FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■redress (科手黒)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・複数
・おまけ: あとがき、カバー裏に漫画「忍法!!制作秘話!」
・その他: 短編×8(うち「redress」×2、「Sting!! イイヅカさんの事件簿」×2、
      「月花妙艶伝」×2)
         
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「科手黒(しなでくろ)」センセの「redress レッドレス」です。

「思い出してもらえるよう~」
あとがきによると、1冊目「faith or fake」と↓表紙などをあえて似た感じにしているそうです。
なるほど、良い作戦です。
そんな訳で、↓表紙は前巻と同じような拘束パターン。
成年漫画にしてはあまり肌の露出が少ないと思うんですが…それが逆にえっちよね。

さて、本日は「科手黒」センセ。
2冊目の単行本は「redress レッドレス」です。
前巻は買ったような印象がけっこうハッキリとあったんですが…どこにも見当たりませんでした。
どうやらひでるさんの妄想だったようです。
ヤバいですね。

収録は前後編など2話程度の連続が多く、捕まってどうのという展開。
毎度お馴染み「キルタイムコミュニケーション」さんの漫画であるものの、自衛団、おとり捜査、西部劇風など、ファンタジーっぽさは低め。
お話がしっかりしているほか、よく描き込まれた絵柄は良質なものでした。
全体的にテキストが目立つのが、ちと難点かもしれません。

ジェシカさん、リリィさん
※左:ジェシカさん、右:リリィさん
 この色気の無さが逆に素敵でした。

表題作、前後編という「redress」は、↓表紙を飾る自警団「リリィ」さんのエピソードです。
隣国との戦争終結後、混乱する国にあって街を守る自警団。
第七警邏隊の「リリィ・フランシスカ」は巡回中に男連中に囲まれた「アンナ」を発見しました。
彼女を助けるため身代わりとなった「リリィ」でしたが、予想外にきっちり拘束されてしまったのです。

元騎士団と言っていたので、たぶん普通に闘ったら「リリィさん」のが強いのでしょう。
ちょっと迂闊でしたね。
というか、ああした乱れた地域で、単独行動は無茶ですよ。
前後編でページたっぷりなためか、じわじわ描写されたえっちシーンがいい感じ。
やっぱり、初っ端のスカートめくるシーンですかね。
漫画中で「つまんねぇ下着」と揶揄されていましたが、そのシンプルさが素敵(笑)
後半では、「アンナちゃん」が助けを求めた「トレンス」が現場に到着。
無許可で高利貸しって…ああ、やっぱり助けてはくれないのね。
彼が来たことで、市民も参加したりして、状況はより悪化しておりました。
自衛団の口から客観的な「リリィさん」の姿が語られているため、より悲劇度合いが増しています。
終始絶望的な感じであったものの、結果として以前より良くなったらしいのが唯一の救いでしょう。

一方、ちょっと似た感じの「cowgirl blues」は西部劇風。
父母から受け継いだ土地を守る「ジェシカ」
早撃ちの腕前は相当なもので、土地の売買で必要に絡む男たちを、次々決闘にて破っていたのです。
こうして、勝負にどうしても勝てない連中は強硬手段を取ることとなったのでした。

普通はやっぱりジーンズとか穿くものなのかな。
こちらの「ジェシカさん」は「アニー(※宇宙刑事シャイダー)」のような、ウェスタン風のミニスカート
後ろで束ねた髪も可愛いです。
それだけでなく”相手の銃を狙って撃ち落とす”という凄まじいほどの腕前があり、不意をつかれた際にも咄嗟に2人の銃を飛ばしていました。
あのあたりの活躍風景はいいですねー。
馬に引きずられる、天井から吊るされる、というそれっぽいシーンからえっちに突入しておりました。
町の連中がどうの~というくだりは、「redress」と同様。
こちらのエピソードでは、特に最終的なトドメになってます。
うーん、「ジェシカさん」可愛いからなぁ…。

客を装って、売人に近づいた「飯塚」さん。
しかし、それは相手に露見していたほか、サポートする警察の「堤」は連中と繋がっており、逆に拘束されてしまったのでした。
だいたいそんなんが、前後編「Sting!! イイヅカさんの事件簿」
これはやっぱり制服でしょう。
「科手黒」センセはそのあたりの理解ある方なようで、どちらのエピソードでもたいてい”着せたまま”なのでした。
先のエピソードらと同じく、拘束・複数なえっちです。
ああした状況下で、強さを失わない「飯塚さん」が凛々しいです。
「はぁ?バッカじゃないのぉっ!?」
というのは、後編での台詞。
強いです。
内緒ですが、ラストの彼女もそんな感じ。
なお、そちらでは「堤」の視点も加わり、事の背景についても描かれていました。
なかなか物悲しいお話です。

くのいち「桔梗」
※くのいち「桔梗」
 良い眺めです。やっぱりくのいちですねー。

なお、巻末収録の「なよびか」は美人な女教師「鈴城琴音」のえっちな補習授業。
もともとは女教師アンソロジーということもあり、収録では最も異質な漫画になっています。
天然お嬢さまっぽい雰囲気で、試験中の…
ほんとにそっちでいいの?
という一言が実に凶悪で素敵
自分の考えには自信を持たなきゃ、ね?
とか言ってました。(※元々の回答で合ってた)
たまんなくいいですねー。
こういう先生に巡り合いたかったです。
成績おちるかもしれませんが。

「月花妙艶伝 桔梗の巻」、「月花妙艶伝 椿の巻」は嬉しい、くのいち・忍者もの。
タイトルそんなんですが、明確に繋がっているお話。
それぞれでメインのヒロインが変わっています。

御館様から直々に”七草庵の主まで密書を届ける”という任務を受けた月花衆のくのいち「桔梗」
その途中、「二蔵眩装(ふたくら・げんじょう)」の率いる忍者集団に襲われてしまうのです。
月花衆・雪月花のくのいち「椿」に助けられたものの、百姓に変装していた追手に捕まってしまったのです。
その一方、1人で「眩装」らと闘う「椿」は、複数を相手にしながら、逆に圧倒していました。
しかし、「眩装」の外法によって色欲の魔物と化した男衆は予想外の動きを見せ、ついに「椿」は捕えられてしまったのでした。
だいたいそんな感じ。

忍者バトル漫画です
2人とも丈はやたら短く、また「椿さん」は左右にスリットがあるので…下着丸見えになっていました。
いやあ、くのいちって本当にいいものですね(笑)
前半の「桔梗さん」は、男忍者が相手。
いかにも未熟な感じが可愛らしいです。
御館様から書状と共に受け取った花を髪飾りにしてるのが、またキュートでした。
…とか思っていたら……おお、なるほどねぇ!

前半ではかなり強いところを見せていた「椿さん」
やっぱりありました、こちらが触手ネタになってます。
「桔梗さん」と違って先輩くのいちらしい彼女を堪能下さい。
ちなみに、カバー裏でも2人登場しており、本編でのシリアスさと違うはっちゃけっぷりが良かったです。
あの感じだと、もしかして続編描かれることがあるかな。

月花衆・雪月花のくのいち「椿」、「ゆかりさん」
※左:月花衆・雪月花のくのいち「椿」、右:「ゆかりさん」
 うねうねしたのもちゃんとありましたよ(笑)

「ゆかり姉ちゃんの細腕退魔録」も若干ですが触手描写があります。
巫女さんの退魔ネタで、和風ですが収録では最もファンタジー色の強い作品。
”大抵の霊や妖怪は箒一本で片付ける”という、雰囲気とは裏腹な実力をもつ「ゆかり」さん。
本編でも、3人(?)の妖怪に一歩も怯むことなく、あっさりと退治していました。
…もしかしたら、収録ヒロインの中で最も強い人かもしれません。
また、そんな実力がためかなかなかのお人好しでもあり、妖怪らの願いを聞き入れて自らえっちの相手をしております。
こちらは巫女服でしょう。
袴のサイド部分から触手(蛇ですが)に侵入されたりしてました。
「…存分に想いをお遂げになってくださいませ……」
とかなんとか妖怪相手に終始優しく接しており、なんとお尻まで許しています。
いいお姉ちゃんですね。
ラストの幼馴染み「ゆういち」くんとの描写も良かったです。

強く丁寧な線の絵柄。
描き込み細かく、色も深く、非常に良い黒具合でした。
濃いには違いないものの、こってりというよりも渋い劇画ちっく。
落ち着いた、白黒漫画の良さが発揮されています
あちこちのバランスに優れ、キャラの表情にも違和感なく、コメディーからシリアスまで対応のできる方。
ややテキストの多さはありましたが、特に引っ掛かる描写はありません。
巧いです。
裏表紙のカット絵で判断もできますが、収録の6ページほどが確認できる「キルタイムコミュニケーション」さんのHPが最も良いサンプルになってます。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵5: テキスト量があるため、ややテンポが気になる程度でした。巧いです。
・話4: 悪くはないものの、やや説明っぽいかなぁ。
・独4: 西部劇・くのいちネタですね。お人好しな巫女さんもいい感じでした。
合計:[13/15]

カバー裏に描かれていた、バニーな飯塚さんのイラストが素敵
次はあれで1話描いてほしいくらいでした。


redress (二次元ドリームコミックス 214)redress (二次元ドリームコミックス 214)
(2010/07/07)
科手黒

商品詳細を見る


●携帯向け【redress (レッドレス)



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ミニスカート アンソロジー ラブコメ ファンタジー

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。