FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■暴君ツインテール (士土大介)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・ラブコメ
・おまけ: あとがき、カバー裏にカラー絵・あとがき、
      描き下ろし「INTRODUCTION」、描き下ろし「EPILOGUE」
・その他: カラー(5P)、短編×6(うち「美々子さんシリーズ」×2、
      「折宮さんシリーズ」×3(+ショート2話))
         
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「士土大介(しど・だいすけ)」センセの「暴君ツインテール」です。

お嬢さま好きなひでるさん。
ネタからして刺さりそうなものでしたが、良かったです。
できれば、1冊まるまるでシリーズを見たかったなぁ。

そんな訳で、本日は「暴君ツインテール」です。
実に分かりやすいタイトルが素敵ですね。
正直なところ↓表紙の時点ではなんとなく不安がありました。
合わないかなー、って。
あらかじめ「ティーアイネット」さんのHPでサンプルも見ていたんですね。
タイトルと↓表紙に引っ掛かったものの、予定には入れなかったのです。

それが店頭で見た際にもやっぱり手に取ってしまい…最終判断は裏表紙でした。
漫画カットが豊富な「ティーアイネット」さんの単行本はいいですねー。
結果的には、当初の予想を大きく上回る出来栄えでした。
たぶん、タイトルでピン★と反応した方は楽しめることと思います

描かれている「士土大介」センセは、「聖戦テイルズ」という一般漫画の連載もある方。
ひでるさんは今回が初見です。
つぎつぎ記憶が消し飛ぶわりに、「恋するニーソ」の表紙は珍しく覚えがありました。
収録のメイン「暴君シリーズ」はそちらにも収録があり、前巻を読んでいればより楽しめることと思います。
ただ、見てなくても全然大丈夫。
ばっちり刺さった実例がここにおりますので(笑)

「折宮瑞月」お嬢さま
※「折宮瑞月」お嬢さま
 貧乳・ツインテールな彼女です。彼女の言う家訓に注目。

ヒロイン「折宮瑞月(おりみや・みづき)」は財閥令嬢のお嬢さま。
学園ではアイドル的な存在の優等生です。
しかし、その裏ではパシリな「山田」を日々弄び、発散していたのでした。
すっかりえっち関係になってしまった「瑞月」を心配したメイド「本間巴」は、彼女に内緒なまま彼を誘いだしたのですが…。
だいたいそんな感じ。

お嬢さま、メイドさんとのえっちストーリーです。
ちと変化球なラブコメですね。
「瑞月さん」はツンデレちっくな娘さんでしたが、タイトルほどのハチャメチャさはありませんでした。

前述したように、前巻「恋するニーソ」から続くシリーズで、2人の出会いについてはそちらに収録。
今回単行本には紹介帯にあらすじが書かれていたほか、冒頭に「INTRODUCTION」が描き下ろしされています。
主要キャラは上記の3名くらいで、お話はそうややこしいものではありません。
こちらから読んでも問題ないでしょう
ただ、細かい切っ掛けとかなんとかは、前巻を見てないと分かりませんねー。
とりあえず、彼女が髪をツインテールに結ぶのが、えっちの合図みたい。

瑞月さん
※瑞月さん
 ラブラブでした。もっと怒ってくれても良かったかな。

「暴君キネマ」は2人して映画館出掛けるという、初デート話。
「瑞月さん」のチョイスはホラーでした。
恋愛ものとか退屈じゃないの
とか笑っていたほか、ホラーの良さについて語っていました。
苦手なジャンルであった「山田くん」が引いてますよー。
舞台が映画館なので、当然ながら上映中にゴソゴソという展開。
バレちゃうよっ
そんな台詞もあり、当然ながら他にお客さんもいる筈なんですが…背景にはまるで人の姿ありませんでした。
「瑞月さん」お嬢さまなので、貸し切りにしたのかと思いましたよ。
まぁ、些細な事なのでここはさらりと流します。
後半の帰ろうというポーズを見せる「瑞月さん」、それに驚く「山田くん」というあの付近の微妙な空気がいいですね。
もう、素直じゃないんだからー。
ラブラブですね。
トイレでのえっちで、人が来たためスカートの端を噛む描写が良かったです。
オチも可愛くまとまっていました。

メイド「巴さん」の視点も楽しめる「暴君観測」
こちらからは完全に連続話となっています。
前半にて「巴さん」とのお風呂シーンがあり、キーワードは胸。
彼女のFカップというサイズに圧倒されていましたが、「瑞月さん」の貧乳っぷりは、それはそれで魅力的だと思いますよ。
即えっち目的でノーブラな登校ですが、それがために体育の授業は見学になってしまうのでした。
不満な表情が可愛いです。
また、性格強めではあるものの「山田くん」とのツーショットではかなり楽しそうな雰囲気。
暴君っぷりが見たい場合は前巻なのかなぁ。

カラー原稿から始まるお話「暴君2号」
そちらは旦那様と「巴さん」のえっちです。
本編ではお嬢さまの今後を心配した「巴さん」が、「山田くん」を無理矢理に誘う展開でした。
あれは「瑞月さん」付きのメイドとして、当然な行動。
計算づくで、まったく気持ちの入っていない相手(←実は途中からちょっと変化してる)とのえっちはドキドキします。
性格もあるのか、かなり従順な「山田くん」でしたが…たぶん、前半に言われた彼女の事も強く影響しているのでしょうね。

メイド「本間巴」、「美々子さん」
※左:メイド「本間巴」、右:「美々子さん」
 こちらの2人も個性的でした。「美々子さん」は…隣だとイラっとしそう。

「暴君スピリタス」、「暴君伝説」は最終エピソードです。
いちおう詳細については伏せておきます。
こちらでは「山田くん」が酔っ払う描写があるんですが…なかなか面白いので必見。
「巴さん」は黒パンストを着用されていたので、ひでるさん的には逆に良かったですが。
あちらの縦ラインはたまんないです
ぜひ「瑞月さん」にもチャレンジしてほしいですね。
なお、巻末の「EPILOGUE」では、眼鏡な「巴さん」が見れます。
あの楕円・横長な眼鏡はもっと早くにほしかったー。

「Not only 暴君」、「But also 暴君」はそちらと別シリーズ。
学校はバイト禁止でしたが、執事喫茶で働いている「高崎」くん。
ある日、そちらでの写真がメールで送られてきたのです。
強迫のような呼び出しを無視できず、待ち合わせ先に向かうと…メールの送り主は、”地味子”と呼んでいたクラスメイト「美々子」さんだったのでした。
だいたいそんな感じ。

先の「瑞月さん」とは違った暴君っぷりです。
マイペースで本人に悪意がないだけ、よりタチが悪いですね
またスタイルは良く、髪を上げた素顔もなかなか可愛いのでした。
1話目はともかく、たぶんあんなんが続いているだろう2話目は、ちと「高崎くん」が気の毒です。
まあ、がんばれ(笑)

強い線の絵柄。
黒が目立つ濃い絵柄で、ページ全体はごっちゃり目です。
しっかり良く描かれているコマもありますが、ちらほらと乱れ・崩れを感じました。
ただ、基本はっちゃけラブコメな漫画であり、またキャラも魅力的であったため、さほど気にならないと思います。
勢いでぐいぐい牽引するタイプでしょう。
引っ掛かるような箇所はなく、ややこしさもなく、テンポは良かったです。
判断については、だいたい↓表紙そのままで問題ありませんが、やはり裏表紙の漫画カットが参考になるでしょう。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: 丁寧さに欠けてましたが、勢いがためかあまり気にはなりません。
・話4: シンプルに面白くまとまっていました。
・独4: 暴君は「美々子さん」のが相応しいかも。それっぽくてラブい「瑞月さん」がいいですね。
合計:[11/15]

態度はともかく、ラブラブな「瑞月さん」が可愛いです。
なにゆえそーなってしまったのか、ぜひ前巻を探してみようと思いました。

暴君ツインテール暴君ツインテール
(2010/07/09)
士土 大介

商品詳細を見る



携帯向け【暴君ツインテール


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ティーアイネッ ラブコメ ツインテール

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。