FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ピンクペッパー・陸乃家鴨短編集 (陸乃家鴨)

★まんがデーター [14/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■□
・属性 : ラブコメ・コメディー
・おまけ: あとがき、ちょっと作品解説。
・その他: 短編×11(うち「ツンデレシリーズ」×4)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「陸乃家鴨(おかの・あひる)」センセの「ピンクペッパー・陸乃家鴨短編集」です。

発売が多いのは年末だから?
多くの新刊が発売となった中、ひでるさんがファンである「陸乃家鴨」センセの新刊も発売されていました。
ちょっと探してヒヤヒヤしましたが、無事ゲットできましたよー。
(※3店舗目で発見。なんだか見つかり辛いんですよね)

「ピンクペッパー・陸乃家鴨短編集」は一般のえっち系単行本。
なんとなく久しぶりな感覚の短編集ですね。
構成は中編の1エピソードがメイン扱いとなっており、他短編群という感じ。
ページ数もまちまち。
中にはページ数少ない漫画もありましたが、さすがは「陸乃家鴨」センセ。
お話とえっちの比率は丁度よく、楽しく読めるえっち単行本という仕上がりになっていました。

水崎優花
※水崎優花
 もう少しこうした感じがほしかったですねー。

タイトル「ツンデレ~」というシリーズがあり、紹介帯にもそのように書かれています。
ただ、センセ自身でも書かれていましたが、”実際にはツンデレっぽさ薄いので要注意”
デレデレです。
ついでに言えば、↓表紙・中表紙はいかにもという金髪ツインテールですが、漫画本編では黒髪ツインテールでした。
ひでるさんは特に気にしませんが、細かくこだわりたい人は特にご注意を

そんな訳で、メイン中編「湯けむりツンデレ冬景色」、「菜のはなツンデレ春一番」、「夏の渚のツンデレ水着」、「ツンデレ果実は秋の収穫」といったシリーズ全4話から。
ゼミ仲間のスキー旅行に参加した、帰国子女「水崎優花」さん。
日本の雪ではスキーしたくない
彼女自身の誤解ほか、そんなことを言った「優花さん」は”お世話係”とされる「信濃タツロー」を引き連れて帰ることとなったのです。
そんな流れが「湯けむりツンデレ冬景色」
キツイ性格とわがままっぷりで、先輩から同学年までに敬遠されていた「優花さん」
彼くらい器がデカくないと、相手をするのはなかなか難しいでしょう。
おそらく…ほいほいと従っていたのは「タツローくん」だけであると想像され、彼女的には好いて当然。
漫画では出会いからそこそこ時期が経過した後のことらしく、「優花さん」は既にラブラブ状態なんですね。
二人きりの時くらい名前で呼んでって言ったでしょ?
とか言っておりました。
どちらのエピソードも2人だけという描写が多く、ツンデレ要素のあるヒロインであったものの、ほぼデレデレなのです。
怒って集団から2人きり→近くに温泉がある、と持ちかけるまでは計画的なのでしょう。
オチ部分の「優花さん」も可愛いんですが、あれはやっぱり彼女からのリクエストかな。
タイトルそのまま季節ごとの短編になっており、「菜のはなツンデレ春一番」が2話目。
どかーん、と周囲が引くくらいに怒りを振りまくのは、やっぱり計算ですか。
野外で彼にちょっとイタズラするつもりが、止まらなくなってしまうパターンです。
目立ちそうね。
というか、菜の花が下でぐちゃぐちゃになってそう(笑)
3話目は「夏の渚のツンデレ水着」
リボンのビキニなんですが…あれ、事実を知った後は結構ドキドキ
泣いちゃったのはびっくりしたからかなぁ。
最終4話目「ツンデレ果実は秋の収穫」では、かなり先走っている「優花さん」が見られます。
あの直前で判断を迫られる(※おまけに泣く)というのは、なかなか凶悪
これもひょっとして、計算づくの行動かもしれませんねー。

家庭教師の生徒「亜梨果」さんとの短編「亜梨果チケット」
手作りという誕生日プレゼントをもらった主人公。
その内容は「かたたたき券」という子供っぽいものだったんですが、チケットの後半には思わず吹き出してしまうような内容が書かれていたのでした。
組み合わせも可能だよ
とかなんとか、即座に反応していた「亜梨果さん」
勉強する気ないですねー。
オチ部分でもなかなかしたたかな面を見せています。
まぁ、途中に可愛らしい反応をしており、ここはなんだか安心(笑)
個人的には、座ってのパンチラがお気に入りです。

亜梨果さん、利江子さん
※左:亜梨果さん、右:利江子さん
 スペル間違っているのに気付かなかったー。普通に読んでしまいました。

頻繁に落し物を拾う「鈴木」くん。
あまりに回数多いため、警察で付けたあだ名が”3丁目の鈴木クン”
そんな彼が公園を歩いていると、絶妙な落し物感がある女の子を発見したのでした。
「おとしもの拾いました」は、人間自体が落し物というお話。
実は親子で落し物常習犯だったという、なかなか楽しい展開。
(※だから”3丁目の鈴木クン”を知っており、彼がよく不審物を拾う原因かと)
センセも気に入っているのか、こちらのヒロイン「利江子」さんはもくじ下、あとがき部分にも登場しておりました。
拾ったものに絶対手をつけなかったことが自慢~
とか言っているそのまま、変な理屈で積極的に迫る彼女に対し、ぎりぎりまで誘惑に耐えていました。
うん、そうした「利江子さん」の言動から、確かに注意散漫っぽい感じがしましたよ。

「彼の視線と彼女の妄想」は現実にもよくありそうな短編。
最近気付いた、男子「菱山克美」の視線。
当初は友人「芝もなみ」を見ているかと思いましたが、単独の時にもそれを感じることしばしば。
そんな訳で、「森元ナオ」は自然と意識するようになり、ついには妄想にも彼が登場するようになってしまったのです。
実は収録カップル中、直接えっちの無い短編。
彼が見ているのは確実に「ナオさん」なんですが…どう食い違っているのかが見ものですね。
「克美くん」が良いオチになっていました、というのがヒント。
なお、ヒロイン「ナオさん」はスポーツ少女ながら、いい大きさの胸でした。
バスケのユニフォーム姿がえっちです。

収録では最も独特なファンタジーもの「男子トイレの花子さん」
体育館脇のトイレにて、「宮野」くんはいわゆる”トイレの花子さん”に遭遇したのでした。
真上から女の子が覗いてたら、さぞびっくりするでしょうねー。
スタンダードな釣りスカートにおかっぱ頭でなく、小悪魔っぽいイメージの「花子さん」
(※目、耳に特徴があります)
自分自身が見えていること自体に驚いていたので、「宮野くん」はそういった体質なのかな。
ノリが良い割りに、あまり慣れていない感じが可愛らしかったです。
続きが見たいですね。

森元ナオ、トイレの花子さん
※左:森元ナオ、右:トイレの花子さん
 花子さんは女子トイレ限定でしたっけ?

ほか、喋り続ける彼女との短編「ハイテンションリップス」
幼馴染み「咲良(さくら)」さんとの会話は、彼言うところの”千本ノック”
おそらく…単なる発散で大した意味無いと思うので、「へー」とか相槌うってればいいのでは。
(※かなりのマシンガントークでしたが)
えっち場面でも喋っているんですが、それは照れ隠しというのが可愛らしいところ。
キス後のリアクションも独特でした。
道端で出会った女子高生とのえっち話「Jelly fish」
…ゲームメーカー?(←ちがう)
こちらの「笹山香織」さんもなかなか変わった感じ。
珍しく、いきなりヒロインとのえっちシーンから始まっていました。
成年漫画でもよく題材になる王道ネタの1つ「秘密基地」
確か、「嶺本八美」センセ、「智沢渚優」センセらが描いていますね。
幼馴染み「弥生」さんと「あつし」くん。
漫画内でもからかわれていましたが、子供のことを思う「あつしくん」に対し、はっちゃけてる「弥生さん」がいい感じ。
5、6回見たとか言ってましたが、女の子はマセてるなぁ。

絵柄についてはいつも通りの安定感。
柔らかな線のすっきり系です。
単純な絵は無論のこと、特に漫画が巧い方。
表情・動きなどの目立つポイントから、ちょっとした表現まで良く描かれています。
コメディー崩しなどのメリハリもいいですね。
えっち部分は一般系なのでソフト。
ちらほら、ギリギリ線を狙っているようなコマもありました
まぁ、基本的にえっち描写そのものを売りにしている方ではないので、さして問題ないでしょう。
ファンならば何の問題なし、短編が多いので初見の方にもとっつき易いと思います。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・絵もそうですが、漫画の巧い方。特に問題は感じられません。
・ページ数に限りある中、ここまで面白ければ十分です。長編は無論、短編も良いです。
・「おとしもの拾いました」が独特。ただ、ツンデレを冠としていながら内容は薄いので、マイナスしました。
合計:[14/15]
各話のヒロインはそれぞれ↓表紙、裏表紙、前後の折り返し部分に描かれているので、誰がどこにいるのか探して遊ぶのが楽しいです。
さすがに花子さんは折り返し部分で単独でしたねー。

ピンクペッパー - 陸乃家鴨短編集 (マンサンコミックス)ピンクペッパー - 陸乃家鴨短編集 (マンサンコミックス)
(2009/11/28)
陸乃 家鴨

商品詳細を見る


★「陸乃家鴨」センセの漫画紹介記事
 「未確認幼なじみ 上・下巻
  ノスタルジー感たっぷりの、ちょっと不思議なラブコメ長編。
 「少年少女は××する
  エロ漫画家を目指す文学少女「加納瑞希」のお話。
 「少女の妄想はいつひらく?
 「少年少女は××する」の続編。コスプレイヤー「水森夢子」が主人公。
 「大正ヲトメ花壇
  「おとめ塾」の外伝を含む短編集。
 「花咲け!おとめ塾
  上下巻の大正コメディー。
 「彼女の残り香
  連続話・描き下ろしもあります。こちらは成年指定なので注意。


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ ツインテール パンチラ ファンタジー

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。