FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■こもれびの国 (得能正太郎)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : オールカラー・日常生活
・おまけ: キャラ設定画、描き下ろしイラスト(5点)、
      加筆修正あり。
・その他: 初単行本、カラー(4P)、10話収録、
      現在1巻まで発売中。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「得能正太郎(とくのう・しょうたろう)」センセの「こもれびの国 1巻」です。

ちょっとオマケから。
こちらのブログでも以前やりました、「いなかの/井ノ本リカ子」の2巻が発売されています。
田舎の学校に通う、仲良し4人組な女の子の一般漫画ですね。
紹介しました1巻の頃はまだ手探り感がありましたが…今回の2巻はいいですね!
ヤバいくらいむちむちとしていた「みのりちゃん」もいいんですが、やっぱり↓表紙を飾っている「梨央ちゃん」
完全に小動物となっていました。
林間学校の8話では「夏目くん」に片手で持ち上げられ(※シャツの裾を掴まれ、空中遊泳のような感じ)、肝試しの9話では「夏目くん」の頭にとっつき(おんぶのような感じ)、椅子に腰掛ければ足が地に着かず(10話)、お兄ちゃんと並べばその半分以下程度のサイズ(14話など)しかありませんでした。
心なしか言動もどんどん幼くなっているような印象ですね。
そんな彼女を筆頭に、それぞれの個性がはっきりして、面白くなってます。
リアルさが売りの「女子高生/大島永遠」と正反対であります、”こうだったらいいなぁ”…的な女の子漫画に仕上がってきました。(※舞台が田舎ということもあるでしょう)
じわじわとしたサービスちっくな絵もありますからね。
そのほか、合間に描かれたネタ絵「さいきんの~[名前]」、巻末の描き下ろし「さいしょのこんにちは」なども良い出来栄えでした。
オススメです。

いなかの(2) (アクションコミックス)いなかの(2) (アクションコミックス)
(2010/01/12)
井ノ本 リカ子

商品詳細を見る


さて、異なる漫画についてばーっと書きましたが、本日は「こもれびの国 1巻」です。
おそらくはあまり長々と書けないだろうと思ったので、どうしようか迷っていた「いなかの2巻/井ノ本リカ子」を前置きにさせて頂きました。
基本的に続巻で1回まるまるはやりたくないので。

綺麗な↓表紙の薄い単行本。
どちらかというと地味にまとまった紹介帯には、「待望のフルカラーコミックス」の文字が。
以前もちらと書きましたが、”ブログにちょうど良い漫画”として、よく分からぬまま手に取りました。

こちらの「得能正太郎」センセは、漫画家さんというよりイラストレーターさん。
どうりで絵が巧い訳ですね。
お仕事もほとんどイラスト関係で、あちこち小説の挿絵などをされていました。

リュリュ・コレット・レム
※リュリュ・コレット・レム
 主要ヒロイン3名です。皆さん目が素敵ですね。

ふんわりとした曲線で、深い色使い。
人物は可愛らしく、素朴な感じですね。
そうしたシーンは欠片もなかったですが、エロスを感じさせないバランス具合でした。
おそらくは手も相当にかかってるのでしょう、普通の漫画とは段違いです。
単純にオールカラーですし。
”カバーも中身もほぼ同じクオリティ(※センセのHPから抜粋)
…を目指されたというだけあって、ここは抜群と言っていいだろう仕上がりです。
よくありがちな、置きにいったようなコマもありませんでした。
↓表紙・裏表紙が刺さったなら、問題ないでしょう。

安定感もあり、絵については何も気になる箇所はありません。
続いてお話について。
各話は8ページで、10話が収録された長編です。
全96ページですね。
オールカラーですが、1話完結のよくあるショート漫画とは違いました。

えー、あらすじを書こうかと思ったんですが…まだ情報が少なくてよく分かりません。
とりあえず、整理のために書いた関係図を掲載しますね。


【 こもれびの国 キャラ関係図 】 ※1巻より判明

                 
[教師]:「エマ」                    [??]:「アゼル」
       ↓                           ↑
  同居して面倒を見ている                 親子
       ↓                           ↓ 
[生徒]:「リュリュ・ナーディング」 →面倒見る→ [生徒]:「レム」
       ↑
      親友
       ↓
[生徒]:「コレット・エール」 ←助ける← [騎士]:「イヴァン・ナイトレイ」
       ↑                   ↑           ↑
      姉妹                 主従          同僚
       ↓                   ↓           ↓
[教師]:「オルネラ」      [姫]:「プラム」 ←主従← [騎士]:「アラン」
                                        
                             

簡単には、聖ウルバーニ学校に通う、主人公「リュリュさん」とその友人「コレットさん」を中心にしたお話。
姫様や騎士が普通に闊歩する、特定の国のない無国籍な漫画です。
…たぶん。
よくわかりませんが…おおむねヨーロッパっぽい感じ。
(※世界の国々について、ひでるさんは詳しくありません)
センセのHPによると、もともと同人誌にて元となるお話を発表していたみたい。

レム、コレット
※左:レムさん、右:コレットさん
 漫画はだいたいこんな感じです。この2人はいいなぁ。
 
ほんわりとしたヒロインらのやり取りが微笑ましい、日常風景漫画。
特にコメディー然とした描き方はされていませんね。
また、ちょっとしたロマンス(笑)っぽいものもありましたが…特に恋愛方面にも傾倒しなさそう。
おそらく、途中入学の無口な「レムさん」と仲良くなっていく様が描かれるのでしょう。
彼女はちょっとミステリアスで良いですねー。
収録10話では、「リュリュさん」とちょっと打ち解けたところを見せていました。
ほか、ショートカットが可愛い「コレットさん」のラブエピソードもいい感じ。
そのお相手、騎士「イヴァン」は「プラム姫」への慣れた対処が良く、今後の2人が楽しみです。

大まかにはそうした漫画。
特に大きな事件なく、このゆったりとした調子でほわほわ進むのだと思います。
10話収録でもページが少ないだけ情報は少なく、1巻だけではまだよく分からないというのが正直なところ。
個人的にはショートのオムニバスより、こうした連続話のが好み。
ただ、絵柄以外にコレといった売りに欠けるのも事実です
やっぱりファン向けですかね。
漫画としての出来栄えは良いので、読めるイラスト集という考えのが幸せだと思います。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・気になるような癖なく、さすがという完成度です。
・現時点では判断し辛いですね。ゆっくりでした。
・絵に合致しているだけ毒はなく、まとまり良い分インパクトがありません。
合計:[11/15]
合間に差し込まれるキャラ設定画はいい感じなんですが、ちょろっとでもいいのでコメントがほしかった。
あとがきもなかったんですよねー。

こもれびの国 1 (GUM COMICS)こもれびの国 1 (GUM COMICS)
(2010/01/25)
得能 正太郎

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー ショートカット ヨーロッパ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。