FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■俺専彼女 (小暮マリコ)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・むちむち
・おまけ: イラスト。
・その他: カラー(8P)、短編×9。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「小暮マリコ(こぐれ・まりこ)」センセの「俺専彼女」です。

相変わらず良いむちむち具合でしたよっ!

そうした訳で、ふんわり・柔らかな肉付き感が抜群という、「小暮マリコ」センセの単行本。
こちらのブログでは、「コイノハナ」、「夕立が止む前に」という2冊ほか、「ジェームスほたて」名儀の「サニーサイドアップ」を紹介しております。
過去には「高橋くるみ」というお名前もありましたが、現在は一般・成年でそれらを使い分けているみたい。

さて、今回の「俺専彼女」は全て短編による構成。
読後感の良いラブコメちっく話で、学生さんが多め。
メイド服や白スクール水着などがカラー原稿にて描かれるという、なかなか見逃しがたい1冊に仕上がっています。

メイド「依子ちゃん」、夏生さん
※左:メイド「依子ちゃん」、右:夏生さん
 やっぱりこの2話ですね。「依子ちゃん」が良かったです。

そんな訳で、収録でもっともお気に入りなメイドさん短編「夜伽のススメ」
ごく普通のサラリーマン一家に育った、主人公「北村一臣」
学年では1つ下という「川上依子」は、出会った時から”自分付きのメイド”という仕事が与えられていました。
彼女の川上家は、なんらかの恩を北村家に受けたということから、家族総出になってお世話をしているのです。
当然、かしずかれることに慣れていない「一臣」は普通に好意をもって接していたんですが…
今夜から依子が夜伽にうかがいます
初潮を迎えて1人前の女性になったという「依子」は自信満々にそんな事を言い出したのです。
だいたいそんな感じ。

幼馴染みのような、可愛いメイドさんとのドキドキ・ラブコメという漫画。
そのなんたるかを徹底教育されてるらしい「依子ちゃん」は、超メイド脳というヒロインです。
夜伽は当然のこと、ようやく夜の相手が満足に出来るようになった自分を、素直に喜んでいるのでした。
普通の笑顔で、お慰め~AFだの緊縛だの、果てはフィストだ、浣腸だと、街中でつらつらと喋っています。
うわぁ…。
この象徴的なシーンは「小暮マリコ」センセなので、まだ”キュートな非常識っぷり”というように見えます。
ただ、もし描き手が別の方だった場合、ちょっと恐怖に感じるかもしれませんねー。
またこの場面にて、”彼女からえっちを申し出てラッキー”ではなく、「一臣くん」は仕事として扱われる事に嫌悪感を持つのです。
お世話は当然と考える「依子ちゃん」に普段は好きなようにさせていたものの、結局使用人という感覚はまるで持っていないのでした。
ラブラブなのですよー。
いいなぁ。
そうした2人の微妙なすれ違い具合が楽しい漫画なの
何しろ、生まれた子供の乳母をしつつ、夫婦のお世話を一生続けること…が「依子ちゃん」の夢でしたからね。
ここで言っている「一臣くん」の結婚相手は、当然ですが自分ではない誰かです。
見た目ではちんちくりんな彼女でしたけど、ある意味プロフェッショナルと言えるでしょう
様々なAVにて事前勉強をした~という部分も注目下さい。
幼少期の2人からオチ部分までピッタリと決まっており、もう2、3話ほど別シチュエーションでの2人が見たいです。

単行本の中頃に収録された「白色は正義」が白スクール水着な短編。
新学期、従兄「よしくん」が先生となり、浮かれる「夏生」さん。
しかし、学校では無視されるほか、女子校なために狙うライバルも多く、母親に愚痴っておりました。
そうした中、隙を見せない堅物な彼を落とすべく、クラス総出で水着(※)のまま授業を受けることとしたんですが…
うっかり漂泊しちゃいました
という母がため、「夏生さん」の水着だけ真っ白になっていたのでした。
(※正確には、上半身はセーラー服のままなので”セーラー・スク水”という状態です)
だいたいそうした流れ。

クラス総出で水着というのは、毎年・夏の恒例行事だそうです。
忘れましたが、どっかの漫画でもそうした描写がありましたねー。
母親に似た「夏生さん」は巨乳で、もともとむっちりとしたスタイルなんですが…あの白スクール水着はかなりヤバい感じ。
プールに入った途端、スケスケになってました。
ここはカラーでも描かれているので、お楽しみに。
「夏生さん」のお母さんは作戦勝ちですね。

先輩「青葉さん」
※先輩「青葉さん」
 こんな感じです。小さいのに大きいのでした(笑)

特に関連はないものの、表題に近い”彼女”という単語のつく3話、「絶対彼女」、「ちいさい彼女」、「明日の彼女」
うち「絶対彼女」はどことなくツンデレちっくな上級生「青葉」さん。
出席番号19番という「吉岡」くんは、見知らぬ先輩「青葉さん」から突然告白をされたのでした。
男女比、定員もほぼ一緒という学園なので、男女の出席番号が重なるというのは珍しく、そうしたカップルを運命の恋人と言っていたのです。
男子のうち出席番号ラストだった「吉岡くん」は、そうした幸運がため2年生でもトップクラスと言われる彼女と付き合うことになったんですが…というもの。
小さめで、ふんわりした髪がどこぞのキャラっぽい「青葉さん」
(※よくよく見たらメロンパン食べてますね。…確信犯かなぁ)
デレの感覚のが大きいツンデレで、ベタな言動が心地よい方でした
だいぶ「吉岡くん」のが気を使ってましたね(笑)
なんのかんのと言いながら、えっちにも彼女のが積極的・段階的にスケジュールしていました。
3年生の「赤井」さんもどんな人だか、見たいなぁ。
コレ、もう1話描けるのでは?

「新しい朝」はスパッツ描写もある漫画。
進学を控え、今では部活動もなくなっていた「足立」さん。
何となく落ち着かない彼女は朝走ることとしていたのです。
顔からして不確かであったものの、どうやら同じ部活だったらしい「松園」くんと偶然に出会った「足立さん」は、退屈を紛らわせるためとある提案を受け入れたのでした。
下はいいとして(笑)、ブラはやっぱりしたのがいいなぁ。
つい先日に、そうした事例を紹介してます。
だいたい「足立さん」は必要以上に大きいのだから。
ずっと触られるだけだった彼女が、自らキスをするあたりが秀逸。
可愛いですね。
彼女はスパッツを穿いているのでそのあたり、また脱いだ時のアップが素敵です。

「ちいさい彼女」はそちらの2人よりもさらに身長差のあるカップル。
いつも「山田一」くんにとっついてくる、コバンザメのような先輩「リサ」さんはミニマムな女性。
相撲取りと付き合うアイドルだっているんだからっっ
そんな訳で、「リサさん」のがんばり物語です。
体格差あるカップルの漫画はちらほら見かけますが、こうしたネタは珍しいかな。
要するに…「エルフの若奥様/カズマG-VERSION」と同じ系統ですよ。
「明日の彼女」はえっちDVDから始まる恋愛話、みたいな風情。
まぁ、現代ファンタジーですねー。
ああしたシチュエーションは男性にとって憧れと言えるでしょう。
よく分かってなく、いきなりお尻に手をかけた「深田」さんが良かったです。

唯さん、遙さん
※左:唯さん、右:遙さん
 キャラとしては「遙さん」がお気に入り。

ほか、年上な女性「唯」さんの短編「秘密」
ちょっとした事情がため、「洋司」くんの家に居候している「唯さん」
漫画はややはっちゃけ気味な、テンション高い彼女のラブラブ描写で牽引しているんですが…タイトルのアレは、なかなかに深いもの。
そのちょっとしたポイントによって、単なるラブ話とは異なる緊張感がありました
これも良かったです。
柔道一家の1人娘「雪」ちゃんのお話「今日は特別!」
いつも口が悪く、すぐに手・足の出る彼女。
友人が評して「猛獣」という「雪ちゃん」でしたが今日は大人しく、さては怒らせたか?と勘繰る「京助」くんなのでした。
とある理由で、要するにデレな彼女のお話ですね。
「となりの不思議ちゃん」はちょっと変わったヒロイン「沖遙」さん。
運動も勉強もできる彼女。
しかし、授業中は寝てるだけ、また女子とも親しくする様子なく、ただ「ともはる」くんにべったりなのでした。
徹底して彼に従う様がやたら可愛い「遙さん」
後夜祭を一緒に出ることを断わられてしまった彼女の、その後の言動が秀逸です。
「ともはるくん」、気付くの遅いなぁ。
普段の抑えたテンションとえっち時の差がまた良い感じ。
静かにそっと傍に来るあたりは猫のようでした。

強い線でこってり風味な絵柄。
描き込みとしては適度なくらいですが、濃淡は濃いめ。
これは上でも書いた登場ヒロインのスタイルも影響しているでしょう。
コマではなく絵自体がだいたい大きめに描かれ、画面賑やかでもさほど見辛くは感じません。
人物絵は幅広な輪郭に大きな目という、可愛いバランス。
わざわざここで書くまでもない、豊満な胸、むっちりとした腰まわり、パンパンな太ももが最大の特徴です。
そんなスタイルが、「小暮マリコ」センセの描かれるキュートなキャラと合致して、他ではあまり見られない独特な魅力を発揮しているのです
前述しているように別名義で一般漫画も描かれていますが、センセはなんというか思いきったえっち描写のある成年系のが絶対にオススメ
むちむちしたのが嫌いでなければ何の問題もありません。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・好みな絵柄です。以前より安定感が増したように感じます。
・いかにも「小暮マリコ」センセらしい、可愛いラブコメでした。
・相変わらず、徹底したむっちりヒロインが魅力的です。
合計:[13/15]

巻末はあとがき…ではなく、登場のキャラが横一列に並んでいるというもの。
これで4ページ分です。
ええー、という感じ。
また残りの3ページは、雑誌紹介と既刊単行本でした。
むぅ、既刊単行本は折り返しにもカラーがあったので…ざっとでいいから、センセより一言ほしかったなぁ。

俺専彼女 (MUJINコミックス)俺専彼女 (MUJINコミックス)
(2010/03/05)
小暮 マリコ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ スクール水着 サラリーマン スパッツ ファンタジー

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。