FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ちちぺでぃあ (URAN)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・巨乳
・おまけ: あとがき、作品解説、ゲストページ、
     カバー裏にカラー別絵。
・その他: カラー(6P)、折り返しに「著者近影的な?」、
     短編×9(うち「ツルに恩返し」×4)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「URAN(うらん)」センセの「ちちぺでぃあ [TiTi-Pedia]」です。

わしづかめ、おっぱい!!

そんな紹介帯が爽やか(?)です。
考えたのは推薦文を書かれている「フクダーダ」センセかな。

さて、過去に「誘惑はあかね色」を紹介している「URAN」センセです。
最新刊は「ちちぺでぃあ [TiTi-Pedia]」でした。
タイトルに相応しい、良い↓表紙ですねー。
胸丸出しでしたが、爽やかなエロスが漂ってます。
抜群のインパクトがありました。

中編と短編による構成。
思ったほどにラブコメっぽさなく、お話ジャンルとしては様々でした。
本来なら…4話収録の中編「ツルに恩返し」のキャラが↓表紙になりそうなところですが…胸がためか、容姿がためか、短編の「みこと」さんに奪われてしまいました。
そちらのヒロイン3名はいちおう裏表紙に描かれてましたが、中扉にあとがき絵までも「みことさん」が(笑)
わはは。

妹「みことさん」、くるみさん
※左:妹「みことさん」、右:くるみさん
 胸だけでなく、お尻も良い感じの「みことさん」でした。

そんな訳で、ちゃっかり↓表紙を勝ち取っていた「みことさん」の短編「イキヌキ しようよ」
巨乳・ツインテールな妹「みことさん」
お兄ちゃんにラブラブな彼女は、浪人5年目という兄を癒すため…と、だいたいそんなん。

妹キャラながら、「みことさん」は”おっぱいスポンジ”とか言っていた、見事なまでのサイズの持ち主。
ちゃんと(?)ノーブラだったりして、見下ろして服の隙間からばっちり見える、頭に乗っけられるなど、あちこち非常に良い感じ。
そう、こちらはタイトルにばっちり合致した漫画だったんですねー。
ホットパンツなお尻、そちらからのむちむちした足も可愛く、ビジュアルに優れた漫画でした。
↓表紙に釣られた方も、きっと満足頂けることと思います

収録での中編「ツルに恩返し」は全4話。
ある日登校した「片岡鶴次郎」は、3名の女性と立て続けに出会っていました。
その中の1人「みやび」は、実は彼が小さい頃に山で助けたイノシシのこどもだったのです。
お礼に現れたという彼女は、共に山を下りた鹿の「紅葉(もみじ)」、蝶の「あげは」などのサポートを受け、初えっちを捧げたのでした。
「鶴次郎」を気に入った「みやび」は彼と共に生活することを望み、また「紅葉」・「あげは」らも久しぶりの人間界を楽しもうとしていたんですが…と、だいたいそんな感じ。

タイプの異なるヒロインたちとの、えっちストーリー。
ざーっと見て、頭に浮かんだのが「ご近所のもんすたあ/みた森たつや」です。
そちらは1冊まるまるな長編で、舞台設定から各ヒロインまでがしっかりと描かれていました。
こちら「ツルに恩返し」は4話ほどの連続でしたが…正直なところ、詰め込み過ぎな印象。
えっち描写をメインに置いていながらお話も進めており、だいぶ設定などを端折った感じがあります。
倍くらいの話数をもってきっちり描くか、「みやびさん」単独でのあまあまえっち漫画にした方が良かったかもしれません。

みやび、紅葉・あげは
左:みやび、右:紅葉・あげは
 もうちょっとキャラを掘り下げてほしかったなー。

いきなり3名との複数えっちに発展する1話目。
ページ数もあるとは思いますが、出会いシーンには唐突感がありました。
もうひとインパクトあった方が良かったかもしれません。
また、いきなり鹿に乗っていた過去描写。
蝶、猪はいいんですけど、なんで鹿なんだろうと思っていましたけど…なるほどね。
あとがき見るまでまったく気付きませんでしたよ。
カバー裏がああしたデザインになっているのも納得。

「みやびさん」同居後の2話目。
”えっちそのものがエネルギー”という大変に都合よい設定で、褐色肌・巨乳で自分にラブラブな女の子との生活はさぞ楽しいものだと思います。
ただ、こちらも細かくは描かれず、だいぶ端折った感じ。
メインは「紅葉」・「あげは」で、「みやびさん」らはおまけ扱いです。
恩に感じる彼女とは違って、物見遊山な2人。
別にえっち相手は「鶴次郎くん」でなくてよく、ラグビー部の連中と複数えっちを堪能しておりました。
悪くはないものの、ストーリーとはほぼ関係ないシーンなのです。
ヒロインを中心に描かなかったのはマイナスでしょう。
続く3話以降の展開を考えると、ココは全体が中途半端になってしまった、最大の原因のように思います。

他にも、他の人に存在を認識されないという設定は都合良いだけ面白味が薄く、疲れた「紅葉さん」が鹿の姿から人間に戻る場面にもなんとなく違和感がありました。
あれは…鹿の姿が本来ではないのかな?
「あげはさん」の”お姉さんバージョン”など面白くなりそうな要素もあり、駆け足での終了は残念でした。
なお、冒頭のカラーショート「ラビットセラピー」はウサギの擬人化。
白黒な肌なヒロインで、「ツルに恩返し」の原点かもしれないとの事でした。

菅原沙耶
※菅原沙耶
 ちょっとだけですが、メイド服姿も可愛かったですよ。

恥ずかしがり屋・あがり症という「菅原沙耶」さんの短編「パッションモデル」、若手芸人のマネージャー「小島多香子」さんの「好色芸人のススメ」
連続性はないものの、同キャラが出演するお話でした。
うち、前者「パッションモデル」から。
モデルの初仕事を済ませた「沙耶さん」
実は内気な自分を変えようと頑張っていたんですが…社長から依頼されたコンパニオンの仕事は”アダルトグッズの試遊会”だったのです。
ショートカットでふっくらスタイルの「沙耶さん」が実に良い感じ。
冒頭でのメイドコスプレもいいんですが、メインのチャイナがまた素敵なのでした。
(※折り返しでは水着姿を披露してます)
後者「好色芸人のススメ」は、女の子の前で緊張してしまうという担当芸人の1人「山田」のためマネージャー「多香子さん」がその相手をするというもの。
彼の相方「淀橋」と3名で複数えっちをしていました。
水着姿になっているんですけど、どうせならスーツ姿のが良かったなぁ。

「ティスティング クイ~ン」はコメディー話です。
パティシエ「くるみ」ちゃんが可愛いだけ、男性キャラは徹底的にウザく描かれていました
特に漫画で最も目立っていたのが、彼女の父親。
娘とのえっちを強要される彼は、なんのかんの良いながらもノリノリ。
お父さん、最低です。
やたら面白いですが、人によって好み真っ二つでしょうねー(笑)

くっきり強めな線の絵柄。
細かい部分まで丁寧に描き込まれ、濃淡はどちらかと言うと濃い目です。
結構ごっちゃりとしていたものの、乱れなく安定しており、見易いものでした。
人物絵は輪郭広めで、くりっとした大きい目、ふんわりなスタイルが特徴。
可愛い系統ですね。
小さいコマまでしっかり描かれていました。
特に気になるような部分はありません。
コメディーからシリアスまで、漫画の巧い方です。
カラーとの変化はそうないので、↓表紙・裏表紙でご判断下さい。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: しっかり華麗に描かれていました。濃い目がいい感じ。
・話3: 今回は短編のが良かったですね。ちょっと人を選ぶかもしれませんが。
・独4: ぼってりとした良い胸です。もっとそちらを前面でも良いかも。
合計:[11/15]

なんのかんの「みことさん」な単行本だったかなぁ。
モデルな「沙耶さん」も可愛く、今回は妹ちっくなキャラがカチッとピントが合いました。

ちちぺでぃあ (メガストアコミックスシリーズ No. 275)ちちぺでぃあ (メガストアコミックスシリーズ No. 275)
(2010/07/31)
URAN

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ コスプレ ツインテール ショートカット

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。