FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■堕ちる闘神 (しなま)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・アクション
・おまけ: あとがき・作品解説。
・その他: 短編×9(うち「炸裂!チャイナ特捜」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「しなま」センセの「堕ちる闘神」です。

こちらでは初単行本「はつカノ」から、「きす☆みい」、「ふぇてぃっしゅサークル」と順に紹介している「しなま」センセ。
その4冊目は「堕ちる闘神」です。
学園物のイメージが強い「しなま」センセですが、こちらは「キルタイムコミュニケーション」さんということで、ファンタジーな漫画集となっていました。
1エピソードだけ連続話があり、他は全て短編という構成。
戦乙女から天使というありがちなファンタジーネタから、ロボット、忍者、格闘娘など、アクション性も豊富にあります。

戦女神「ヴァルキリー」、女王「クスハさま」
※左:戦女神「ヴァルキリー」、右:女王「クスハさま」
 凛々しいお2人です。鎖の緊縛がいい感じ(笑)

↓表紙から直接続く短編「鎖縛の戦女神」
処刑場跡に大量発生した魔物を狩る戦女神「ヴァルキリー」
しかし、突如出現した鎖によって、捕縛されてしまったのです。
気付くと、その目前には以前”死の宣告”をした人間がおり…と、だいたいそんなお話。

本来の「死すべき者を選ぶ」、「戦死者の中から英雄を選抜する」という設定なようですね。
こちらでは死を宣告された男がそれを免れるべく、逆に「ヴァルキリー」を倒そうと画策したパターン。
そのため、鎖による緊縛となるのでした。
よくありがちな縄とは、また異なる風情ですね。
和風と洋風みたいな感覚(笑)
鎖のがちょっと痛そう。
えっちにメロメロでしたが、それなりにすっきりまとまるオチでした。
ちなみにあとがきによると、こちらも古い原稿とのことでしたが…さして違和感はないです。
問題ありません。
ただ…ごめんなさい、1つだけどうしても。
あの↓表紙が刺さるのは、”甲冑姿で凛々しい女性が、リボンのついた可愛らしい下着を着用している”ところだと思うんですね。
「しなま」センセもお好きなようで、かなり力の入った描写になっています。
ただ、やっぱり漫画本編で再現されていないのは痛い、どうにも惜しい。
ちょっとファンタジーっぽくはないですけれど。

軍を率いる姫様が、自国宰相の裏切りによって捕まってしまう展開「戦姫クスハ」
甲冑に身を包み、敵兵ともやりあっていた「クスハさま」
捕えられた彼女はボンテージ姿での恥ずかしめを受けることとなるのでした。
甲冑も確かに捨て難いですが、あの姿もいいですね。
観衆が見守る中での、羞恥プレイちっくなものになっていました。
しかし、剣でのえっちはおっかないですねー。
私怨によって国を左右する宰相の、おちょこ並みに小さい器加減がいい感じ。
この国は早々に滅亡するような気がしますよ。

チャイナさん
※チャイナさん
 パンチラ…というより、モロですね。

収録では唯一の連続話「炸裂! チャイナ特捜」
敵陣へ乗り込んだチャイナさん(※センセがあとがきでそう呼んでたので)が、えっちなことされるパターン。
最強拳士ということで、普通に戦っても大の男複数を圧倒するほどの実力がありました。
1話目は、上海からの達人「劉学礼」の”点穴術”によって身体の自由を奪われてしまう流れ。
年齢も若いのかな。
まだ生えておらず(何が?)、胸も収録中で断トツという貧乳っぷりでした
…まぁ、アクションには都合良いでしょうけどね。
スラリとした長身で、バストも大きくなったチャイナさんの2話目。
数年後の話かなーって思いましたが、さにあらず。
なぜかは秘密ね。
やはり捕まり、オークションに出品されてしまうチャイナさん。
なにげに1話目で登場していたボスが再び顔を見せていてびっくり。
まだ捕まってなかったんですね(笑)
容姿とは裏腹に、結構スゴイ人なのかもしれません。
パンチラも気にせず、蹴りを繰り出す彼女のアクションシーン、また1、2話でだいぶ期間があったらしく、より巧くなったセンセの画力も見られるお話になっていました。

こうした漫画では珍しい、ロボットもの「実験戦機 唯」
ある研究の仕上げとして、模擬戦闘に出撃した少尉「橘唯」
しかし、そこには敵機である同盟軍の部隊がおり、味方は次々に撃墜されていたのです。
直接の肉弾戦に持ち込んだ「唯」は奮闘するものの、最終的に自軍は全滅。
彼女も捕まってしまったのでした。
まぁ、ロボットのままではどうにもなりませんからねー。
パイロットスーツはお約束のように薄皮一枚といった風情
足広げて座るコクピット描写もどことなくえっちでした。
王道でしたが、お話の流れも期待通りな展開になっていくと思います。

同じく薄皮一枚というスーツですが、「淫香忍者 綾女」は忍者モノ。
暗殺任務で忍び込んだ「綾女」
発見された敵兵は撃退したものの、蟲使い「魔霧」に幻術は通用せず、逆に彼の操る「線蟲」によって絡め捕られてしまったのです。
三日三晩の責め、ということでした。
やっはりくのいちは捕まってナンボですね(笑)
お腹のぐるぐる具合が気色悪いですよ。
「魔霧」の思惑がため、なぜかその間は直接えっちはなかったんですが…そこがお話の核となっています。
なるほど。
そう考えると、発見されたのもわざとかなぁ。

少尉「橘唯」、くのいち「綾女」
※左:少尉「橘唯」、右:くのいち「綾女」
 キャラとしてはこの「唯ちゃん」が良かったです。

ほか、巻末収録の「変幻外道剣士」は、あとがきによると、原作モノとのこと。
ヒロイン「ライディ」という名前でしたから、素直にそれでいいのかな。
…あ、初出にありました。
雷の戦士ライディ~破邪の雷光~」が元ネタです。
毎度のことながら未プレイですが、このシリーズのむかーしのやつなら知ってますよ。ええ。
ずいぶんと長く続いてるタイトルですねー。
ダンジョン中で狂戦士と遭遇した「ライディ」がえっちなことされるパターン。
ほぼ問題なく進行するお話でしたが、オチ部分がどうにもいまいち。
淫魔「アーニャ」との対決話「精奴淫魔アーニャ」
冒頭では余裕あった彼女がじわじわ追い詰められて可愛らしくなってしまうところがポイント。
特に「勘違いしないでよねッ」とか言っているオチはいいですねー。
相手が淫魔だけに、大量で派手な液体描写がありました。
また、こちらもお腹です。
…好き嫌い分かれるかなぁ。
2パターンの天使さんが嬉しい「断罪天使」
前半は手錠で複数、後半は触手となっていました。
えー、貫通してましたね
比較的すっきりと描かれていましたが。

基本的には強い線のこってり絵柄。
濃淡は濃い目で、かつごっちゃり描かれる方です。
こちらの単行本の場合は、デビュー当初の頃から4年半ほどという作品群。
なるほど、最近の絵と比べた場合は、やや薄くこざっぱり感があります。
各話の時期には差があり、単行本としてはやや不安定であったと思います。
ただ、当時から巧い方なので、こと細かく気にしなければ大した問題にはならないでしょう
判断は↓裏表紙、あるいは「キルタイムコミュニケーション」さんのHPがいいですね。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・確かに不安定さもありますが、センセが謙遜されてるほどではありません。巧いです。
・こうした漫画のスタンダードな感じですね。
・際立っていたのはお腹の描写ですが…もう一息ほしいかなぁ。
合計:[10/15]
悪くはないものの、全体的には無難という仕上がりでした。
ちょっとひでるさんの期待が高過ぎたかもしれません。

堕ちる闘神  (二次元ドリームコミックス 195)堕ちる闘神 (二次元ドリームコミックス 195)
(2009/11/25)
しなま

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ファンタジー パンチラ アクション キルタイムコミュニケーション ボンテージ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。