FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ほった。ん! (ほた。)

★まんがデーター [8/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■□□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・ラブコメ
・おまけ: あとがき、あとがき漫画、もくじ部分に4コマ、
     イラスト、ゲストページ、本邦初公開「これがほた。の正体だ!!」、
     カバー裏に漫画「妄想ナビゲーター日名子ちゃん」
・その他: 初単行本、カバーは特殊仕様、短編×10。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ほた。」センセの「ほった。ん!」です。

ずらりと登場キャラが並ぶ、1枚絵なカバーが非常に良いですねー。
購入した方は、ぜひ広げて見てみて
ちゃんと背表紙のところには、折っても違和感のないよう配置されていました。
ほかにも、折り返しを含めた5面分に、うまーくキャラが割り振られてます。
こんなん好き。
額に入れて飾っておきたくなりますね。
また、タイトルロゴだけつやっとした別素材になっているので、必見です。

いきなりざーっと失礼しました。
こちら「ほった。ん!」は「ほた。」センセの初単行本です。
ヒロインが集合した賑やかな↓表紙とは違い、単行本は全て短編という構成でした。

各話で差があったものの、絵柄としてはだいたい↓表紙の風情です。
そっちはいいんですが、問題はお話
コレが、非常に独特なものでした。
どちらか言うと、人を選ぶポイントはそっちかと思います。
スタンダードなラブコメえっちが好きな人は、考えた方が良いかもしれません。
正直なところ、ひでるさんは刺さりませんでした。

花火さん、蜜柑さん
※左:花火さん、右:蜜柑さん
 今回は比較絵としました。こちらは可愛くまとまってます。

傷心旅行で山中を彷徨っていたところを、兎耳の女の子「花火」さんに助けられる短編「白兎」
着物でウサ耳な「花火さん」
年中発情期、ということで、即えっちなのでした。
ファンタジーなお話ということもあってか、流れすっ飛ばしたようになってます。
復活したアレに喜ぶ様がやたらキュートですね。

眼鏡の「蜜柑」さんは無類のゲーム好き。
付き合う「早雄」くんはほったらかされており、思わずゲーム機を叩き壊してしまったのです。
その後、ピンチにタイミング良く駆け付けた「早雄くん」を「蜜柑さん」は受け入れるのでした。
「アケステ」は仲直りえっち話ですね。
ゲーセンでの、”負け続ける同じ奴”ってのは「早雄くん」だろうと思ったんですが…違うのね。
故あって、公園でのえっちがコンビニに舞台を移してからが本番。
ここはもっと早くても良かったかなぁ。

「旨い物は宵に食え」は、大食いタレント「井上」さんとマネージャー「賢介」くん。
↓表紙を飾る、ニット帽の彼女が「井上さん」です。
いわゆるアイドルではないところが、「ほた。」センセらしさかな。
ソーセージのネタがためか、あるいは欲望に素直という表現か…わかんないですが。
ちなみに、前半での台詞
ちゃんと見ててくれなかったのね
…は、記憶・注意力のテストみたいになりますので、ぜひチャレンジしてみて。

姉「みゆきさん」
※姉「みゆきさん」
 収録のうち、こちらのお話が良かったです。

ホステスの姉「みゆき」さんは、酒もタバコも駄目な体質。
しかし、お客さんとの話に夢中だった彼女はうっかりお酒を飲んで倒れてしまったのでした。
そんな訳で、弟「勇太くんに引き取られた「みゆきさん」は…と、短編「いんしすたー」はだいたいそんなん。

姉弟の近親漫画です。
必要以上なことは描かれていませんが、彼の学費・生活費をがんばって工面しているんだろうなぁ。
家事については「勇太くん」がきっちり担当しており、見ていて温かな気持ちにさせられる姉弟でした
そこそこ好きな事言っているようで、お互い気を使っています。
慣れた会話が良かったですよ。

眼鏡な「田之上」さんとの「Bibliophile」
図書室えっちですね。
脚立でパンチラ、落ちて顔面キャッチなど、お約束が再現されています。
ドストレートだったお話は、逆に驚き。
うーん、これはもう一歩足りないような感じがします。

カバーのイラストで背表紙部分を担当していた、喫茶店・店長さんの「眼鏡CAFE」
こちらも眼鏡ですね。
”可愛いけど眼鏡の趣味が致命的に悪い”
そんな店長さんの眼鏡は、旧漫画ちっくなぐるぐる模様。
ほら、「同級生2」の「加藤みのり」みたいな感じよ。
ああいったものは、漫符みたいなものだと思うんですが…そこをピックアップするんだ。
すげぇ。
当然ながら素顔は可愛らしく、故あって好みの眼鏡をかけさせると我慢できずにえっちへ突入していました。

春日部苺、書道筆絵
※左:春日部苺、右:書道筆絵
 後半です。ちょっと差があるのが難点。

ほか、「婚約者以上、恋人未満」は宮司「正史」くんと婚約者で巫女「明美」さんのラブコメ
子供っぽさを気にする「明美さん」でしたが…この2人はどれくらい年齢差があるのかな。
神社で普通に仕事している「正史くん」は逆ナンパされていましたが、実に変な光景ですね。
普通、ああいう風に宮司へ声をかけないのでは。
さほど美形でもないですし、格好良かったとしても場所と職業がそんなんですから。

「倒れるときはまえのめり」は、行き倒れ(※性格には空腹で座ってた)の「麻里」さんを拾った「慎吾」くんのお話。
こちらはユニットバスがポイントになってます。
漫画でそんなんをネタにしたというのは、記憶にないですね。
なお、こちらの2人はもくじの4コマにもなっているので必見。
余談ですが、ひでるさんの部屋選びで絶対に外せないところは、ユニットバスでないこと。
たまのビジネスホテルなら仕方ないですが、日常生活であれは絶対に嫌。
「苺と鼻血」は教師と眼鏡の「春日部苺」さんというカップル。
イチゴ好きという設定は…もしかして、ラストページのネタがためですかね。
書道部の武闘派「書道筆絵(かきみち・ひつえ)」さんの「LAZY FOOLS」
これは…なんだかよく分かんないですね。
このあたりの短編4話は時期が古いのか、ちょっと作画は厳しいです。

柔らかで濃い目な線の絵柄。
濃淡は適度~やや濃い目で、さほどコテコテとした描き込みはありません。
ただ、コマ割りが小さく、ページを目一杯使っておられ、かなりごっちゃりとしていました。
はみ出る、ぶち抜く、すき間なくなる…など、複雑です。
個性にもなっているんですが、ちょっと人を選ぶかもしれないほど
たゆんとした、コメディー向けなキャラ絵も同様。
素朴であまりえっちっぽくなく、一般漫画のような雰囲気があります。
ひでるさんは結構好みの絵なんですが、前述したように時期には差があるらしく、各話でバラバラとしてました。
不安定ですね。
巧さより”味わい深さ”のある絵柄は昔からのもの。
しかし、↓表紙から最近の原稿(たぶん)を経由してしまうと…やっぱり違いが目につきます。
迷った方は、次回単行本狙いのが良いかもしれません。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵3: 後半収録のためマイナスしましたが、可愛らしいものです。
・話2: 独特であるだけ、刺さり辛いと思います。
・独3: 非常に個性的でした。期待されるものか、疑問ですが。
合計:[8/15]

分からなくもないですが、これはちょっと違うかなぁ。
まだ1冊目なので、次に期待します。

ほった。ん! (富士美コミックス)ほった。ん! (富士美コミックス)
(2010/03/25)
ほた。

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー ラブコメ ファンタジー パンチラ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。