FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■絶対十女王政 (鳴見なる)

★まんがデーター  [13/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : コメディー・女学院
・おまけ: あとがき漫画「初★あとがきまんがに挑戦」、
      カバー裏に「ぜったい十じょうおうせい ぬりえ」
・その他: 折り返しにコメント、折り込みカラー絵、5.5話+番外編収録、
      現在1巻まで発売中。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「鳴見なる(なるみ・なる)」センセの「絶対十女王政 1巻」です。

いきなり全然違うお話をちょっとだけ。
こないだ発売された「はだかのくすりゆび/艶々」の3巻を読みました。
最終巻だったんですねー。
びっくりしましたが、良い幕引きであったかもしれません。
やっぱりああした漫画は、切っ掛け~溺れていくドキドキな序盤あたりが一番楽しいモノ。
それに、慣れて過激にエスカレートしていくのは作品・キャラ的に違うでしょう。
あちこちキチンと決着しており、まとまっていたと思います。
次も期待してます。

はだかのくすりゆび 3巻 (ニチブンコミックス)はだかのくすりゆび 3巻 (ニチブンコミックス)
(2010/07/20)
艶々

商品詳細を見る


さて、ここでえっち人妻漫画であればいい流れなんですが、紹介は「絶対十女王政 1巻」です。
お嬢さま学園コメディーです。
まるで共通点のないですね(笑)
描かれている「鳴見なる」センセの名前は明確に記憶があり、”一般系も描くんだー”とかなんとか手にしたんですけど…まったくの勘違いでした。すみません。
誰と間違えたんでしょう。

間違えてましたが、「鳴見なる」センセの漫画はたぶんこちらが初見。
ドリルなブルーの髪と黒を基調とした、↓表紙に釣られました。
こないだも書きましたが、どうやらお嬢さま好きなひでるさんです。
収録は前後編のプロローグ、続けて1から3話まで。
巻末には4コマの番外編から、「エピソード3.5」、「ショートストーリー」という短めエピソードもありました。

女王「有栖川シア」
※女王「有栖川シア」
 ヒロインは多く登場するものの、きっちりメインの位置付けでした。

主人公「佐藤悠馬」の入学先は、お嬢さま学校「聖メイアン学園」でした。
少子化の影響から共学になったばかりで、男女比は「1:9」という羨ましい環境。
しかし、中学生時代にトラブルに巻き込まれた「悠馬」は、女子に拒絶反応を示すまででした。
それを憂いだ姉「美羽流(みはる)」は、見習いシスターとして自らが働く学園へ彼をショック療法的に入学させたのです。
圧倒的な女子の集団に気分を悪くする彼でしたが、初日から学園で”絶対的な発言力”を持つ女王「有栖川シア」に拉致られ、さらにサポート役である秘書官へと任命されてしまうのでした。
初日の挨拶から”恋愛禁止”の学園規則の廃除を宣言した彼女には何やら思惑があるようなんですが…と、だいたいそんな導入部。

今後ラブコメちっく…になっていくのかな。
とりあえず1巻は、独特な校風である学園でのコメディーという漫画でした。

選挙で選ばれる「近衛会(このえかい)」は、実務を行う部隊。
会長・副会長がおり、名称としては独特でしたが、コレ単に生徒会のようなもの。
指名され”絶対的な発言権”を持つ「女王」がやや特殊。
ただ、こちらも生徒会なお話でよく見られる”学園内の絶大な権力者”を直接名称としたくらいのもので、「近衛会」と共に学園運営をする~などと書かれていましたが、細かい・ややこしい描写はありません
学園生活での命令を出すくらい。
1話で説明されていた際にはとっつき辛さを感じましたが、それほど意識しなくても大丈夫なようです。
設定としてはそう極端でなく、ありがちと言えるでしょう。
女子が苦手な主人公、行動が読めない絶対権力者、無表情なお付き、ブラコンな姉、なにかと敵視してくる役員、似た境遇の穏やかな女性…などなど、配置になるとかなりスタンダード。
ただ、こないだ紹介しました「恋愛専科/ミズタマ」と同じで、キャラの魅力がためか読んで面白い仕上がりです。
主になるコメディー部分と、シリアス描写の割合も適度だったと思います。

姉「美羽流」、「小日向美雨」、「大咲秋羅」、副会長「霧島玲緒奈」
※左から姉「美羽流」、「小日向美雨」、「大咲秋羅」、副会長「霧島玲緒奈」
 「パペットマペット」状態なお姉ちゃんです。

周囲は女性だけ(※主要キャラね)という、ハーレムな「悠馬くん」
やっぱり女性が苦手な設定でした。
お約束です。
ただ、こちらの漫画は冒頭からその理由がしっかり明かされております。

実は無実であったものの、犯人扱いされた彼。
停学になった上に根も葉もない噂を流され、女子から後ろ指さされ…と、中学生からハードな展開です。
いちおうコメディーとして描かれていましたけれど、アレは相当に酷いですね
卒業する頃には、すっかり女子に対する強い嫌悪感と恐怖を覚える体質になっていた
そんなんも納得。
髪の毛白くなりそうですよ。
そんな環境に我慢できたのは、彼が真面目にコツコツ努力するタイプであったことと、たぶんお姉ちゃん「美羽流さん」の影響ではないかなぁ。
男子として年相応に興味がのある一方で、何度か漫画中で気絶するシーンがありました。

そう、なんとなく秘書官へ任命されていた「悠馬くん」ですが、実はサポート役としてかなり優秀。
メンタルを鍛えるべく努力した結果、強靭な肉体と読書好きというスキルを得ており、プロローグ後編では整理・清掃から庭の手入れ、ペットの世話、大工仕事から裁縫までを律儀に1人で行っていました。
一部の作業では、片手にマニュアル本を持っているのが細かいですね。
真面目なんだねぇ。
振り回されつつも逃げずに立ち回った結果か、3話では「シア」、「小日向美雨」らと手を繋ぐまでに回復しておりました。
(※かなり緊張してましたが)
苦手を克服するのも、時間の問題であるようです。

ペットの犬「マチルダさん」
※おまけ:ペットの犬「マチルダさん」
 「悠馬くん」に懐いていました。4コマは必見。

まんま女王様というヒロイン「シアさん」
途中で言われていた、天然サディストという愛称はばっちりハマっていたと思います。
次の紹介帯の文句はそちらで決まりですね。
決して私に逆らわないことだ
とか、凄んでいたプロローグ前編では、「悠馬くん」を拉致する、強い口調で秘書官に誘う、いきなり規則を廃除するなど、唯我独尊な娘さんという印象でした。
ただ、登場・言動毎に当初のイメージがじわじわと崩れていきます。
”華麗な顔したのが嫌い”という「悠馬くん」のため紙袋をかぶってみたり、”友人がいない”と悩む彼のためポスターを作製する、「美雨さん」を友人候補として連れてくるなど、常識外れな事を本気でやっていました。
また、「悠馬くん」に対する想いをキッパリと口にしており、プロローグ後編では解任を迫る近衛会副会長「霧島玲緒奈」に対して、
佐藤悠馬は私のものだ
とか、ひざまずいてキスをしてみたり、”友人以上の関係”を求めて髪飾りの黒バラを渡したりしていました。
予想以上に可愛らしい方ですよ。

愛情表現の「シアさん」
※愛情表現の「シアさん」
 ”天然サディスト”です。4コマを鵜呑みにすると…普段は下着履いてないの?

ちなみに、巻末に収録のショート「エピソード3.5」はそちらの続きになっており…短いながらも転げ回りたくなるようなラブコメ度合い。オススメ。
2巻以降はこんな具合になるのかなぁ。ちょっと楽しみ。
また、同じく巻末の「ショートストーリー」では近衛会・副会長「玲緒奈さん」が良い味を出しており、3話で揃う双子「秋羅」・「雪緒」の活躍は次巻かな。
「美雨さん」がプロローグ前編に登場していたのは、ちと意外でした。
これは気付かなかったー。
あれは計算づくなのかな。
中学生時代の「シアさん」が病気で休みがちだったのには何か裏がありそうで、また何やら明確な目的があって学園へ入学した様子でした。
今後どんなんなるのか、次巻に期待しましょう。

やや強めのふんわり線。
乱れなく丁寧で、小さいコマ・引き絵などにも違和感なく、バランスに優れた方でした。
濃淡は適度から強めという印象です。
特にコメディー描写は巧いですね。
幅広な輪郭で大きめな黒眼というキャラ絵。
後半には実際に4コマ漫画が収録されていましたけど、こざっぱりまとまっていて、そんな雰囲気があります。
カラーだとやや雰囲気が異なりますが、だいたいそんな感じの判断で問題ないでしょう。
それほど人を選ぶものではないと思いますが。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵5: 個人的に好みな絵です。安定感あり、まとまっていました。
・話4: 権力ある生徒会なお話~のようで、ちょっとズレた感じが面白いです。
・独4: 女王という冠とは裏腹に「シアさん」は予想以上に可愛らしい方でした。
合計:[13/15]

折り込みのカラーイラストの裏側がもくじになっているんですが、主要登場キャラが短冊状に描かれているのね。
なにげにぼーっと見ていたら…ちゃんとした身長差になっていたことに気付きました。
なるほど。
大咲姉妹はバレー部のようにデカイですねー。

絶対 女王政 1 (ガンガンコミックスJOKER)絶対 女王政 1 (ガンガンコミックスJOKER)
(2010/07/22)
鳴見 なる

商品詳細を見る


●携帯向け【絶対十女王政 1巻



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー ラブコメ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。