FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ひまわり the Door into Summer (森崎くるみ)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 原作ゲームコメディー
・おまけ: あとがき、カバー裏にまちがい探し・別絵・コメント。
・その他: 原作「ぶらんくのーと」、折り返しにコメント、カラー(4P)、
      4話収録、現在は1巻まで発売中。
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「森崎くるみ(もりさき・くるみ)」センセの「ひまわり -the Door into Summer- 1巻」です。

なんだか”原作ゲーム”が続いたので、本日もそんなんにしてみました。

こちらは、よく分からぬまま購入しました。
何気なく見た↓表紙に、「森崎くるみ」センセのお名前を発見したんですね。
まったくノーマークでしたが、無事ゲットできました。
そういった一瞬のみ、能力解放されるひでるさん。
こうして、また本が積まれていくのですが…。

そんな訳で、一般系では「死神とチョコレート・パフェ」、「やみ憑きマリス」、成年系では「Precious」など、このブログではちらほら取り上げている「森崎くるみ」センセです。
新刊「ひまわり -the Door into Summer-」は、「ノストラダムスに聞いてみろ♪」と同じく原作ゲームな漫画でした。

アクア
※アクアさん
 漫画版・外伝での主人公は彼女。

毎度のことながら、ひでるさんは未プレイ。
まっったく知識のない状態ですね。

原作「ぶらんくのーと」さんは同人サークルのようですが、ゲーム本編はシナリオがスゴくかなりの人気があった様子。
今回の漫画版では、その原作者である「ごぉ」さんが、直接参加しておりました。
最近流行りな傾向ですね
お話は外伝という位置付けになっており、書き下ろし・オリジナルストーリーになっています。
ファンの方には嬉しい仕様でしょう。

”単体でも1つの物語として楽しめるように~”
そう書いておられましたが、正直知識ゼロなひでるさんにはやや難解
ちょっと敷居は高めです。
本編の方は「檜山大輔」センセの手で漫画化されており、そちらはほぼ原作通りみたい。
気になった方は、とりあえず見てみるのが良いかもしれません。
(※「ガンガンJOKER」のHPで、1話が立ち読みできましたよー)

4ヶ月ぶりに宮浦へ戻った「アクア」、「アリエス」
「アリエス」の希望でふらりと立ち寄った公園にて、旧知の仲である「日向陽一」と再会しました。
続いて部長「雨宮銀河」、「西園寺明香」ら宇宙部の面々とも再会を果たし、相変わらずなそれぞれに喜ぶ2人。
そうしたほっとした空気の流れるなか、実は「アクア」らにはとある目的があったのでした。
…こんなんかなぁ。

さきほど原作ゲームのHPを見て驚きました。
ゲームは”ロリっ娘宇宙人同棲ADV”なんですね!
あちこち登場する女の子らは華やかで、一見するとよくあるラブコメちっくな漫画。
(※百合な雰囲気でしたが)
しかしその一方で、2人に与えられている任務とか、戦闘シーンとか、過去の事故とか…時々シリアスな描写も差し込まれていました。
読んでいる際には訳分かりませんでしたけど、そうした方面の要素もあるんですね。

原作には登場するのかな?
2話から顔を見せていた、宇宙部顧問・教師「登場楓」が1巻でのポイントになっています。
なかなか重要な役回りみたい。
ラスト部分を考えると、あるいは2巻からがメインとなるストーリーが展開されていくのかもしれません。
1巻の時点でアレコレ言うのは違うのかも。
ただ、そうとした場合は仕掛けが遅すぎです。
説明も全体的に不足しており、漫画で何が起こっているのかいまいち理解できません
なんというか、知らぬ言語のテレビ番組を見ているような感覚
(※ところどころ分かる、という感じね)

「森崎くるみ」センセのお力によって、コメディーほかサービスカット(ちょっとだけ)は良いモノありました。
「アクア」、「アリエス」のやり取りも面白いです。
ただ、終始うっすらとした霧に包まれてるみたいで、漫画に集中できませんでした。
原作のファン向けでしょう
もともと全体ページは薄い上に宣伝あったので、それならばキャラ紹介とか、あらすじとか、一見さんにも優しい配慮が欲しかったです。

あやしい2人
※「アリエス」・「アクア」、あやしい2人
 この2人の関係もイマイチ分かりませんでした。

そう、こちらは手に優しい重量の、極薄単行本なんですね。
まるで絵本みたい。
全148ページでした。
(※ついこないだの「どっちもLOVE!?/木谷椎」は150ページ)
前述していますが、巻数表記から察せられるそのまま、お話は続くみたい。
そう考えると…全体話数との兼ね合いとか、はたまたPSP版の宣伝目的兼ねるとか、この時点での発売は大人の事情によるものかな。
どうせなら、もう5割増しくらい収録が欲しかったです。

原作のメインヒロインは、「アリエス」の方なんですね。
こちらの漫画版では、もう1人の主人公らしい「アクア」の視点で進んでいました。
時間的には最も後のお話になっているみたい。
はっちゃけて可愛らしい「アリエス」に対し、ちらほら影のある「アクア」
ミステリアスな言動と、ツインテールに黒の服装など、何かと目立つキャラです。

皆で海へ向かう2話での、「陽一くん」に跨って海へ入る彼女が好き。
わっ、ヨーイチ型のうきわですっ!
とか言われていました。
ちょっとえっちで羨ましいシチュエーションですね(笑)
彼女は泳げないようですし。

また、カバー裏で描かれていたように、「雑誌ではエロすぎてダメ」という部分ほか、雑誌上ではNGだった部分が単行本化にあたって差し替えられていました
2話での着替え・温泉シーンにての全裸も、そういった差し替え部分なのかな。
軽くですが、しっかりバストトップまで描かれています。
個人的には、4話の「アリエス」が可愛いです。

相変わらずコメディー描写の巧い方。
バランス・濃淡など作画も安定しており、可愛らしい人物絵です。
原作よりも漫画ちっくですね。
先の「檜山大輔」センセ版がすらりと縦長なのに対し、こちらは丸っこい印象。
「アリエス」は完全に「森崎くるみ」センセっぽくなっていたと思います。
カラーでも大きな変化はないので、↓表紙での判断で良いでしょう。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵5: キュートな絵柄で個性は強いものの、コメディー描写など巧い方です。
・話3: おそらく原作のファン向けだと思います。
・独3: 現時点では際立つモノなく、判断し辛いです。
合計:[11/15]

普通のヒロイン漫画とは違うのかな。
しかし、原作を知った前提っぽく不親切な構成であり、よく分からない印象のが強く、またサービスシーンも頻繁でなく…。
イマイチ刺さりませんでした。
2巻以降は面白くなる、もやもやが解消されるかもしれませんが…どうしよう。


ひまわり ―the Door into Summer― (1) (角川コミックス・エース 205-2)ひまわり ―the Door into Summer― (1) (角川コミックス・エース 205-2)
(2010/04/22)
森崎 くるみ

商品詳細を見る


※参考1: PSPゲーム版
ひまわり -Pebble in the Sky - ポータブル(通常版)ひまわり -Pebble in the Sky - ポータブル(通常版)
(2010/04/22)
Sony PSP

商品詳細を見る


※参考2: 「檜山大輔」センセ版
ひまわり 2 (ガンガンコミックスJOKER)ひまわり 2 (ガンガンコミックスJOKER)
(2010/02/22)
ごぉ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー ツインテール 原作ゲーム ラブコメ バストトップ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。