FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ネガティブ・ツインタワー! (けものの★)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : コメディー・学園
・おまけ: あとがき、合間に各話解説、カバー裏にキャラ絵。
・その他: 折り返しにコメント・4コマ「ぶんぎょう」、
      6話(+おまけ6.5話)収録、現在は1巻まで発売中。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「けものの★」センセの「ネガティブ・ツインタワー! 1巻」です。

年明けすぐの週末。
書店は発売本も少なく、心なしか寂しげな状態でした。
人もまばらでしたよ。

そんな店頭で発見しました、「けものの★」センセ。
なんとびっくり、新刊は一般系、しかも巻数表記まであったのでした。
「ネガティブ・ツインタワー! 1巻」です。
さすがに腕ある方は違いますねー。
このまま成年系を描かなくなったらやだなぁ。

ネガティブ・ツインタワー・ガールズ
※ネガティブ・ツインタワー・ガールズ
 この身長差に注目です。高いなー。

こちらのブログで紹介している「Groove Tube」、「YELLOW★POP」に続く3冊目の単行本。
はっちゃけ感の強いコメディー長編で、残念ながらサービスシーンはありません。
まぁ…センセの意図と関係なく、それっぽく見えるところはありましたけど(←これはひでるさんの頭がオカシイだけかも)

荏田中(えだなか)高校の1年生。
そちらには、無差別な暴力から「狂犬」と揶揄される「兵頭要(ひょうどう・かなめ)」、鋭い目つきと無表情から凶悪な存在とされる「宍戸真琴(ししど・まこと)」がおりました。
どちらも180センチを超える長身で、頻繁にツルんでいた2人は…いつしか、「氷炎魔団長(フレ○ザード)」と恐れられていたのです。
しかし、実際の彼女らは他人と接する事に臆病な、可愛らしい女の子だったのでした。
早く周囲の誤解を解き、お友達、できれば彼氏をと願うんですが…と、だいたいそんな感じのお話。

兵頭要、宍戸真琴
※左:兵頭要、右:宍戸真琴
 だんだん可愛く見えてくる…筈。しかし「真琴さん」はスタイル良いですね。

要領悪く生きる女の子のコメディー漫画
主要の2人とも高身長で目付き悪く、およそヒロインっぽくない感じ。
そういった容姿のうえに、視線恐怖症(対人恐怖症?)という難儀な性質もあり、ラブどころか友人でさえ、ままならない状況なのでした。

感覚としては「あずまんが大王」の「榊さん」ですね。
当初孤独だったものの最終的には仲間に恵まれた彼女と違い、こちらの2人は1人でないだけ逆に微妙。
ちゃんと理解してくれる”自分を鏡映しにしたような相手”が目前にいるためなかなか他に発展し辛く、周囲に与えるそれぞれの異なる恐怖が変な相乗効果となっているみたい。
また、「真琴さん」はともかく「要さん」はテンパると暴力になってしまう(※相当に腕っ節も強い)ので、よりタチが悪いのです。
漫画中でも指摘されていましたが、担任ぶっとばしたのは色々とまずかったかなぁ。
そのあと泣いて後悔してるんですけどね(笑)
普段から暴走気味でしたが妄想内も同様
困った人です。
実はなかなか多芸で、校舎屋上から遠く離れた部室棟内の相手にリップクリームを直撃して気絶させるほか、なかなか家庭的で料理は巧く、曲芸のような包丁さばきまで披露していました。
どちから部活に入ったら良さそうなんですが…他の視線があると無理かな。
こうした女の子のセオリー通りぬいぐるみからふりふりしたものなどが好きらしく、ちらと描かれていた下着も可愛い感じでした。

一方の「真琴さん」はそんな「要さん」ほどでなく、いくらかマトモ。
やはり対人には不器用で、極端に無口で無表情。
頷く、横に振る、といった顔の動きだけで返事をしております。
某ロボ超人になぞらえていましたが、なるほどピッタリですね。
「要さん」と違って刃物を怖がってしまうため料理は全然ダメ、運動もバレーの描写から察するに微妙であるみたい。
普段は冷静なため頭の回転良く、スタイルは相当に良いので、ちょっと慣れれば良さそうなんですが。
やたら視界広く、視力も抜群でしたが…本人曰く「眼鏡かけてるから」って、どんな調整してるんだろう。

要・真琴、乾玉留・小洗真央
※左:要・真琴、右:乾玉留・小洗真央
 「玉留」・「真央」の2人がどう絡んでいくのか、これから見モノです。

漫画では3話から「乾玉留(いぬい・たまる)」、「小洗真央(こあらい・まお)」という、別の友人カップル(?)が登場。
ぶっちゃけ、「要さん」・「真琴さん」だけの場合は話ぐるぐる進展しなさそうだった(笑)ので、良いタイミングだと思います。
意外と女子ファン多いのよ~
などと「真央さん」が言ってましたが、それも納得。
そうした第三者からの目線が分かると、また世界が広がりますね。
「玉留さん」も含めて的を得た分析をしており、なるほどこの2人が友人になっていくのかなーと思いましたが…1巻ラストで楽しい事となっていました
次がどうなるのか楽しみです。

あちこちに漫画などのネタが差し込まれ、そうしたものを知っているかどうかはカギ
(※おおまかに有名なものばかりでしたが)
ちなみに、「氷炎魔団長(フレ○ザード)」というネタはひでるさん分からなかったので、穴あき問題の回答できませんでした。
そんな訳で、元ネタ分かった今でもいまいちピンときません。
知っていれば、より面白いんでしょうけどね。
なお、こちらの漫画は「ゴルゴ13」みたいに1話をパートで区切る描き方になっています。

強い線のこってり絵柄。
濃淡ではやや濃い目で、ごっちゃり気味です。
かなりテンションの高いコメディーなので、描き方としてもはっちゃけてます。
崩し絵が多く、デフォルメも非常に大きめ。
ココを面白いと感じるかどうかもカギの1つで、かなり極端なので人を選びます。
また、主人公ヒロインの2人は”目付き悪い”特徴がため、ぱっと見で可愛くないんですねー。
(※読み進めるうち、可愛いと思えますが)
こちらは売れ行きを左右するだろう、大きなポイント。
えっち描写ほかサービスシーンも残念ながら無く、センセに成年漫画のイメージがある人はがっかりするでしょう。
正直なところ、やっぱりえっちなんが良かったなぁ。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・漫画ジャンルもあって癖の強さが前面になっていました。絵は巧い方です。
・良質なコメディーですが、ややぶっ飛び過ぎる気もします。
・良くも悪くも非常に独特な「けものの★」センセ・ワールドでした。
合計:[12/15]
なお、「FlexComix」のサイトでは、音声つきコミックスが見られるので、迷った方はこちらをあらかじめ確認しておくのをオススメ。

こちらは台詞をクリックすると音声が出るタイプ(※逆に言えばクリックしなければそのまま進めれる)で、自分のタイミングで読み進めれるので非常に快適でした。
良いですね。
また、声は「兵頭要」役は「小林ゆう」さん、「宍戸真琴」役は「岩岡玲湖」さんと、どちらも雰囲気に良く合致して、ぶっちゃけこの形式の方が断然面白く感じました
単行本買った方、まだの方、どちらも一度見てみて下さい。
ちょっと印象変わるほど良かったですよ
次はCDドラマ付きで発売するのがいいかも。

うーん、「小林ゆう」さんはやっぱり巧いなぁ。
デレてる声とのギャップが見事に表現されていましたよ。
そんな本人が、あれだけおもろい人というのがまたスゴイのです。

ネガティブ・ツインタワー! 1 (Flex Comix)ネガティブ・ツインタワー! 1 (Flex Comix)
(2010/01/12)
けものの★

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー 小林ゆう 岩岡玲湖

comment

Secret

こちらこそ

ペッティさん、こちらこそ宜しくお願い致します。
できる限りでじわじわ更新していきたいと思います。

遅くなりましたが

去年は色々と購読の参考にさせていただきました。
今年もブログ楽しみにしております。
QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。