FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■AATM~アーネンエルベの日常~ (Bすけ)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : ゲーム原作コメディー
・おまけ: あとがき、合間にイラスト。
・その他: 原作「TYPE-MOON」、5話収録(全て表題作・1巻完結)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「Bすけ(びー・すけ)」センセの「ALL AROUND TYPE-MOON~アーネンエルベの日常~」です。

単独ではこちらが初単行本なのかな。
本日は、超ファン向けという単行本「ALL AROUND TYPE-MOON~アーネンエルベの日常~」です。
いないとは思いますが、まっったくそれぞれ主人公(作品)をカケラも知らない方は、ヒロイン3名の並ぶ↓表紙で釣られないように注意。
多少でも知識は必要になってきます。

入れ替わる3名
※入れ替わる3名
 こうしたネタはやっぱり面白いですね。

さて、こちら「ALL AROUND TYPE-MOON~アーネンエルベの日常~」はちゃんと同タイトルの原作があり、ドラマCDである様子。
それぞれゲーム作品の各キャラクターが競演するというもの。
いかにもファン向けなお祭り企画ですね。

ひでるさんは「東映まんが祭り」で育ったので、こうしたオールスター形式が大好きなのです。
(※成年漫画のレビューでも書いていますが
今でも続く「ロボット大戦」シリーズとか、ファミコンだと「コナミワイワイワールド」などはドストライクなんですねー。

…で、ひでるさん。
各タイミングにて何度かブログでも書いていますが、「TYPE-MOON」さんの作品のうちプレイしているのは「MELTY BLOOD(PC版・同人ゲーム)」のみ。
ほか、「月姫(※歌月十夜も)」、「Fate/stay night」らは原作未プレイで、ネットとか漫画でなんとなく知っている程度。
特に「月姫」は最初に読んだ同人誌(→「あるぴーぬ」センセ)からのイメージが非常に強く、実際のところよく分かってません。
さらに「空の境界」に至っては、話からキャラまでほぼ知識ないのでした。

…そんな程度の人間がレビューしてます。
全て表題作で、5話ほど収録。
あとがきによると、1話目は原作のコミカライズですが、その後のエピソードは「Bすけ」センセのオリジナル。
もともと設定がお祭りっぽいため、漫画もそんな感じのはっちゃけコメディーになっていました。
なお、ひでるさんは前述したような感じですが、楽しめました。
そこそこ敷居は高いものの、知識それなりでも大丈夫でしょう。

それぞれの競演をお楽しみください
※漫画はだいたいこんな感じ。
 それぞれの競演をお楽しみください

喫茶店「アーネンエルベ」にて出会ったそれぞれのヒロイン「アルクェイド」、「セイバー」、「両儀式」の3名。
店員「ネコアルク」の提案にて、”三大ヒロイン交流会”を開催することとなりました。
「遠坂凛」など「Fate」の他ヒロインや「シエル」、「遠野秋葉」なども来店し、賑やかに楽しんでいたところ…気付いた「遠野志貴」によって、とある計画が露見するのでした。
だいたい1話はそんなん。

個性豊かな登場人物がわらわらと来店(登場)する、喫茶店「アーネンエルベ」でのアレコレという漫画。
とりあえず、ほっといても何かしら起きるようなキャラが揃っており、ネタには事欠きませんね。
舞台は全て店内。
それがため、ちらほらとキーワードになっていたのは、料理・店長などの系統です。

銀幕デビュー」、なんて事を言っている1話。
この漫画世界にて、大雑把にどんな感じの会話がされているのか分かると思います。
メインヒロイン3名が休日にはぐーたらというのは可笑しいですね。
なるほど。
こんなんは偶然かなぁ。
途中にあった、
説明役で色物扱いされて、おいしいところを金髪ヒロインにもっていかれて…
がまたいいですね。
姉妹が決裂する原因となっていました。
ラストへの流れも良く、「勝てると思う?」のコマはファンが小躍りして喜びそうな感じです。

「Bすけ」センセのオリジナルとなる2話目。
「式」ほかメイン以外、前回未登場だった「ランサー」、「カレン」が冒頭から、「藤村大河」、「イリヤスフィール」などが途中から登場してます。
”中から出たガスに触れた者は笑ってしまう”という、「幸せの壷」が起動したことによるドタバタパターン。
意外なキャラの大爆笑が見られ、キレて壊しにかかる「式」・「セイバー」がいい感じ。
壷が暴走してガスをまき散らす中、コマの隅にいたやっぱり唯一笑っていなかったあるキャラが事態を収拾していました。
なお、店長のネタはファンでないと分からなそうですね。
ネットでお調べ下さい。
再びメインヒロイン3名から始まる3話目は、「琥珀さん」のネタキャラ「魔法少女マジカルアンバー」の独壇場。
凄まじいテンションで話を牽引してますね
「暇だ」と言った「アルクェイド」のため、彼女がアイテムを持ってきたというもの。
前回のネタであった、「笑いのガスを出すツボ」も出そうとしてましたねー。
メインは、とあるアイテムによって、それぞれの人格が入れ替わるという王道ネタになっていました。
能天気に楽しむ「アルクェイド」(※発端を作ったのも彼女)ほか、「セイバー」・「式」のスタイルに関する部分が非常に楽しいです。
その後来店する「黒桐幹也」・「蒼崎橙子」、「遠坂凛」・「アーチャー」、「ギルガメッシュ」、「遠野秋葉」など、入れ替わりに気付く・気付かないという反応が異なっているところに注目。
その後もお約束で、2度ともスタイル良い女性になっている「セイバー」、最後まで軽い「アルクェイド」がいい感じでした。
オチは「琥珀さん」ですね。

タダ働きの図
※タダ働きの図
 多くのキャラが登場するので、やっぱりファン向けでしょう。 

「シオン」登場の4話目は、再び「ネコアルク」登場。
目立ってますねー。
記憶喪失となっていた彼女(?)が、「シオン」に連れられて再び店員として喫茶店「アーネンエルベ」で働く流れ。
裁縫セットを常備している「アーチャー」、「キャスター」の可愛い反応が見どころ。
メインヒロイン3名と顔を合わせ、ちょっとした衝撃もあって記憶が戻るのでした。
(※漫画はちゃんと連続してる)
コメディーな中、「ランサー」が格好良いですね。
「セイバーオルタ」をメインに、「桂木千鍵」、「日比乃ひびき」などひでるさんまったく知らないキャラばかりの5話目。
こちらは料理勝負のような風情になっていました。

強い線のすっきり絵。
あっさりな描き込み具合で濃淡は適度なくらい。
平たく多少ざっくり感はありましたが、コメディー作品なので問題ありません。
好みは別にちゃんとキャラは見分けられ、表情・アクションなど表現もいい感じ。
テンポも良かったです
癖はありますが極端ではなく、さらりと読むには十分でしょう。
脳内で↓表紙を線画に変換して判断して下さい。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・ぺったりでしたが、漫画としては問題ないでしょう。
・原作を巧くコメディーにしていたと思います。普通に面白かったですよ。
・後半4話はセンセのオリジナルだったので。
合計:[11/15]
いちおうホントの原作は前述したようにドラマCD。
まぁ、もともとはゲームのキャラなので、↑あちらの属性はゲーム原作としました。

ALL AROUND TYPE-MOON~アーネンエルベの日常~ (角川コミックス・エース 253-1)ALL AROUND TYPE-MOON~アーネンエルベの日常~ (角川コミックス・エース 253-1)
(2010/01/09)
Bすけ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ゲーム原作 コメディー アクション

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。