FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■とこセン TOKO-SEN (まひるの影郎)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・コメディー
・おまけ: 描き下ろし「床術指南書」、
      描き下ろし「とこセン~卒業~そして…」、
      カバー裏にカラー漫画「お坊ちゃまの華麗なる日々」
・その他: 短編×9(うち「とこセン」×5)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「まひるの影郎(まひるの・かげろう)」センセの「とこセン TOKO-SEN」です。

良い↓表紙ですね。
胸の形良く、いかにもなんらかが始まりそうな、シナリオを感じます。
色やタイトルとのバランスも適当です。
そうした表題キャラ3名による↓表紙・裏表紙もいいんですけど…実は、こちらでオススメなのは中表紙・もくじ絵。

収録ヒロインがずらりと並ぶカラー2ページ部分は、連続絵になっているのです。
葛飾北斎」ですねー。
記念撮影のような前半ページとは異なり、もくじの含まれる後半ページにはタコが登場
皆と触手えっちになっているのでした。
よーく見たら、前ページにて「ひより」さんが座っていたのがタコ壷でしたよ。
あー、ひっくり返したでしょー。

宮坂こずえ、菊園紗羅
※左:宮坂こずえ、右:菊園紗羅
 いろいろとキーワードを持ち、キャラとしては「紗羅さん」のが上ですね。

さて、そんな訳で「まひるの影郎」センセの最新刊「とこセン」です。
こちらでも紹介しました「妄想エキス」に続く2冊目の単行本。
前巻と同じく描き下ろしページは豊富で、どちらも表題作と絡んだもの。
ただ、その分あとがきがなかったですねー。
やっぱりセンセ自身の一言を頂きたかったので、ちょっと残念。
収録はそうした中編と短編で半分ずつくらい。
ジャンルとしてはコメディーになると思います。

表題作の「とこセン」
基本的には4話、それと描き下ろし「とこセン~卒業~そして…」でもう1話。
そちらは奥付ページまで続きます。
後述しますが、もう1つおまけの描き下ろしページがありました。

教師「床間(とこま)」は伝説と言われる床教師の息子さん。
上級の教育に定評がある女学園でしたが何名かの問題児を抱えており、学園長は彼を召喚してその教育を依頼したのでした。
普通に教育をしたいと願っていた彼でしたが、現在無職というぶっちゃけた弱味もあり、それを承諾することとなるのでした…。
だいたいそんな感じ。

コメディーえっちな漫画。
各話にヒロインがおり、4話目は集結話というスタンダードな構成です。
メインは持ち回りでしたが登場キャラは次の話でも顔を出しており、どんどん増えていくという特徴がありました。
全編馬鹿馬鹿しい感じでしたが熱さもあり、それが相乗効果となっています

1話は”男性に対して極度な上がり症”という「宮坂こずえ」さん。
↓表紙を飾っており、極端ではない無難な容姿。
また、最初から登場することで自然と出番は多く、扱いから考えると正ヒロインっぽい彼女。
(※3名で並ぶ場合もたいてい中央でした)
指導室でのアレはなかなか恥ずかしい感じです。
だいたいはいいんですが、すぐに目線を合わせてしまったのはちょっと残念。
たぶん、そちらの抵抗が最も大きいのではないかなぁ。
当初は目隠しのまま、とかのが自然に思います。

2話は”人に興味がない”という、ドリル・ツインテテールな「菊園紗羅」さん。
容姿の可愛らしさとは反する、無表情なロリちっくキャラですね。
ぼそっと告げる一言が辛辣で、見ていておもろい彼女。
それだけに、えっちへ簡単に流れてしまったのが勿体ないかなぁ。

3話目は”床の授業を憎んでいる”という「城崎茉莉花」さん。
ヒロインは2人ストックされ、いままでとは異なる学園長との冒頭。
そんなんを目撃した「茉莉花さん」曰く、
いい加減にしなさいよ!!所構わず不潔なっ
…まぁ、彼女のがめっちゃ正論ですわね。
そうした彼女には秘密があるのでした。
文武両道で木刀を振り回すという難攻不落っぽい彼女なんですが、それがため実は最も安易に陥落するのでした。
「床間くん」も言ってましたが、あんなんは素晴らしいものだと思いますよー。

そして集結する4話目。
それぞれとのえっちもいいんですが、やはり縦に3段重なった所が迫力満点です。
描き下ろし「とこセン~卒業~そして…」はタイトルそのままですが、彼がどうなってしまうのか、お楽しみに。
各話のヒロインとは別に、毎回相手をしている学園長さんもえっちで面白いですね。
あの人、えっちしてないと喋れないのでは(笑)
創始者の銅像前でしていた2話が好きです。
折り返しにはカラーで全身絵が描かれてましたけど…凄いえっちな格好なのね。

床術指南書
※床術指南書
 コレです。彼女らの服装は↓表紙・裏表紙と合わせていました。

そうした本編もいいんですが、こちらの単行本の最大の売り(かもしれない)のは、もう1つの描き下ろし「床術指南書」でしょう。
床術とは 技術に非ず 愛術なり
…と、いうことで、一連の流れの指南書ちっくなページです。
多すぎない説明テキストと共に、先の「とこセン」キャラたちがそれを実演しているのでした。
こんなん大好き
ブログでちらほら書いているPCゲーム「月花美人」にあった縛技みたいで、ぶっちゃけ本編よりも楽しめました
これらが本編と絡められていれば最も良かったんですが…。

300年という歴史を持つ豪商・東堂家の息子「東堂大輝」くん。
血縁でも関係なく家事を手伝い、社会勉強をするという教育方針で、「大輝くん」には教育係としてメイドの「蘭子」さんがつきっきりで教育していたのでした。
そんな短編「教育係の蘭子さん」

セオリーなメイド像を打ち砕くような彼女。
「大輝くん」にラブラブで、部屋にはこっそり彼のグッズをずらりと並べておりました。
日常では、そんな雰囲気を微塵も見せないんですけどねー。
そうした感情を押し殺しているというのは、さすがプロフェッショナルですね
似てますが、そんなんが「かりんさん」とは大きく違う所い゛しょう。
(※「メイドさんは女王様/内村かなめ」)

どーでもいいですが、「蘭子さん」は変な趣味ばっかなんですね。
変な道にお坊ちゃんを引き込まないように(笑)
なお、カバー裏のカラー漫画「お坊ちゃまの華麗なる日々」もこちらのネタです。
本編の後日談で…ああ、もう手遅れな感じでしたわ。

「コタツ・ラボ」は姉の友人「ひよりさん」との期待通りなコタツえっち漫画。
思わず「ひよりさん」のお尻を触ってしまった「一馬」くん。
しかし、その後も普通に遊びに来た彼女を見て、直感したのです。
”コタツは人をHにする”
そんな仮説を確かなものとするべく、「一馬くん」は「ひよりさん」にえっちな事を続けるのでした。
だいたいそんなお話。
やっぱりこうあるべきですよねー。
我慢する「ひよりさん」が良いです。
感情はともかく、どうやらプレイを気に入ってくれたようでした。
際どいギリギリ感がもうちょっと欲しいようにも思いますが、コタツにこだわった描き方で楽しめました。

城崎茉莉花、メイド「蘭子さん」
※左:城崎茉莉花、右:メイド「蘭子さん」
 見事なバスト・キャッチです。でも…「大輝くん」は背中から倒れた筈なんですが。

「遙」、「楓」というWヒロイン短編「パニック・ホール」
お嬢さまな「遙さん」に見初められた「拓海」くん。
その扱いは下僕同然で、また姉のものを何でも欲しがる妹「楓さん」もちょっかいを出してくるため、振り回される毎日だったのです。
その日も海でバイト中、突然ヘリで拉致された「拓海くん」はプライベートビーチまで連行されたのでした。
貧乳ショートカットな「遙さん」はスポーツ少女ちっくなんですが…泳げないのね。
よくジェットスキーなんて乗ってるなぁ。
彼の取り合いでゴムボートに穴が空き、それを押さえて身動きとれない2人が普段の鬱憤を晴らされてしまう展開。
そうは言っても、「まひるの影郎」センセ。
暗いモノではないのでご安心を。

「サルサバイバル」は飼育員な短編。
収録では最もコメディーちっくかな。
短パンの「風花」さんがむちむちとして素敵でした。
眼鏡でなかったのは残念な人がいるかもしれませんねー。
ラスト後の彼女がなんだか気になります(笑)

強い線のすっきりな絵柄。
適度なくらいの濃淡で、見易いタイプだと思います。
安定感に優れ、またさくさくとテンポ良く進んでいました。
あっさりでなく、えっち過ぎないという描写で幅広い支持を集めそうです。
縦長な人物絵で、ふわふわしてそうな健康的な肉付き
いい丸みです。
強すぎない個性で雰囲気も良く、やっぱり守備範囲は広めかと思います。
カラーとはまた異なりますが、だいたい↓表紙・裏表紙の判断で良いでしょう。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・大きな偏りなく、安定しておりました。もっと巧くなるのではないかなぁ。
・設定が良いだけ、「とこセン」はもう2、3歩欲しいように思います。
・収録の「床術指南書」がお気に入り。次への期待も込めました。
合計:[11/15]

メイド「蘭子さん」も良いキャラでした。
色々とシチュエーションもありそうなので、連続話で再度トライしてほしいですね。

とこセン (メガストアコミックスシリーズ No. 250)とこセン (メガストアコミックスシリーズ No. 250)
(2010/02/25)
まひるの影郎

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー ツインテール ショートカット 葛飾北斎

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。