FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■執事少女とお嬢様 (真田一輝)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : コメディー・主従
・おまけ: あとがき、ゲストページ、合間に4コマ、
      カバー裏にリンク別絵・4コマ。
・その他: 折り返しにコメント、
      9話収録、現在は1巻まで発売中。
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「真田一輝(さなだ・いっき)」センセの「執事少女とお嬢様 1巻」です。

ちら、と見るとつい買っちゃうんですよねー。
こんなん。

仏像入門2小

一個人 特別編集 仏像入門

店頭でぺらりとめくりましたが、かなり写真多く、仏像の見方など解説もしっかりされてます。
読み物としても非常に優秀。
価格と内容を考えても、かなりお買い得だと思います。
これはなかなかオススメですよ。

…と、このまま書くと別のブログになってしまうので、余談はそこまでに。
本日は「執事少女とお嬢様 1巻」です。
よく分かっていないまま、↓表紙に惹かれて手に取りました。
あちこちバランス、キャラや背景などの色彩、ポーズなど、よくまとまってます。
お嬢さまらしき方の、足首から太もも裏あたりまでがチラと見えるのがまた良いですよ(笑)
”ああ、わがままなお嬢さまに仕える優秀な女性執事みたいな感じなのかなぁ~”、と思っていたら、さにあらず。
なるほど、長編漫画ですから、こんな設定になるんですね。
また、主要登場キャラは女性ばかりで百合ちっくな空気があったので、そんなんお好きな方にもいいでしょう。

紗綺、ひなた
※樿山紗綺・小向井ひなた
 凛々しい「ひなたさん」のため、扉絵から。8話の扉絵がまた素敵でした。

私立白樺学園は幼稚園から大学まで、一貫教育を行っているお嬢さま学校でした。
記念として受験した主人公「小向井ひなた」は見事合格し、中高等部から入学して2年目というある日。
不意に理事長室まで呼び出された彼女は、多額の借金を抱えた両親が高飛びしたことを知りました。
突然の事態で呆然とする彼女に対し、
そこで1つ提案があるんだけど~
若い学園理事長「樿山沙織」が持ちかけたのは、住み込みで樿山家のお手伝いをするというもの。
しかも、”専属として付いてほしい”と言われた相手は、理事長の妹にして皆の憧れであった「樿山紗綺(つげやま・さき)」だったのです。
半ば夢見心地であった「ひなた」
巨大な屋敷に到着した彼女は、学園ではお嬢さま然としていた「紗綺」の意外な素顔を知ることとなったのでした。
…だいたいそんな感じ。

執事ラブコメみたいな感覚。
まあ、同性ではあるんですけどね(笑)
基本的にはコメディーちっくですがそちらに大きく傾倒することなく、押さえるべき部分はしっかり描かれています。
「真田一輝」センセの漫画はこちらが初見。
時間と共に変化していく心情が、うまーく表現されていました。

突如執事として仕えることとなった「ひなたさん」
当然ながらズブの素人で、
執事といっても何をすれば…
とか3話で言っておりました。
またドジっ娘属性があり、ハチャメチャな裁縫技術ほか、1話では廊下から階段でも転んでいるなど、かなり危険。
下着を履き忘れたまま出掛ける場面もあり、ヤバいレベルでした。
主の危機を助ける4話の初任務でも、かえって問題を大きくしています。
あれは元同室のルームメイト「麻衣」ちゃんの機転で助かりましたね。
友達っていいなぁ、としみじみ(←感情てしては、それ以上のものありそうでしたが)

沙織・ひなた・紗綺、東久世空子
※左:沙織・ひなた・紗綺、右:東久世空子
 「空子さん」の登場シーンは大きなインパクトでした。

一方、ツインテールの目立つお嬢さま「紗綺さん」も、”容姿端麗で人望厚い”という表の顔とはギャップのある方。
当初はしきりに自分付きの執事を反対していましたが、それを許すことになった2話目の切っ掛けもそんな感じ。
あんなんは漫画でお約束なパターンでしょう。
また、”一代で財を成した”という樿山家がため、ああ見えてなかなか苦労も多い様子
上から下まで完璧なお嬢さま…に見えて、実はそうでないんですね。
そうした様が伺える、パーティーの9話が見どころです
あれはちょっといい話でした。

そう、前述した↓表紙の2人は理想像のようなもの。
こちらのお話は、お互いそれとして成長していくという漫画なのでした。
当然ながら主従の信頼感も当初はなく、様々なイベントを経てそれを強めていくことになるのでしょう。
(※そりゃ、完璧な主従関係をいきなり見せられても面白くはないよねー)
前半では終始「ひなたさん」が圧倒されていました。
しかし、ちょっとした事情で酔っ払う6話がターニングポイント。
カバー裏な感じです
ここは豹変した「ひなたさん」は、オチまで最高でした。
2巻でもぜひ酔っ払ってほしいですよ。

メイド「橘百合香」、「三宅梨里香」
※メイド「橘百合香」、「三宅梨里香」
 この2人も良かったです。4コマでの活躍に期待。

ほか、沙織付き執事「東海林陽菜」や屋敷のメイド「三宅梨里香」、「橘百合香」らもなかなか良いキャラクター。
5話にあった、「マジメだけどバカなんですぅ(→「梨里香」)」、「バカじゃないけどアホなんです(→「百合香」)」という、お互いの評価がいいですね。
合間にあった4コマは彼女らと「ひなたさん」が絡むことが多いんですけど、さすがの面白さがありました。

やや太めなしっかり線の絵柄。
濃淡としては普通くらいですが、強い黒がためか、ややこてっとした感じ。
過ぎない程度の描き込みも、作品世界と合っています。
コメディー描写はやっぱり巧いですね。
(キャラは顎が削れ、まんじゅうのようなSD絵になってます)
大きい目にざらりとした髪、目の下あたりの軽い恥ずかし線(※恥ずかしい時に鼻から頬にかかる斜め線のことね)が特長の人物絵。
可愛い系統です。
ほわほわ軽い感じですが、細かい変化なども表現されていました。
カラーでも大きな変化はないので、↓表紙の判断で問題ないでしょう。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: 全体安定しております。ちょっと癖は強めかもしれません。
・話4: 良い距離感になってきたので、2巻はより面白いかもしれません。
・独4: 女性ばかりの世界でした。百合漫画ちっくなので、そんなん好きな方向け。
合計:[12/15]

なお、5月末頃に発売の「落花流水 5巻」を買うと、双方キャラの入り乱れる限定小冊子がもらえるそうです。
締め切り6月30日までのようなので、お好きな方はお見逃しなく。

執事少女とお嬢様 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)執事少女とお嬢様 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
(2010/05/12)
真田 一輝

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー ラブコメ ツインテール

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。