FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■バナナミルクセーキへようこそ (成田香車)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・むちむち
・おまけ: あとがき、カバー裏に解説とか思い出とか。
・その他: 短編×13。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「成田香車(なりた・きょうしゃ)」センセの「バナナミルクセーキへようこそ」です。

濃いタイトルですね(笑)
この時点からコテコテ・ドロリとした感じが伝わってきます。
実は、漫画中で洋食店の店名がタイトルになっているんですけどね。

そんな訳で、本日は「バナナミルクセーキへようこそ」です。
「成田香車」センセの漫画は…たぶんこれが初見だと思います。
あるいは、どちらか見てるかもしれませんが、はっきりとわかりません。

Wお姉ちゃん
※Wお姉ちゃん(左:「姉弟の庭」、右:「お姉ちゃんじゃないとダメ!」)
 シチュエーション的には、右のお姉さんでしょう。

表題の中編に短編群という構成。
紹介帯に、
いままで単行本未収録だった作品も4タイトル収録!!
とか書いてありました。
この、”いままで未収録”というのは、セールス的にどうなんでしょう。
個人的には、再販本でない限り未収録って当然のことと思うんですが。
(※逆に使い回しされている場合は、書いてないと不親切よね)
また、”いままで未収録”という単語からは、”既刊本からあぶれて残ってた”という印象を持ちます。
全然プラスイメージではないです。
そうした訳で、わざわざ文言として紹介帯にするというのが、よく分かんない。
おそらく出版社さんの意向だと思うんですが、どうでしょう?

さて、メインは表題作なんでしょうけど…ひでるさんが刺さったのは、”いままで単行本未収録”という後半に収録された短編群なのでした。

質感たっぷりのスクール水着がオススメな「姉弟の庭」
丸眼鏡のお姉ちゃんとの近親です。
姉弟ながら既に深い関係であり、あっさりえっちに流れていました。
迫力あるスタイルを無理矢理に包むスクール水着が素敵です
眩しいですね。
近所の人に見つかっちゃう
とかなんとか言いながら、そのまま外でしてしまうのでした。

なお、「お姉ちゃんじゃないとダメ!」も姉弟で近親ネタ。
性への目覚めな漫画です。
偶然それを目撃したお姉ちゃんが、優しくフォローしてくれるというもの。
あれはちょっと羨ましいですねー。
お姉ちゃん的には欲望たっぷりで、微妙に怪しげなところもありましたが。

妹「アヤさん」、叔母「ミツコさん」
※左:妹「アヤさん」、右:叔母「ミツコさん」
 収録でのお気に入りは「ミツコさん」お風呂でのえっちでした。

「終わらない夏」は兄と妹の近親。
どちらかというと、軽い「姉弟の庭」と違って重たいもの。
この2人は、両親の離婚で別々に暮らしていたんですね。
再会した妹「アヤ」さんはだいぶ成長しており、会った際には下着姿でした。
いきなり抱きついてきたりして。
あれは意識は持って当然ですよねー。
ついでに、もう1つ決定的な原因があり…前半は理性的だったお兄ちゃんのソレをふっ飛ばすには十分でした。
詳細はぜひ単行本でどうぞ。
局部から服の質感まで、非常に濃厚なえっちシーンが禁断の関係を盛り上げていました

「しゅがーみるく」は叔母「ミツコ」さんと「順」くん。
どういう切っ掛けかは描かれていませんでしたが、深い関係にある2人。
電話する背中から胸を揉んだりしても、
もうダメでしょ…
程度で済むようなもの。
しかも、出産直後だったので、えらく母乳が出ているのでした。
いいですね。
まさか…子供って、コイツが親じゃないだろうな。
こちらの作画はほぼ単色で、真っ白な原稿でした。
ただ、これはコレで一般えっち漫画っぽい雰囲気あって良かったです。

表題作「バナナミルクセーキへようこそ」は8話の中編。
主人公「一郎」は浪人生。
彼は洋食店「バナナミルクセーキ」を経営する、親類の家に下宿しておりました。
そちらは母「千春」ほか、長女「美冬」、次女「夏希」、三女「秋恵」…と、まさに女の城。
性格的に弱い彼は、立場的に強いそうした女性らに振り回れる日々を送っていたのです。
しかしある日の夜、風呂上がりの「夏希さん」に誘われてから~と、だいたいそんな流れ。

ドタバタ・ラブコメですね。
4話までにヒロインは一周し、5話以降は関係が入り乱れるようなタイプ。
それぞれ女性陣の立ち位置は変わらず、メインとなる娘は不在。
また、どちらかと言うとコキ使われていた「一郎くん」にも”憧れの女性”という、ターゲットはありませんでした。
ほとんどヒロインから迫られ、流されてえっちに至るというパターンなのです。
ラブな要素なく、お互い性欲をぶつけ合っているような感覚(笑)
成年漫画としては問題ないですが、8話も続く中編としてはストーリー弱いです

登場するヒロインらも、容姿・性格は当然異なるものの、キャラとしては弱め。
キャッツ・アイ」のように明確なタイプ分けもなく、目立っていたのはエロに傾倒していく三女「秋恵さん」くらい。
母「千春さん」を含め、4名もいながらスタイルが似たり寄ったりというのは勿体ないと思います。
1人くらい貧乳キャラがいてもよかったのではないかなぁ。
いちおう、それぞれ違ったシチュエーションによるえっちシーンであるとか、家族内で揉める、複数えっちに発展するなど5話以降の家族描写は面白かったですが…。
(※ちなみに、もう1人ヒロインがおります)

母「千春」・長女「美冬」・次女「夏希」・三女「秋恵」
※左から、母「千春」・長女「美冬」・次女「夏希」・三女「秋恵」
 連続話だったので期待したんですが…。 

また、主人公である「一郎くん」
漫画は、彼の目線にて進行していました。
導入部分ほか、あちこちに差し込まれているモノローグが特徴になっていました。
ただ、これが…キャラもあって仕方はないものの、非常にウザめ
どうにもなりません。
たぶん、ひでるさんが刺さらなかった最大の理由は、こちらだと思います。

強い線のこってり絵柄。
黒が目立ち、細かなトーン処理もあって濃淡では濃い目です。
コマ割りは細かく、増え・発生する擬音などのほか、キャラ絵が濃厚な原因でしょう。
幅広・縦長な輪郭で、全体的に幅広なむっちりスタイル。
目などの各パーツを比較的小さく描かれているので、顔が広く目立っているのでした。
収録で短編は時期に差があるらしく、ややバラバラしてます。
しかし、それも悪い落差ではないため、あまり気にしなくても大丈夫
ぶっちゃけ、ひでるさん的には短編の作画のが好みでした。
なんだろ、すっきりしてる(中編と比べて)というか。
判断については↓表紙などカラーでも概ね問題ないですが、裏表紙に大きなカット絵がありますので参考にどうぞ。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵4: 癖はありますが、よく描かれていました。各話の差もさして気にならない程度。
・話3: 短編と連続話で平均しました。
・独3: 近親ジャンルな短編はイイ感じ。そっちを連続にしてほしかった。
合計:[10/15]

中編は読み手によって大きく評価が変わるものだと思います。
お話にあまりこだわらないのであれば、いいかもしれません。

バナナミルクセーキへようこそ

バナナミルクセーキへようこそ (ワコーコミックス)


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ コメディー スクール水着

comment

Secret

そうですねぇ

そう、確かにこのネタで私服ばっかりというのは問題ですね。
自ら売りを捨ててしまっているような…。

短編は良かったんですが。

No title

どうも、初コメントさせて頂きますー。

この漫画、連載時にお店の制服でのHシーンが出ないかなー、と期待して読んでたのですが
全8話中、6話にしか無いんですよね…ガッカリしつつもちゃんと今回単行本も買ってみたら、
カバー裏に「面倒くさいから描く気なかった」とか・・・何か騙された感が今更になってじわじわとw

そういえば成田香車はワニマガジンから単行本出る筈だったに未だに出てませんね…どうしたんだろ
QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。