FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Ziggurat (MISS BLACK)

★まんがデーター [7/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■□□□
・独創性:■■□□□
・属性 : 泥棒・パンチラ
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵、
      合間にオーパーツ解説。
・その他: 折り返しにコメント、
      6話収録、現在1巻まで発売中。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「MISS BLACK(みす・ぶらっく)」センセの「Ziggurat(ジグラット) 1巻」です。

ある意味期待通りで、期待外れでした。
こちらの「Ziggurat(ジグラット) 1巻」は…いつだったかな。
キルタイムコミュニケーション」さんのHPに↓表紙絵がアップされてからというもの、待っていた1冊でした。
どうです、いいお尻でしょ?
しかも紹介部分には”神出鬼没の少女怪盗”とあり、「キャッツ・アイ」好きなひでるさんはもの凄く期待していたのです。

…が。
うーん、正直なところ合いませんでした
個人的には、微妙よりもさらに下な感想です。
「MISS BLACK」センセのゲーム原作な単行本「超昂閃忍ハルカ 刃の巻」の時と同じかな。
悪いことに、こちらの「Ziggurat」は、絵にプラスしてお話にも刺さっていません。
全体的にイマイチ感が強いのです。

パンチラな「トリニティ」
パンチラな「トリニティ」
 こうしたシーンは満載でした。

終始肌に合わないままだったので、これから良い文言は並びません。
そうしたのが得意でない方は、ここでご遠慮下さい。
正直に感想を書かせて頂きます。
(※センセ、およびファンの方ごめんなさい)




やっぱり絵柄から。
Feuerig[フォイエリヒ]」の際に驚いた、洗練された綺麗さはありません。
良く描けているコマもあるんです。
ただ、大抵の部分は、ちらほらと乱れが目につきました。
↓表紙ほか、ぱっと見の印象と裏腹に、本編は全体的に描き込み弱めなのです。
特に背景はさっぱりし過ぎ。
平たいです。
これが漫画の雰囲気・世界観を、大いに損ねる原因になっていました。

柔らかな線ですっきりな絵柄。
漫画ネタとトーン処理のためか、画面は薄く・暗く、という感じ。
この中途半端な色合いすらも、どこか全体を誤魔化しているように見えます。
アクション描写もスピード感なし。
さらに、小さい吹き出しでテキスト多く、テンポもあまり良い物ではありませんでした。
ちょっと今後は考えてしまいそう。

ぴったりなスーツで、ほぼパンチラしているというヒロインは、概ねしっかり描かれていたのが唯一の救い。
そっち目的な人は、楽しめると思います。
ちなみに余談ですが、温泉シーンや着替え描写の際にはバストトップは無論のこと、全裸絵もありました。
後半にはえっちくさい場面もあるので、お楽しみに。
まぁ、ちょろっとだけですけどねー。

成年漫画でなくても、そっち系なセクシー・サービス描写で押す手もあるかと思いますが、そうでもありません。
色々と要素が詰め込まれ、あちこちどっちつかずに見えました。

大泥棒の祖父を持つ主人公「大和鐸(やまと・さなき)」
彼はコレクションされている盗品をこっそり返却する一方、祖父と同じくオーパーツばかり狙う泥棒”特殊手配犯9号”こと「トリニティ」を追っていました。
残されたメモに残る謎の言葉”ジグラット”には秘密があるようで、「トリニティ」ほかアンシエント財団の強盗殺人犯”特殊手配犯7号”こと「ブラック・ハート」もその言葉を口にしていたのです。
果たして、”ジグラット”とは何か、「トリニティ」、そして財団の目的とは!?
…と、だいたいそんな感じ。

ピンチな「トリニティ」
※ピンチな「トリニティ」
 撃たれた!?右の巨乳が「ブラック・ハート」です。

紹介帯の文言は「美少女怪盗VS高校生探偵」でした。
まぁ、要約するとそんなんか。
ミステリーにアクション、ラブにセクシーほか、ファンタジーなんてキーワードまであるという、盛りだくさんな内容です。
手を広げ過ぎかな。
だいたい、”美少女怪盗”はいいとして、探偵は”高校生”な必要あるかなぁ。

こちらの主人公「鐸くん」は、祖父の盗品の1つである”水晶髑髏”の力によって大人に変身(?)し、
この世のどこにもいない探偵
とかなんとか、探偵として現場に出没していました。
元上司というコネで、まったく無関係な部外者なのに現場をうろうろしてます。
たまに自らが指揮官のように、偉そうに振舞ったりもしてました。
もっとも怪しい奴ですね(笑)
そうした変身のほか、核弾頭でも壊せないという素材、プールの水が触手のようにうねうねする、「トリニティ」の正体「八咫(やた)カナエ」さんとの胸サイズ…などなど、ファンタジーちっくな描写もあります。
ややこしいなぁ。

いちおう探偵としては優れているらしく、逃げる「トリニティ」を何度も判断良く発見してます。
ただ毎回それだけのことで、ことごとく取り逃がしているんですけどね。
学園でも名探偵、刑事などと呼ばれ、生徒会長にもその能力を買われていました。
1話では、生徒が紛失したという指輪をしっかり発見してます。
しかし、そのエピソードは特に説明もなく、あっさり処理されていましたが。
あれれ。
「トリニティ」には遅れを取ったものの、名探偵と言われるそのままどう推理したのか、知恵の回る様を見せつけるシーンではないの?

そうした見せ方・ユルい設定などの問題ほか、真っ当に見えて、あちこちに気の抜けるような場面が見られるのです。
”随分な人数”を揃えたという2話では、変装もしてないメイドが紛れ込んでも気付かないという、穴だらけの警備を見せています。
部外者「鐸くん」がうろうろするくらい、へっちゃらなようです。
また、3話から登場する”強盗殺人犯”という危険極まりない「ブラック・ハート」ですが…彼女は素顔丸出し。
なにしろ、「鐸くん」が顔でしっかりと見分けていましたから。(←あるいは格好と行動か?)
とっとと指名手配して下さい。
現地で着替えている「トリニティ」も、サービスとしてはいいですが…ずいぶんな呑気さん。
コメディーちっくな学校シーンは必要かなぁ。
また、そんなんでいて、あちこちの洒落た描き方は刺さっていないひでるさんにとって冷める原因
うーん…。

余計な要素を全て排除し、3話後半から4話前半みたいな、泥棒・探偵のセクシーラブコメみたいなのが良かったなぁ。
ほぼ、常にパンチラしている「トリニティ」だけが最大の特徴であり、見どころになってました。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: 全体的に弱いです。人物以外は平坦で良くありませんが、ぎりぎり平均くらいでしょう。
・話2: お話からキャラまで、描けていないまま進んでいるようでした。
・独2: いろいろと詰め込み過ぎだと思います。
合計:[7/15]

Ziggurat 1 (ヴァルキリーコミックス)Ziggurat 1 (ヴァルキリーコミックス)
(2010/06/30)
MISS BLACK

商品詳細を見る


キルタイムコミュニケーション」さんのHPで1話が立ち読みできます。
気になった方はそちらを参考にすると良いでしょう。
ひでるさんとしてはあまりオススメしませんが。


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : キルタイムコミュニケーション パンチラ ファンタジー アクション バストトップ コメディー

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タブのおそうじ雑件消化

 てきとーにいくぜいくぜいくぜ~! ■カツオさん初のマンガ同人誌  http://mrs.kir.jp/katsuo/comi-tuhan.html  イラストやショートストーリーの芸歴(?)長い方ですが、マンガは初めてだったのですか。各同人誌店や『アスリート』にて、店舗委託および通販して...

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。