FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ショッキングピンク! (ヤスイリオスケ)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・三国志
・おまけ: カバー裏にコメント・乳くらべ表、
      カラー描き下ろし「X話 桃園の誓い!?」
・その他: 武将列伝、カラー(4P)、13話収録(全て表題作・1巻完結)
         
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ヤスイリオスケ」センセの「ショッキングピンク!」です。

そう言えば…2冊目「BUST TO BUST-ちちはちちに-」の巻末にあった描き下ろし紹介漫画はコレですね。
本編を読んだ後で見てみると、また楽しめると思います。
どこにも「呂布」は出てこなかったですが…。

そんなこんなで、初単行本「エロマンガみたいな恋しよう」から紹介しております「ヤスイリオスケ」センセ。
今回の「ショッキングピンク!」で3冊目ですね。
片手で持つと、ずしっとした重さを感じるほどの大ボリュームな単行本。
軽く頭をどついただけでも、かなりの衝撃具合でした。
(↑やってみた)
内容は全て表題作という、長編漫画な構成。
近頃題材にされることの多い、三国志ネタな漫画ですね

ひでるさんの頭では…「三国志艶義/清水清」か、「くれむつきゅーる」センセの漫画かな。
特に「清水清」センセのそれは、いまだに強いインパクトがあります。
ちょっとオススメ。
他に歴史ネタだと、「暴れん坊少納言/かかし朝浩」とか、「姫武将政宗伝 ぼんたん!!/阿部川キネコ」などが面白く、そんなんが好きなので、基本ウエルカムだったのです。
が、しかし…。(←三国志[光栄])

ショッキングピンク・ヒロインズ
※ショッキングピンク・ヒロインズ
 大勢登場ありましたが、いちおう主要の3名にしてみました。

ブログでは紹介していませんが、近頃発売された歴史関係の漫画が立て続けに合わなかったんですよ。
タイトルとか書きませんが、一般モノも成年も。
何がどー合わない、というのは非常に説明し辛く、単にグチるだけになりそうだったので避けました。
その際にはある程度考えていた事もあったんですが、今回の「ショッキングピンク!」を読んでみて…ますます分からなくなりました
なんなんでしょうね。
で、結局のところ何が言いたいか。
”歴史ネタ漫画は、普通よりも肌に合う・合わないがはっきりと分かれる”
…たぶん。
漫画のアニメ化・実写化と同じようなことで、特に思い入れが強い人が見た場合は良し悪しの傾きがより大きいのだと思います。
当然と言えば当然か。
まぁ、お好きな方は気をつけてー。
ぶっちゃけ、読まないと分かんないところではありますが。

親の借金返済のため、朝から晩までバイト三昧な主人公「諸葛孝明(もろくず・たかあき)」
そんな彼の元へ、突然自らを「劉備玄徳」と名乗る女の子が訪ねてきました。
突然ですが私の軍師になってください!
あまりの胡散臭さに、無視した「孝明」
しかし、彼女が借金の肩代わりをしてくれたこともあって受け入れざるを得なくなり、妹という「関羽雲長」、「張飛益徳」らと奇妙な同居生活をすることとなったのでした。
その目的は「世界征服」とのことなんですが…ほぼえっちばかりの毎日となっていくのです。
だいたいそんな感じ。

劉備さん
※劉備さん
 面白い娘なんですが、後半出番が少なくなったのは残念。

三国志ネタのえっち長編。
前半は歴史との引っかけが多いですが、キャラが出揃った中盤から後半あたりではそちら重視。
ストーリーの流れがため、独自の設定も根付いていましたからね。
当然の判断だと思います。
なにしろ五虎大将軍の名をすらすら答えた「孝明くん」には、
うわ…三国志オタク…
とか言っていました。
散々に三国志ネタで引っ張り回していた「劉備さん」自身が。
(※ちなみに、彼女は5名のうち「関羽」、「張飛」以外は答えられていません。あれだけ勘違いしたようなのに…)

時代設定は現代の日本。
それと三国志の結びつけは、「諸葛孝明」=「諸葛孔明」に代表されるような、強引・勘違いによるもの
(※「劉備さん」ほかマトモに同じ名前の方々については別の理由です。いちおう伏せておきますね)
はっちゃけコメディーな漫画に仕上がっていました。
キャラの性格も史実とはバラバラなので、あまり気にしなくても大丈夫。
散りばめられていたネタについては、知っている人はニヤリとするだろう程度です。

いちおう「三顧の礼」っぽくなっていた1話目。
猫耳っぽい髪型な「劉備さん」がほぼ独走状態です。
さすがは漢中王(笑)
漫画で「孝明くん」はだいたい突っ込み役で、
そんなピンク色の故事じゃないと思うが…
のあたりが良いですね。
同居が始まる2話目。
借金を肩代わりしたほか、彼が住んでいたアパートを丸ごと買い取っていた「劉備さん」
いちおう4話目では仕事に出掛ける描写もありました。
ただ、なにゆえそこまで金回りが良いのかはいまいち不明。
巻末の武将列伝、さらに彼女の性格から察するに…おそらくマトもな仕事ではないんでしょうねー。

終始ボケ倒しており、「世界征服」だの「子作り」だのとツッコミどころ満載。
果ては「三馬鹿トリオか、オマエら!?
とか「孝明くん」から言われています。

独特なテンションの「関羽さん」は3話目、もっともマトもそうだった「張飛さん」の4話目。
登場キャラで最も大きいらしい、ポニーテールな「関羽さん」
なるほど、あんなラブホ(名前)はいかにもありそうで可笑しいですね。
オチ部分も良いです。
一方、妹ちっくな「張飛さん」にはとある秘密があったんですが…よくよく考えると、「三国志艶義/清水清」の「張飛」もそうした設定(おおまかには)でしたよ。

幼馴染み「十河素子」登場の5、6話目。
元ネタの性格をまるでなぞらえていない、「劉備さん」と彼女。
ここは色々と意見ありそうですが…個人的には良かったのではないか、と。
あまりモデルを引っ張り過ぎると、それこそ同じような、どっかで見たような感じになりそうですからね。
ただ、この漫画を対決に発展させてしまったのは、ちょっとはっちゃけ過ぎたかも。
新キャラ「錦場千代(にしきば・ちよ)」登場の7話目。
ここで「趙雲」とかでなく「馬超」をチョイスしたのは…やっぱりコメディー的にやり易いためかな。
(※ずっと馬ネタが続いてました)

関羽さん、張飛さん
※左:関羽さん、右:張飛さん
 もうちょっと彼女らを描いてほしかったなぁ。良いキャラなんですが。

ここでふと思ったこと。
けっこうバラバラと登場していたキャラたちですが、この「千代さん」を含めて全12話ではそれほど描ききれていなかったと思います。
ぶっちゃけ、正ヒロインたる「劉備さん」しかり、主要メンバーであるその一行、はたまた「素子さん」しかり…。
ページ足りないです。
こうした三国志ネタというのは、あの武将、この武将、と想像できるため、ある程度でも多くのキャラを登場させる必要があるでしょう。
そうすると…よほど効率良く進めない限り、キャラが描き込まれず、漫画としても薄っぺらいものになってしまうのではないでしょうか。
難しいですね。
ひでるさん好きな武将は登場してなかったですし。

続く8話からはお互い5名づつのエキシビジョンマッチになるんですが、ここからは特にそうした感じ。
いや、面白くは読ませて頂きましたよ。
派手ではっちゃけており、えっちシーンも豊富でした。
ただ、なんというか…無理矢理に引っ張って、半ば強引に終わらせたような……。
漫画としては、「素子さん」ほか十河家を完全に切り捨てて、「劉備さん」らだけで進めた方がまとまったように思います
特に「寿郁乃」・「悠」の2人とか、余計だったのでは。
そうした意味でも、人を選ぶのではないかなぁ。

お話については色々と書いてしまいましたが、絵柄は非常に完成度の高いモノ。
濃淡から描き込み具合まで適当なくらい。
丁寧で安定しており、むちっ・ぽてっとした胸は見事。
トーン処理でやや艶々していたものの、”思わず手を伸ばしたくなるような肌のなめらかさ”が表現されていると思います。
そこそこキャラの人数はあったものの、キッチリ描き分けもされていました。
ここについてはマイナス点ありません。
ただ、↓表紙・裏表紙のカバー絵。
タイトルがためにあーしたのだと想像されますが、髪から服、肌までが暖色系なのに、背景も赤というのは…べっとりし過ぎなのでは。
クドいですよ。
ちなみに、封入されていたカードは背景が白でしたけど、さして印象は変わりませんでしたが。
…単に塗り方かも。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵5: やや癖はあったものの、綺麗で安定してます。
・話3: うーん、考えた結果では平均点くらいかな。好みによって評価はまるで変わるかと。
・独4: 独特な漫画には仕上がっていたと思います。
合計:[12/15]

なお、某書店で購入すると、「ショッキングピンク没設定資料集」という小冊子がついてくるそうです。
巻末の「武将列伝」のような感じに、本編で登場しなかったキャラクターの設定集、だって。
うわ、それ見たかったなー。

ショッキングピンク! (ポプリコミックス68)ショッキングピンク! (ポプリコミックス68)
(2010/04/22)
ヤスイリオスケ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ポニーテール コメディー

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。