FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Hole Sweet hole (浦井民)

★まんがデーター [14/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・貧乳
・おまけ: あとがき、
      カバー裏に漫画「LET’S GET LOST スクール水着
・その他: 初単行本、短編×11(うち「LET’S GET LOST」×8)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「浦井民(うらいたみ)」センセの「Hole Sweet hole」です。

漫画を読むのは基本寝る前というひでるさん。
ぶっちゃけ、本を片手にそのまま朝を迎えることも多いんですが、こちらは別。
昨晩読んだところ…

嘘偽りなく、眠気も醒めてしまうような作品でした

非常に独特な仕上がりです。
単純な成年漫画に飽きた方には、ぜひオススメしておきます。

そんな訳で、「Hole Sweet hole」は「浦井民」センセの初単行本。
メインの連続話を中心に、短編が収録されています。
物事に冷めたような、ある意味現代っぽいヒロインらが特徴。
可愛いだけではありません。
実際にはかなり偏ってはいるものの、リアルに見えますね。
一部にはやや哲学的(でいいのかな?)なややこしさもあり、もしかしたら読み手にとっては相容れないかもしれない漫画です。
キュートなラブコメ話がお好きな方には、合わない可能性があると思います。

河東さん
※河東さん(左1話、右3話)
 オデコ・眼鏡・貧乳な方です。

なにかと”ドーナツ”がキーワードとなっている「LET’S GET LOST」
失恋した「栗原」くん。
物心ついた頃からの幼馴染み「河東」さんは、彼の好物であるドーナツを作って慰めに立ち寄ったのでした。
恋にやぶれたものの、普段と変わらぬような「栗原くん」
しかし、”相手の顔がチラついて離れない”ということで、不意にえっちをお願いされたのでした。
同情もあって、下着程度ならと許した「河東さん」でしたが…。
大雑把ですが、だいたいそんな導入。

単行本の大部分を占めるメイン連続話です。
8話ほど続き、前半はあちこちシチュエーションえっちという感じでしたが、後半は物語が急展開を見せていました
主要カップルの性格もあって、どちらかと言うと淡々と進んでいた漫画があーんな事となるため…ちょっとびっくりすると思います
また、余計なキャラを挟むことなく2人を追いかけ続けているので、なかなか深いお話になっていました

こちらの主役は、眼鏡とオデコな優等生「河東さん」
初体験な1話目では、彼女の状態が細かくモノローグにて伝えられています。
あれは「栗原くん」の淡白な雰囲気に騙された感じですね。
予想以上に好き勝手された、彼女のうろたえる様が可愛らしいのです。
続く2話目。
それから1週間後の風景ですね。
えっちはしたものの、普通通りに接していたらしい「栗原くん」
関係が変わらず続いたことに安心すると共に、”どこか物足りなさも感じる”という「河東さん」がリアルです。
負けたらえっちさせる、という妙な勝負事に乗っかってしまうのも、そうした心情からでしょう。
こちらでは体育があったため、下に穿いたままだったブルマえっちとなっていました。
また、じわじわとお尻も弄ばれたり、えっちに対する慣れが感じられますね。
”勝ったら何でも命令できる”という約束でしたが、もし勝利したら彼女は何を願ったのかなぁ。

3話目は電車内えっち…いちおう。
ここでも、意外なところから”ドーナツ”の単語が顔を見せていました。
ちょっとびっくりでしたね。
次また迫られたらどう対処すべきなのか
そんな事を考えるようになっていた「河東さん」に対し、一緒にいてもやはり以前と変わらない「栗原くん」
ぼーっとした目の奥で何を考えているのか、珍しいタイプの成年漫画メイン男子です。
ため、電車内での今回ストーリーは実に効果的
ドーナツの穴は食べるとなくなるけど、どこに行くのか
1話目から続くそんな問いに対する回答と共に続くえっちシーンは、見事な流れでした。
また、なにげに注目なのは「栗原くん」のオチ前での行動。
読み終わった後である場合、ちょっと違って見えるかもしれません。
保健室での4、5話目。
前半はジャージ姿で独りえっちから「栗原くん」が参加、後半はお尻ですね。
きました。
単行本表題から、そっち系ジャンルだろうと疑っていましたが、ついにそんな描写です。
ここでも”ドーナツ”にて例えられてますね。
そこから、意図をぱっと気付いた「河東さん」がいい反応でした。
(やや手遅れでしたけど)

河東さんのぱたぱた
※河東さんのぱたぱた
 小さいコマでしたが、この絵はキュートでお気に入り

物語で初めて「栗原くん」のモノローグが語られる6話。
飽きちゃったかな…?
そんな頃、差出人不明な手紙を受け取った「河東さん」
これが…まさかあーした展開になるとは思いませんでしたが、先の一言がいい演出となっていました。
こんなブログでアレコレ書いてしまうのは惜しいのでこれ以降の詳細については伏せますね。
なんだかもどかしいような、妙な読後感です

取り急ぎ一言で伝えるなら、とにかくスゴイお話でした
キーワードの”ドーナツ”も、ちゃんとちらほら登場してますよ。
カバー裏にも、スクール水着な「河東さん」らがいるので、こちらも注目。
また、よーく見てみると、あの↓表紙絵は縦でなく横に見るのが正解なんですね。
(※タイトルも横書きでした)

深夜の弁当屋でバイトをする「今崎」さん。
司法試験に向けて頑張っている彼女は、しれっとした思考と物腰の女の子でした。
ある日、クビになっていた元バイトの「濱内」が店に顔を見せると、売り上げを奪って逃走。
また、何かとダメな彼に対して厳しく接していたことの逆恨みか、「今崎さん」も現金と共に拉致されてしまったのです。
だいたいそんな短編が「誰を怨めばいいのでございましょうか」
「LET’S GET LOST」の彼女と似た感覚で、これは「浦井民」センセらしい漫画と言えるのでしょう。
冷静で現実的な「今崎さん」は、とっつき辛い優等生タイプ。
思い付きみたいな犯罪に走った彼を、冷静に分析してますね。
えっちなことされる最中も、まるで小説のように色々と思考を巡らせているんですが…ここはさすがに可愛らしい感じが見えました。
もう少し険が取れればいいんですが、そこはまだ年齢相応という感じなんですかね。
(※大人っぽく見えますが、いちおう中学生くらい)
なにゆえ彼女がそういう冷めた感じであるのか、実はラスト1ページだけで判明するのです
非常にまとまり良い短編です。

「つるのおんがえし」は同タイトル昔話のパロディ的作品です。
罠にかかっていた鶴を発見した「与平」
助けるどころかなんとその具合を試そうとした彼に慌て、人の姿に変化して”恩を返す”と持ちかけるんですが…。
彼は童女となった鶴に構わず、取り急ぎにえっちを強要したのでした。
食物として食べようとしたならまた分かりますが、牛や馬とも経験があるという「与平」
なかなか最低な男性です。
ンなケッタイな格好に化けるヤツに趣味のいい反物が作れるとは思えねえし
とか言われていました。
どう喋ってもマトもな会話にならず、そんなんに見つかったのが彼女の不幸ですね。
人間ではないものの、収録キャラでは最も普通のヒロインちっくです。

由香ちゃん、鶴さん
※左:由香ちゃん、右:鶴さん
 短編ヒロインはこんな感じ。「由香ちゃん」のお話はややこしさもなく良かったです。

冒頭話「春爛漫」ですが、これ実は直接えっちのない短編
父親がトイレを占領していたため、トイレを我慢したまま登校することとなった「由香」ちゃん。
バタバタと支度に忙しい朝に”水着が必要”と言ったこともあり、予定より遅れての登校となっていました。
そんな訳で、近くの公園に寄った「由香ちゃん」でしたが…その日は検尿の提出があったのです。
だいたいそんなお話。
誰しもが一度は経験があるだろう、トイレ我慢なお話
どうやら、なかなか大変なこととなっているらしい父親。
それに輪をかけるように、「水着が必要」とか当日に言い出している「由香ちゃん」
なかなか楽しい日常風景ですねー。
こんなんあるある。
彼女の服装は…サスペンダー・パンツと言うんでいいのかな。
下着の上にはそれだけで、シャツとかなんとか着てないのがセクシーでした(笑)
また、普通の成年漫画ではえっち相手になりそうな兄「志朗」くん。
手を出したりすることなく、面倒見良く、適度にお兄ちゃんしていました。
えっちはともかく、普通に漫画として面白いお話ですね。

丁寧で乱れない線の絵柄。
髪や目などの黒が深く、ページは全体的に落ち着いた感じになっています。
乱れ少なく安定しており、コマにしっかり収まっていました。
小奇麗に整っている漫画ですね
キャラの言動・反応は無論のこと、背景から小物までバランスに優れ、非常に巧かったです。
進行にモノローグをよく利用される特徴がありました。
前述したように独特な発想のヒロインが多いため、それがセンセ独自な世界を効果的に演出しておりました。
作画・漫画とも個性を確立されているだけ、癖もやや強めです。
絵は↓表紙などのカラーで判断するより、紹介帯のカット絵のが正確。
白黒絵のがセンセ独特な味わいあるため、良いと思います。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・巧いです。多少のバラつきと強い癖で下げましたが、満点でもいいかと。
・連続話ほか短編も秀作揃いです。読むのにはちと時間必要です。
・単純なものではないですね。センセ独特な世界が広がっていました。
合計:[14/15]
↓表紙の段階では、まさかこんな漫画群が収録されていると想像もしませんでした。
これで2冊目がどんなになるのか、次も注目したいと思います。

Hole Sweet hole (TENMAコミックス LO)Hole Sweet hole (TENMAコミックス LO)
(2009/11/20)
浦井 民

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : スクール水着 パロディ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。