FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Japanese Preteen Suite (東山翔)

★まんがデーター [14/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・ロリ
・おまけ: 「Postscript(あとがき)」、作品解説、
     描き下ろし(たぶん)4コマ漫画「Daily Living of JPS」、
      カバー裏にカラー別絵、加筆修正あり。
・その他: カラー(6P)、短編×7(※全て同一世界)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「東山翔(ひがしやま・しょう)」センセの「Japanese Preteen Suite(ジャパニーズ・プリティーン・スイート)」です。

これが、日本の、少女。」(※紹介帯より)

そうなのかー、ってな訳で、「東山翔」センセの最新刊。
ブログで紹介した2冊目「Gift ギフト」の印象がやたらに強く、やっぱり連続話だよなーとかなんとか思っていたのです。
そこで3冊目「Japanese Preteen Suite」
もくじ部分に、なんだか初単行本「Stand By Me」と同じ短編ちっくな雰囲気があって…正直なところ、ちょっとがっかりしていました。
やっぱ、長い方がじっくり描き込まれていく気がするじゃない。
 ↑
そうした考えが、完全に間違いだったと気付いたのは、読み始めてからそう遅いコトではありませんでした。

コレは良い!

たぶん、現時点ではセンセの最高傑作というべき単行本に仕上がっております
いや、これが決して大袈裟なものでなく、本当にそんな感じなの。

常識的に考えて
※常識的に考えて
 この直後、見事に裏切られることとなるのでした(笑)

前回「Gift ギフト」では、メイン中編のヒロイン「亜紀ちゃん」が頑張って牽引していました。
(※短編もあるけれどね)
今回「Japanese Preteen Suite」は、6名の女の子になっています。
ヒロインのタイプは様々で、当然ながらシチュエーションは豊富。
それぞれのお話はオムニバスでしたが、全て同一世界でのお話なのです。
統一された時間の流れもあって、普通に読んで長編な風情でした。

前回の単行本より、また大きく門が開かれた感じ。
あまねく、広範囲なソレに、ばきゅーん★と直撃される方も多いことでしょう

さて、前述したように、共通世界での短編集。
各話でヒロインが変わり、その娘を中心としたストーリーが展開されます。
他キャラはゲスト的に顔見せをしてますね。
最終話では、こうした漫画のお約束で総出演エピソードになるんですが…複数で乱れたりすることなく、それぞれの相手と楽しんでいます。
そうした先人達にある意味教えられて~というのが、前後編の最終話「The Garden of Earthly Delights」の大雑把なところです。

冒頭話「The Three Question Marks」は「はづ」こと「葉月」ちゃん。
彼女が「お兄ちゃん」と呼んでいる、「裕樹」を含めた3名の男子とのえっちです。
実兄っぽくなく、一緒に登校していた描写などから察するに、近所のお兄ちゃんなのかな。
ちゃんとルールがあり、4名でえっちを楽しんでいました。
こちらのヒロイン「葉月ちゃん」は、髪を後ろで止めて、ポニーテールっぽくしてる娘。
媚薬プレイから続く、オモチャを装着してのでお買いものシーンが最高です。
必死に耐えつつ、じれったい周囲に毒づくあたり、「葉月ちゃん」の評価が急上昇でした。
3名の年上の男と付き合っているだけの感じが表現されていますね。
後半の複数えっちでは、”痴女”とか呼ばれていた実力(?)を発揮し、小さいながら前後でシテいました。
彼女はどういった切っ掛けで、こーなってしまったんでしょう。

雪乃さん、千里ちゃん
※左:雪乃さん、右:千里ちゃん
 「雪乃さん」がお気に入りです。↑上の右側も彼女ですね。

「Leucocyte」は「さなちゃん」こと委員長「真田雪乃」
ヘアピンが特徴の娘さんね。
多くのヒロインを押しのけ、彼女がカラーページをゲットしていました。
担任教師「照(あきら)」(従兄でもある)と付き合う「雪乃さん」
腕組んでいたところをクラスメイトに発見された際には、焦る彼に対して冷静に対処していました。
(※4名の中に「葉月ちゃん」の姿があります)
なかなか度胸もありますね。
そんな彼女への御褒美となる、路チュー場面が秀逸
チェック柄のスカートと色気ない下着もいいですね。
カラー原稿部分が゛初えっち、後半は2度め。
独りえっちからお口など、急速に経験値を上げてます。
寝起きのラストページではごく穏やかに女の子しているところが描かれています。

そちらに続く「Addiction」
前回ゲストだった「葉月ちゃん」ほかお友達の会話から始まってます。
…まるで誤魔化せてなかったですよ、「雪乃さん」・「照くん」
なにげにグループ内では”ウブ”と称されていた「葉月ちゃん」が可笑しいです。
今回のヒロインは、同じく知識ないとされていた「たけちん」こと「武智麻衣(たけち・まい)」さん。
みつ編み・の娘さんで、どうやら良家の子女である様子。
(※図書室では眼鏡をかけるほか、髪を下ろしているパターンもあります)
実は登場ヒロインの中でも群を抜くえっちさがあり、聞いた噂話をすぐネタにして、独りでシテいました。
…せめて、解散した後でやって下さい(笑)
いろいろと細かな計算をしてそんなんを隠しているため、仲間内では「葉月ちゃん」と同じく、えっち知識に乏しいと認識されてたみたい。
お嬢さまらしく、なかなかしたたかですよ。
またまた噂となっていた、”リコーダーを舐める”という行為に開眼。
教室へ一番乗りした彼女は間接キスどころかトンデもない事をしており、その後の出来事を妄想してさらにネタにするなど、なかなかレベルの高いことをしてました
頭良さそうですもんねー。
持ってきている膝かけは、授業中にするためのアイテムみたい。
たいした変態っぷりです。
この娘の将来がちょっと心配。
クラスメイト「高橋啓太」くんに朝の行為を目撃されていた、というのがこちらのメイン。
ポーカーフェイスだった「武智さん」のくるくる変わる表情をご堪能下さい。
ちょっと引くくらいにえっちな娘です。

スポーツ少女「和泉楓花(いずみ・ふうか)」ちゃんとお兄ちゃんという近親モノ「Pooka」
弟と勘違いされるボーイッシュな娘さんなんですが…基本としては、ひでるさん好きな短編「こんな感じで、いく?(※「鬼束直」センセ)」と同じく、
”酔った勢いで妹とえっちしちゃった”
という後日談なストーリー。
都合良い事に、両親が出掛けて2人っきりとなった「楓花ちゃん」と一緒にお風呂へ入るのでした。
久しぶり~だそうですが、色々と考えてるお兄ちゃんがいい感じ。
果ては、
一回も二回も同じだろ
ってな具合にばっちりシテしまうのでした。
この話、単にそれで終わらなかったのが、ひでるさん的には絶妙
な、なるほどー!
そんなえっちっぽくない印象だったのに、冒頭のバスケシーンからひっかけに感じますよ。
なお、冒頭に「葉月ちゃん」・「武智さん」の姿がありましたが、「楓花ちゃん」とはお友達ですが別の学校(茜北)みたい。

葉月ちゃん、武智さん
※左:葉月ちゃん、右:武智さん
 ヒロイン中・トップ2というべきエロい2人です。「武智さん」はやや重症(笑)

いきなりぱっくり咥えてるシーンから始まる「Flim」
ツインテールの「千里」ちゃんです。まつおかちさと
前回の「楓花ちゃん」ほか、次のお話にてメインとなる「大原紀子」さんが登場しています。
あっさり兄との関係をぶっちゃけていた彼女にびっくり。
そりゃ、「紀子さん」も倒れるわね。
彼女のお兄ちゃん「悠太」は今回ヒロインの「千里ちゃん」と付き合っており、倒れる直接原因は舐めてるとか、お尻とかそんなんでしたが(笑)
舐めてはいたものの、「千里ちゃん」らはいちおう健全(?)なカップル。
しかし、「楓花ちゃん」のお尻情報にときめいた彼女は、”それならいいのではないか”、ということで、方法を模索するのでした。
ネット検索を目撃されるのは恥ずかしいなー
そんなんでも当人としては真剣そのもので、思わず泣いちゃうあたりが可愛いですよ。
下着履いたままのお尻えっちも良かったです。
絶対おかしい!!
とか言ってましたが。

前後編という最終話「The Garden of Earthly Delights」は「紀子さん」
6名のヒロイン+男性陣(※8名)で、「武智さん」の別荘へ滞在するというもの。
(※8名のうちわけ:「葉月ちゃん」トコ3名・「楓花ちゃん」の兄、「紀子さん」の兄ほか、それぞれカップル、もう1人が今回の相手「真治」くんですね)
簡単には、「紀子さん」の初恋話ですね。
もっとも安心して見ていられる、普通の娘さんでした。
後日談の4コマも良い感じです。

そうしたメイン部分もいいですが、やっぱりこちらはそれぞれのキャラの再登場・交流部分
2週目が楽しい漫画ですね
じっくり読んで、隅々まで見てみて。
彼氏がためか、別人のようにはっちゃけている「武智さん」がちょっと意外。
おもろいですが。
個人的には、ばっちり日焼けして跡が残っていた「葉月ちゃん」、「楓花ちゃん」らが良かったです。

しつこさのない、すっきりとした絵柄。
線は強く丁寧で、濃淡は適度なくらいだと思います。
白のがやや目立つかな。
そこそこごっちゃりしていたものの、乱れ・崩れはなく見やすく綺麗。
安定感がありました。
漫画・コメディーっぽさが前面にありながら、人間心理の機微についても的確に表現されてます。
人物絵はふんわりとしたバランスの肉付き加減。
過剰ではない、素朴な可愛らしさがありました。
「東山翔」センセはカラーでなくて白黒絵かなぁ。
判断は、紹介帯裏のカット絵が良いでしょう。(※やたら小さいですが)
ちなみに、今回のカバーはえっちっぽさなく、店頭でなかなか手の出し辛かった方にも優しいつくり。
あ、未成年の方は買わないように。


【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・たまにぺったり平たくなり、気になる人がいるかもしれません。個人的には十分でした。
・楽しく読み応えのある1冊です。長編みたいな風情ですよ。
・お話・えっちのバランス良く、シチュエーション豊富でした。6名にしたのは正解だと思います。
合計:[14/15]

あくまでも漫画のキャラクターで、アンリアル(だよね)ではあったものの、あちこちの描写がやたらリアルです
こんな漫画はそう滅多に見れません。

あ、漫画の紹介文に、
絶対に現実じゃないけど、圧倒的にリアルな6人の少女たちが今、ここに居る
…とかなんとか、そっくり同じような事が書かれていましたよ。
やっぱりそう思いますよねー。

Japanese Preteen Suite (TENMAコミックス LO)Japanese Preteen Suite (TENMAコミックス LO)
(2010/03/26)
東山 翔

商品詳細を見る

 

★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー ツインテール ポニーテール

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。