FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■少女素数 (長月みそか)

★まんがデーター [15/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■■
・属性 : 少女・双子
・おまけ: あとがき漫画「少女素数が出来るまで」、搗栗邸断面図、
      「Q蒼井って誰?」、カバー裏に別絵、合間にネタ絵。
・その他: 折り返しにコメント、9話収録、現在1巻まで発売中。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「長月みそか(ながつき・みそか)」センセの「少女素数 girls prime number 1巻」です。

実に特徴的なので、漫画はなくともどちらかで記憶にある絵柄ではないでしょうか。
そんな「長月みそか」センセの漫画です。

正直なところ、名前をしっかり認識したのはこれがはじめて。
イラストな方なのかなーってずっと思ってましたが、漫画とかそんなんのほかに、なんと普通にデザイナーのお仕事もされている様子
うわぁ、大変ですねー。
デザイン事務所というのは、相当に経営が難しいと聞いたことがあります。
(※大口の常連客がいるかどうか、がポイントなのだとか)
くれぐれもお体には気をつけて。

あんず・有美・すみれ
※あんず・有美・すみれ
 少女素数ヒロインズ、です。「有美ちゃん」も結構出番がありました。

そう言えば「HR~ほーむ・るーむ~」が「長月みそか」センセですね。
記憶にあるのはこちらがためかな。
冒頭にてひでるさんは”特徴的”と書いてますが、強い癖があまり得意ではない感じだったの。
えー、長めな輪郭と丸い顎のソレです。
そんなんなのに、なぜ「少女素数 1巻」が手元にあるかというと、月中で発売が少なかったためと、白く綺麗な↓表紙が目に入ったから。
いい↓表紙ですよね。
ふんわりと足が透けているのもなかなか素敵(笑)
ちょっと試しに読んでみよう、とか思ったのでした。

中学生の「搗栗(かちぐり)あんず」、「搗栗すみれ」はハーフな双子。
造型師で家にいることの多い兄「搗栗富士夫」にべったりで、まだお風呂も一緒に入るという関係でした。
簡単ですが、そうした3名を中心とした、”女の子の日常”的な漫画です。

舞台は海が近い町。
なかなか年代モノっぽい搗栗邸ほか、周囲の家・店や差し込まれるセミの描写など、どことなくノスタルジーちっくな風景が広がっていました。
さしてコレという事件なく、明確な目的・目標なく、穏やかな時間がゆったりと過ぎていくような感覚です
いちおう小学校で同クラスだった「田中博」、「蒼井有美」らとの可愛い恋愛関係も描かれておりますが、特にそんなんがメインという訳でもありません。

搗栗あんず
※搗栗あんず
 金髪な「あんずちゃん」です。お祭りの6話が必見。

あとがき漫画にて述べられていましたが、これは
徹底的に女の子を可愛く描いた漫画
…になるでしょう。
「あんず」・「すみれ」らの日常生活をかいつまんで眺めているような感覚ですね。
こうした明確なメインストーリーのない漫画にて、次がどんなか気になるというのは、もの凄いことだと思います。
ゆったりと丁寧に思春期な女の子の心理が描かれてました。

髪の毛の色以外、見分け付かないようだった双子。
読み進めるごとに、そんな彼女らが”完全に別人として感じるようになる”から不思議です
(※ちなみに、双子の超感覚について描かれてもいません。彼女らは二卵性双生児という台詞があります)
派手さはありませんが、ぐいぐいと物語世界へ引っ張られること請け合い。たぶん。

「有美ちゃん」ちの船で遊びに出掛ける1話。
特に説明なく、搗栗家から周辺状況までが理解できるようになってます。
妹らに、何らか感じるところがあるというのをはっきりと認める「お兄ちゃん(富士夫)」が凄い。
妖精とかファンタジックに例えていましたが、さすがは造型師ですね。
明確な目的・目標なく~とか、さきほど書きましたが、こちらのラストページでの台詞はその部分にあたると思います。
お風呂が一緒だと判明する2話。
それでいて下着が恥ずかしいというのは、女の子ですね。
ここで気になったのは、なくなった「すみれちゃん」の下着。
「ぱっクン」こと「田中博」の持っていた紙袋に入っていたんですが…あれどのタイミングで混入したんだろう。
何回もコマの隅とかを見てしまいましたよ。
合間のネタ絵ではドライヤーで乾かしていましたけど、彼がどうしたのか見てみたいですね。
親に見つかったりして大騒ぎになったりして。
またこの日は雨が降っているんですが…「長月みそか」センセ、雨シーン巧いですねー。
「あんず」・「すみれ」らが別行動を取るという3話。
なるほど、きっちり異なりますね。
1話でもありましたが、このあたりから明確に別人として見えるようになると思います。
ふたりじゃない時は全然違うんだよな
というのは彼女らに限ったことでなく、その通りでしょう。

搗栗すみれ
※搗栗すみれ
 碧眼の「すみれちゃん」です。彼女はやっぱり3話かなぁ。

4話目から7話目までは「すみれ」・「有美」・「博」という三角関係がピックアップされてます。
その切っ掛けとなるのが、4、5話での海水浴ネタ。
「お兄ちゃん(富士夫)」も来るとはいえ、女子3名の海水浴に誘われる「ぱっクン(博)」
うお、羨ましい。
水着選びの4話では、「有美ちゃん」の白ビキニに注目です。
やっぱりアレ買わないかー。残念。
また、ここは本編よりもばっちり日焼けしたらしい「すみれちゃん」が気になるところでした。
(※次に登場する時には戻ってしまってるのよ)
二手に分かれた、お盆の6話。
「あんずちゃん」と「お兄ちゃん(富士夫)」という、初の組み合わせです。
お祭りに出かけているんですが、こちらの描写も見事なものでした。
雰囲気たっぷりですね。
ぎこちないそれぞれから仲直りまでの7話も、非常に良かったです。
詳細は伏せておきますね。

8話はほぼ「あんず」・「すみれ」という2人のみでの進行。
冒頭の寝起きシーンが好きです。
新キャラ「桐生梗子」登場の9話。
こちらが収録では最終なんですが…ラストまで異常なほどまとまり良く、「これで完結か?」というくらいのお話。
そんなんなので、逆に次がどうなるのか気になります。
まだ続くということで…いいんですよね?

しっかり、丁寧な作画。
テカテカとしていない、落ち着いた色のデジタル絵で、濃淡はやや強め。
さすがに背景とか小物の描写は正確でした
写実的なそれに、うまーくキャラが合致してます。
前述しているように、人物絵は丸くデフォルメの強い、かなり個性的なもの。
単独でイラストとして見ると気になるものの、お話として読んだ場合は意外にすんなり受け入れることができました。
動き・台詞と共に描かれているというのもあると思いますけど、これはやっぱり漫画が巧い証拠ではないでしょうか
非常に良かったです。
やっぱり実際に見ないと判断できないものですねー。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・癖はあるものの、それを補って余りあるほどの巧さがありました。
・次が気になる漫画です。じっくり読むと、細かく楽しいでしょう。
・あちこち丁寧に描かれています。単行本としてまとまりも良かったです。
合計:[15/15]

ジャンル的に好みはあるでしょうけど、1巻はまったく隙がありません。
びっくりしました。
初単行本の成年系「あでい いんざ らいふ」も探してみようと思います。

少女素数 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)少女素数 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
(2010/03/12)
長月 みそか

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ノスタルジー

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。