FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■シス☆ブラっ (ゼロの者)

★まんがデーター [14/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・妄想
・おまけ: あとがき、描き下ろし「はにー・ほりっく」、
・その他: カラー(4P)、短編×9話(うち「シス☆ブラっ」×6+番外編1話、
      「親子羊おおかみ」×2)、現在は1巻まで発売中(※続巻あり)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ゼロの者」センセの「シス☆ブラっ SISTER☆BROTHER」です。

ほぼ1年ぶりという「ゼロの者」センセ。
新刊は「シス☆ブラっ SISTER☆BROTHER」でした。
ハイグレード版まで発売されていた、全2巻の「わすれな」に続く、巻数をまたぐ長編漫画です。
…そう、巻数表記はありませんが、2巻まで続いちゃいます
こちらの時点では、まだ完結しておりません。
そういったのがめんどくさい方は、ちょっと注意ね。
なお、単行本後半には前後編の別漫画「親子羊おおかみ」も収録されています。
表題作だけでもありません。

ヒロイン特集1:「八重ちゃん」お仕事中
※ヒロイン特集1:「八重ちゃん」お仕事中
 右は仕事でないですが…。このように髪型の変化も楽しめます。

主人公「八重」は女の子ながら成年系の漫画家さん。
えっち同人誌を出していた彼女は、ついに商業誌デビューすることとなりました。
アンソロジーにて近親相姦ネタを描くこととなったものの、実兄のいる「八重」にはあまりピンと来ないジャンル。
しかし漫画のためとあって、日々兄を相手に得意の妄想を働かせていました。
無事に原稿が終わった「八重」は、上がったテンションと強烈な眠気に普段のそんなんが混ざり合って…現実と妄想の区別がつかないまま、お兄ちゃんを誘ってえっちしてしまうのでした。
…だいたいそんな感じ。

またまた兄妹の近親長編漫画ですね。
ジャンルとしては同じでしたが、ヒロイン「八重ちゃん」がために、また大きく雰囲気の異なる漫画になっています。
前巻「わすれな」は背徳的なドキドキえっちが前面で、シリアスさが強調されていたのに対し、こちらはややコメディー寄り。

ぱっと見の「八重ちゃん」は、ストレート・ロングな髪型から、なんとなく”清楚な美人”という感じ。
カラーでは明るい色彩のブルーで髪の毛塗られてましたねー。
しかし、漫画の彼女はちょっとアブないくらいの妄想癖の持ち主として描かれております。
家でも外でも、はたまた周囲に誰かいたとしても、すぐさま妄想世界に飛び込んでしまうのでした。
困った娘さんです。
突っ込みを受け、現実に引き戻されるという描写も何度かありました。
漫画開始時はいちおう未通でしたが、職業柄かえっち度高め。
そんな妄想癖を逆手にとって仕事に利用しており、設定には説得力があります。

ヒロイン特集2:「八重ちゃん」妄想中
※ヒロイン特集2:「八重ちゃん」妄想中
 所構わず妄想してしまうのでした。なかなかの重症っぷりが楽しいです。

そんな訳で、漫画の大半は妄想えっちなのです。
主人公に位置付けられているのはヒロイン「八重ちゃん」で、漫画の一人称は彼女。
ジャンル同じでも、前連載とはまったく異なって見える要因です。
妄想中は枠間や背景が変化するエフェクトがあったりなかったりという感じで、また話途中にガッツリと割りこんでくるため、正直なところややこしさもあります
しかし、お話は「八重ちゃん」視点ですから、それも当然のこと。
日常での彼女は、漫画そのまま現実と妄想を頻繁・交互に入れ替えているのでしょう
↑上のあらすじにも書きましたが、1巻でのクライマックスというべき”お兄ちゃんとの初えっち”などは、まさにそうした境界線の曖昧さが招いているのですから。
面白く描かれています。

うっかりなソレは別にして、お兄ちゃんとのえっち過程はかなり丁寧に描かれていました。
当初は、
パッとしないのよね
とか言っていた「八重ちゃん」
共に生活してきて、それまで意識もしていなかったから当然でしょう。
しかし、頻繁に妄想していくうちに、ちらほらツボにはまるようになっていました。
悩む、逡巡する、他人の意見を聞く…など、勘違いでえっちしてしまった後の描写はまた見事
「好き好きー」ってなものとは、一線を画しております。
それも、さほどシリアスにならず、コメディーというほど軽くもなく…という、絶妙な具合でした。
さすがは「ゼロの者」センセ。

喫茶店でバイトしていた1話「妄想と現実」
なかなか可愛らしい衣装で、またその最中は髪をポニーテールにしていた「八重ちゃん」
残念ながら今回はその姿でのアレコレはなかったです。
今後のえっち展開に期待しましょう。
冒頭カラー原稿部分から妄想大爆発させており、夜道でのソレは周囲から見てかなり変な人
あんなんでは…ちと近寄りがたいわね(笑)
黙っていれば可愛いのに。
お風呂後の照れるあたりはいいですね。

初えっちとなる2話「近親相姦」
あのアパートには基本1人暮らししてるのかな。
(※母親がどうのという発言は妄想内なので、そっち設定だと思う)
食事を作るため訪ねてくるお兄ちゃん(1話)ほか、
今日はこっちに泊まっていくから
という発言がありました。
そう、この人はかなり面倒見良く、商業デビューして頑張る彼女をやんわりとサポートしてました。
わざわざ妹のために食事を作るほか、2話では終わり頃を見計らって周囲のお手伝いを当然のようにしています。
まるで文句も言わず、大したものですよ。
性別逆みたい。

後半はそんなお兄ちゃんとのえっち描写です。
ちなみに、「八重ちゃん」は基本的に下着(ブラ)は着けない娘さんなのね。
外出時は無論のこと、過去の学生時代(妄想ですが)でもノーブラっぽいのです。
かなり無防備で、家ではゆるゆるとシャツを着ており、よくバストトップを露出させていました。
わざわざアピールするシーンもあったりして、お兄ちゃんはえっち以前からちらほら胸を見てます。
妹いないので詳しく分かりませんが、例え目撃していても、ああしたもの(→まともにそれとして見ようとしない)でしょうねー。
そのため、漫画のように「八重ちゃん」からバッチリ誘う必要があったと思います。

ヒロイン特集3:「八重ちゃん」甘え中
※ヒロイン特集3:「八重ちゃん」甘え中
 お兄ちゃんはかなり面倒見の良い人でしたよ。

3話「水着少女プリン」、4話「気持ちの導火線」は眼鏡のアシスタント「ゆあ」ちゃんの活躍するお話。
こちらで「八重ちゃん」はコスプレをしているんですが…連続話の後に収録されている漫画「水着少女プリン 第8話」が元ネタです。(※2ページのショートで、おまけ風情)
こちらは「ゆあちゃん」との百合えっちです。
妄想のみでネタを作る「八重ちゃん」と違って、かなりの経験者であるみたい。
その前後にあった、お兄ちゃんとの会話も秀逸です。
「ゆあちゃん」としたコトによって、意識が変化しているのに注目下さい。

ツインテール、お下げなど、異なる髪型が見れる5話「快楽の天秤」
冒頭のツインテールは「水着少女プリン」そのもので、察するに「ゆあちゃん」のリクエストでしょう。
こちらでは、眼鏡を掛けていた学生時代の「八重ちゃん」も登場するので注目。
妄想癖は当時からだったのね(笑)
後半のアレも…まさかのオチでした。
うわわ、「八重ちゃん」は相当に重症ですねー。

収録でのラスト6話「不可侵行為」は、色々と考え、経験(?)をした上で「八重ちゃん」の出したいちおう結論みたいなもの。
エロ漫画家としてっっ
とか、誤魔化してもいました。
うん、建前としてはベストでしょう。
念のため詳細は伏せておきますが、
そんなに嫌がられると余計に見たくなるっ
その前後は、非常に良かったですよ。

そろそろ歯止め利かなくなりそうでしたが、1巻はこれにて終了。
新キャラらしき顔も見え、これからどうなるのか次を期待して待ちたいと思います。

なお、前後編「親子羊おおかみ」は若妻「堀田綾」さん。
まだ子供はおらず、いつも1人で留守番をしていたお隣の子「ろう」くんの面倒を見ていた「綾さん」でしたが…という、なかなか驚く展開な漫画。
ちと現実離れしてましたけどね。
どっぷりとしたえっち展開ですよ。
先の連続話が適度な軽さで面白かったので、ちとカップリングにはどうかなぁ。
できれば表題作のみにしてほしかったー。

絵柄は毎度の如くコテコテしてます。
こってりなんですが…今回は心なしか、あちこち適度なバランスでまとまっているように感じました。
単に「八重ちゃん」が気に入っただけかもしれませんが。
胸から太ももまでのぽってり、むちむちとした肉感は絶妙。
例え服を着ていてもそんなんは変わらず、うっすら胸が透けていたり、やたらパンチラしてるのもいつも通り。
まさしく成年漫画という、えっちな絵です。
判断については、↓表紙・裏表紙で問題ありません。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵5: より洗練されたように感じました。見易かったです。
・話4: 妄想によってごちゃごちゃしてる、表題作だけでない、という理由から。個人的には満点。
・独5: ヒロイン「八重ちゃん」を成年漫画家に設定したのは大成功だと思います。
合計:[14/15]

容姿・性格どちらも、「真央ちゃん」より刺さりました。
前述したように、軽々しくも、重々しくもない漫画が、ひでるさん的には非常に良かったです。

シス☆ブラっ

シス☆ブラっ (いずみコミックス)

★「ゼロの者」センセの漫画紹介記事。
 「エロメスのつくり方
 吸血鬼な母親「さなえさん」との近親えっち「ちぃまま」、2話の「女子能力開発部+」などを収録。
 「絶頂スイッチ
 猫耳「山田さん」ほか、むちむち姉妹との3話連続「ねえさんP」を収録。
 「わすれな 2巻[完結]
 「わすれな
 兄妹の近親モノ長編。緊張感たっぷりな描写がポイント。


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー ツインテール パンチラ コスプレ ポニーテール バストトップ

comment

Secret

もう少し

20冊はたぶん、数年で飛び越えるでしょうねー。

ゼロの者さんは独特?な大きな瞳が可愛くて好きですね~

ブログによると成人向けの漫画は20冊を目標にしてるらしいですよ。

それだー!

前巻見てきました。
それですね。
しっかり気付きませんでした、ありがとうございます。

好きでないんですよねー、ああいうキャラ。
脳内で自動消去してたかも。

No title

ちょっと気になったんですが、「親子羊おおかみ」の「ろうくん」と、本編第5話の「ろう君」は同一人物ですよね?
ついでに、前作『エロメスのつくりかた』にも「ろうくん」は顔を見せていますから、作者がプッシュしてるキャラかもしれませんね。
QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。