FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■チュー学生日記 (岡田コウ)

★まんがデーター [15/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・ロリ
・おまけ: カバー裏にあとがき・作品解説・別絵、
     描き下ろし「日曜日」、加筆あり。
・その他: カラー(8P)、短編×9
    (うち「彩・弥生・佳織シリーズ」×7、「ゆか・ゆまシリーズ」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「岡田コウ(おかだ・こう)」センセの「チュー学生日記」です。

アマゾンに掲載された時から密かにチェックしていましたが…
あの↓表紙はいいですよね!
着替えシーンというのはいつ見ても心躍ります。
あれは、制服と共にめくれちゃったというシチュエーションなのかなぁ。
そういえば、「脱ぐ」ではなく「着る」光景が刺さるようになったら次のステージ、とかなんとかいう文をどっかで見ました。
詳しく忘れましたが。
なかなか深いなぁ、とか思ったものです。
未熟者なので、そうした境地にはまだたどり着けないですね。
ロリ系ということもあってか控え目なイラスト(←だよね)で、店頭で買うに優しい感じ。
そんなんだったので、あの中扉(裏面)にはちょっと驚きましたよ。

ゆか・ゆま、高橋佳織
※左:ゆか・ゆま、右:高橋佳織
 こちらの「佳織ちゃん」のお話はえっちでした。

さて、本日は待望の「岡田コウ」センセ。
恋するぱんつ」に続く2冊目は、「チュー学生日記」です。
ちなみにいきなり余談ですが、ひでるさんはぎりぎりまで「チョー(超)学生日記」とタイトルを勘違い(本当)
カタカナを誤認するというのは、なかなか残念な感じ。
ついでに新刊と間違って「らぶちち/歌麿」をまた買ってしまったのも、仕方ないことかもしれませんね(これも本当)
るるる。
えー、余談はそのくらいで。

まだ2冊目なんですね。
ただ、これですぽーんと雲の上まで飛び抜けたような印象です。
……そうか、前も満点にしてたんですねー。
ひでるさん的には、今回も減点にすべき箇所はありませんでした。
あえてわざわざ重箱の隅をつついて書くならば、センセ自身もあとがきで言われていたように、”キャラの雰囲気が似通っている”程度だと思います。

絵柄、お話どちらも高クオリティ
ヒロインは無論のこと、男性キャラの心情まで深くしっかり描かれておりました。
抜群というべき完成度の単行本になっています。
収録は大まかに3エピソード。
うち、学校モノは同じ舞台だったので、実質はメイン中編ともう1つという風情です。
最近覚えました、いわゆる「ネトラレ」な漫画もある(1話だけね)ので、得意でない方はちょっと注意が必要かもしれません。

森川彩、野島やよい
※左:森川彩、右:野島やよい
 こちらの2人が今回のメインになっています。

田舎ホテルでのWヒロイン漫画「なかよしこよし」、その後のショート漫画「たからもの」
雨に降られ、夜のホテルに飛び込んだ主人公。
久しぶりのお客様だー
そう言って母親と共に出迎えたのは双子らしい少女「ゆか」、「ゆま」でした。
自らを”お客様係”という2人はサービス提供を純粋に喜んでおり、着替えを手伝ってもらっていたところ…という展開。
実はこのお話は1発ネタ
そんな訳で詳細については省略しておきます。
こちらのエピソードはとりあえずラストまで読み、驚いた後の2度目が最も楽しいでしょう。
あちこちで、おお!という発見がありました。
前半の頬っぺたですりすりする6分割コマが好きです。
なお、後日談「たからもの」は2人のえっちパターンでした。

前後編の「メジルシ」、そして「秘め事」は、お下げな「高橋佳織」ちゃんのエピソード。
実兄と関係している「佳織ちゃん」
担任「織田」先生の手伝いで、日曜日ながら学校へ行くこととしておりました。
独身の男性教師との2人きりなシチュエーションに不安を覚えた兄は、わざわざ付き添うこととしたのです。
だいたいそんな導入部。

カラー原稿は早朝風景。
寝ているお兄ちゃんを起こしに行った「佳織ちゃん」が目覚ましえっちされるというもの。
2人は頻繁にそうした行為をしているらしく、
私はお兄ちゃんしかみてない…
とか言っていました。
教師の笑みを挑発として受け取ったお兄ちゃんは、そうした言葉もあって学校内えっちに及んでいます。
トイレ内ですね。
押しに弱い「佳織ちゃん」が、なんのかんのとされてしまうのが可愛いんですが…直接続く後編。
彼女が言うそのまま、”もう独占欲強いんだから~”とか思っていた、「織田先生」
どことない緊張感がふとした一言で崩れる際が秀逸
こーれーは、えろい
語られる彼女の描写が細かく、また実に良い表情をしていました。
冒頭の出す(何を?)描写も素敵ですね。
前後編どちらもですが、ページをかなり使ってじっくり描かれているのが良い感じ
オチは何らかが染みわたるようでしたよ。
その後日談「秘め事」
これまた深いお話です。
「佳織ちゃん」がなんだかいじらしいなぁ。
ちょっとレベルアップしているところにも注目ですね。
そんな訳で、こちらが前述した寝取られ漫画なのでした。

風邪で休んでいる担任「本田」先生はこれで3日目となりました。
その生徒「野島やよい」はクラスメイト「森川彩」を誘ってお見舞いに行くこととしたのです。
素直に好意を向ける「彩」と、なかなか素直になれない「やよい」
紆余曲折あって、2人はそこでえっちしてしまうんですが…風邪で朦朧としていた「本田先生」は、見舞いの記憶はあったもののそれを現実とは思わなかったのでした。
復帰後、ごく普通に接する彼に不満を持つ2人は~という展開「ぬくもりを」

こちらは全3話のメイン中編。
先の「ゆか・ゆま」、「佳織」らはちょっと変化球気味なお話でしたが、こちらは比較的直球ストレートです。
ラブラブな「彩ちゃん」とツンデレな「やよいちゃん」という仲良しコンビがおさまり良く、ストーリーにも良い変化をもたらしておりました。

彩とやよい
※彩とやよい
 お友達2人の描写にも注目下さい。

見舞いへ行く1話目。
なるほど、言いだしっぺは「やよいちゃん」でしたね。
ははーん(笑)
前述しているように、いかにも優等生な「彩ちゃん」と生意気な「やよいちゃん」という2人の違いがコメディーとなっており、前半はとにかく楽しい漫画。
優しい言葉をかけられても、つい反発してしまう「やよいちゃん」は期待通りですね。
なお、その際に寝ていた「本田先生」の頭付近で仁王立ちしたため、パンチラ(モロか)となるシーンが好き。
本来風邪だと立ち辛くなるものですが、しっかりテントを張っていました(笑)
2人があーんな状態になっていた所へ鉢合わせした「彩ちゃん」でしたが、あの対応はちょっと意外です。
お願いされてそっちが優先になったかな。

ここからが注目、という2話目は「本田先生」の復帰話。
前回から続き、またまた「やよいちゃん」がその良さを発揮しております。
もう、難儀な娘さんですねー。
こちらでは「彩ちゃん」との関係についても触れられており、単にえっちするだけのWヒロイン漫画とは一線を画しておりました
お互い必要としており、またどちらもかなわないと思い合っている「やよいちゃん」、「彩ちゃん」ほか、なかなかよく観察している「本田先生」も心地よいです。
メインはブルマ姿の「彩ちゃん」と屋上えっちでした。

3話は「やよいちゃん」の主役エピソード
前回ラスト部分の逆視点になっており、いわば仲直り編。
やっぱりややこしい「やよいちゃん」と先生の保健室えっちなんですが、気を利かせた「彩ちゃん」が素敵なのです。
彼女はまた非常に都合良い娘さんですね。
オチ部分では「本田先生」と抜群のコンビネーションを見せていました。
描き下ろし「日曜日」はこちらの漫画に先の「織田先生」が登場するお話です。
「やよいちゃん」の台詞に注目下さいませ。

柔らかで繊細な線の絵柄。
色はくっきりと強く、濃淡は適度なくらいでまとまってます。
細かく変化もあるコマ割りがポイントで、縦・横の分割から斜め、重ね、小窓から6(9)分割など様々に変化しており、お話を視覚的に盛り上げていました。
テンポも良く、流れるようでしたね
どちらかと言えば全体はごっちゃりしてましたが、丁寧さがためかさほど見辛い印象はありません。
ふんわりとした丸いロリちっくな人物絵。
幅広な輪郭と恥ずかし線(※恥ずかしい時に鼻から頬にかかる斜め線のことね)が特徴です。
低い構図が多く、自然なパンチラが嬉しいですね。
そのほか引き絵、コメディー崩しなどにも違和感はなく、メリハリもありました。
カラーとはやや雰囲気が違ってましたけど、大まかには↓表紙の判断で良いでしょう。
そちらならば、後方にいる「彩ちゃん」のが白黒絵に近いと思います。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・マイナス部分がありません。ぶっちゃけ、好みの絵柄というのもあります。
・限られたキャラがため、深いストーリーになっていました。良かったです。
・細かい心理描写で、じっくりページを割いて描かれています。
合計:[15/15]
なお購入をお考えの方は、専門漫画店だと12ページの小冊子がついてくるためオススメ。
コレ描き下ろし「日曜日」と同じ収録メイン作品の2本をつなぐエピローグ的なお話で、本編ではチョイ役だった眼鏡の「真紀」ちゃんが主人公。
えっちではないんですが、思わず腕組みしてうーんと唸りたくなるような感じでした。
どうせならもう1話あった方が幸せですよね。

チュー学生日記 (セラフィンコミックス)チュー学生日記 (セラフィンコミックス)
(2010/02/05)
岡田 コウ

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー パンチラ

comment

Secret

買いましたよー

これは完成度高かったですね。
ひでるさん的には前作よりもコッチのがお気に入りです。

また、「ドワーフちゃん」買いました。
表題の彼女が主人公でなかったのにびっくりです。
7話は「華虎さん」で私も気付きましたよ。
かなりの珍道中っぷりな漫画ですねー。

なお、「きづきあきら」センセの漫画は一度も見たコトありません。
なんとなく絵が合わないような気がして。
食わず嫌いなんですけどね。

自分も発売日に買いました

前作に比べて、カップルのラブラブ度というか甘々度が下がったかな?と思いましたが(NTRや三角関係ですし)、今回も完成度の高い作品でした。
それと、イムさんじょ先生の新刊「部室のドワーフちゃん」が、きまり学園ライクで個人的には高得点。7話冒頭ではニヤリと出来るコマも在りましたよ。
長くなりますが、きづきあきら+サトウナンキの「うそつきパラドクス」は、多角関係が好きそうなひでるさんにはオススメかもですよ。
QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。