4、5話は連続になっており、田舎へ引っ越した転入生「伊沢ヒカル」が、眼鏡な「石淵淳(いしぶち・すなお)」に漫研部へと誘われるもの。
…えー、シチュエーションからキャラに至るまで、なにやら覚えのある感覚です(笑)
5話中頃では突然4コマ形式になるなど、コメディー要素が強くなってました。
かなり極端に田舎が強調されてましたねー。

7話は眼鏡・関西弁の「草木奈津子」さん。
鉄道話です。
ホットパンツに黒ストッキングが素敵です。
お尻描写はさすがな感覚。
気さくで可愛い娘さんでしたよ。

12話は、こちらでも登場の婦警さんキャラ「矢木沢あずま」さん。
いいお姉さんという感じですね。
職業柄秋葉原をうろうろしており、それがためこれまでの各キャラがちらほらと顔を見せていました。
特に1話に登場していたメイド「茜さん」はモブなどにも出やすいのか、回数では最多です。
続く13話はヒロインの集合話。
やっぱり、それぞれの掛け合いが面白いです。
こう見ると、けっこう性格違うんですね。

カップルのその後などについても描かれ、単行本を総括するようなお話になってます。
地方キャラはともかく、通常では出づらそうな「美央さん」までちゃんと顔を見せてました。
これで2巻がどんな感じになるのか、ちょっと楽しみです。
地方キャラもフォローしてほしいなぁ。

絵柄については先日書いたばかりなので簡単に。
抜群の安定感のある、良質のラブコメ漫画になってました。
キャラを極端に偏らせていますが、変に力は入っておりません。
「井上よしひさ」センセらしさがよく出ていたと思います。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵5: こちらは万人向け。キャラ・背景なども丁寧で、問題ありません。
・話4: 非常に面白かったです。あちこちのネタが分かるかどうかかな。
・独5: 細かい描写はいかにもセンセらしいものでした。
合計:[14/15]

ちなみに、成年漫画な描写は無論のこと、えっちっぽい絵くらいもごくわずかでした。
ただ、それでもまったく問題ないくらいに良質な単行本に仕上がってます。
オススメ。

○○デレ? (CR コミックス DX)○○デレ? (CR コミックス DX)
(2010/08/07)
井上よしひさ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ コメディー コスプレ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。