FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■好きにしていいよ? (鶴田文学)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・ノスタルジー
・おまけ: あとがき漫画、ゲストページ、カバー裏にカラー別絵。
・その他: 初単行本、短編×9。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「鶴田文学(つるた・ぶんがく)」センセの「好きにしていいよ?」です。

発売表で名前を見て、最初に浮かんだのが「中山哲学」センセ。
似た雰囲気の名前だなぁ、って思っていたら…やっぱりゲストページにおられました。
同じ釜の飯を食べた
ということみたい。
なんだか、”なんちゃら一門”みたいで、こんなんも面白いですね!
次は「宮川蘭学」とか、そんな感じの名前な方がデビューしたりして(笑)
ちなみに余談をもう少々。
ゲストページには「いとうえい」センセ、「さいだ一明」センセが参加していたんですが…隅に描かれていた4コマが偶然か必然か同じネタでした。
「鶴田文学」センセはなかなか面白い感性をお持ちのようです。
次巻以降はそっち系でガンガン押してみるのもいいかもしれません。

沢村さん
※銭湯”沢の湯”の看板娘「沢村さん」
 うーん、眼鏡かけてた方がいいかなぁ。

さて、そんなこんなで「好きにしていいよ?」は「鶴田文学」センセの初単行本。
全て短編での構成になっています。
明暗どちらもあり、母に姉、先輩から幼馴染みまで、幅広いヒロインです。
予想と違い、あまりぺかぺかとラブコメちっくではなかったですね。

こちらでの注目は…やっぱり銭湯漫画「湯のはな」でしょう。
近所の銭湯”沢の湯”の閉店ぎりぎりに滑り込んだ「勇太」くん。
店番をしていた子の厚意により、掃除・片付けをしながらの状況で入ることとなったのです。
会話から、その子は知り合いらしいと分かったんですが…ひょんなタイミングから、クラスメイトの女子「沢村」さんだと判明したのでした。
男子だと思っていた「勇太くん」の気軽に言った台詞を引き金に、なんとなく良いムードになり…と、だいたいそんなお話。

眼鏡、ショートカット、貧乳で、一人称が「ボク」という女の子とのえっち短編です

キャラ設定に成功しているだけ、収録では群を抜いて魅力的な1話に仕上がっておりました
たぶん、こちらだけで”単行本を買って良かった”としみじみ思えるでしょう。
ぜひ、彼女の再登場を希望します。

さて、そんな訳で色々な要素を持つヒロイン「沢村さん」
おそらく、3ページ目の一言でスイッチ・オンとなっていたのでしょう。
ノーブラ(そんな大きさですからね)なシャツと短パンという服装も、なかなかキャラに合っていて良い感じ。
(…掃除だからか)
図書館での”見上げパンチラと同じく、風呂場での”滑って胸タッチ”はお約束。
こちらの「勇太くん」は胸もそうなんですが、大事な部分にも(ひざで)タッチしてました。
性別の最終判断はなにげにそっちでしたねー(笑)
なかなか積極的で、中盤からの「沢村さん」は言動などやたら可愛く描かれています。
じっくりご覧ください。
ただ、眼鏡を外してしまったのは人によって良し悪しかも。
いつもはお風呂のヘリでやるんだけどね
…とか言っていたので、ぜひオンリー・プレイなパターンを見たいなぁ。

紹介帯にありました”どこか懐かしい”が当てはまるだろう、ノスタルジーな3話。
冒頭話「夏のオモイデ」はごくスタンダードな田舎帰省ネタ。
幼馴染みで妹のようだった「優子」さんがお見合いをすると聞いた主人公。
なんとなく居ても立っても居られず、3年ぶりに帰省したのでした。
これは…ページめくった際の「おかえり!タカちゃんっ!!」でしょう。
ロングの黒髪でセーラー服、麦わら帽子に揺れる胸。
コマもぶち抜きで良い感じでした。
思い出の川に立ち寄り、そこでえっちするという、実に王道なパターンとなっています。
ちなみにどうでもいいですが…うたた寝したならいいですが、溺れて気を失った彼女にえろい事するってーのは…どうなんだろ。
好きならなんでもオッケーか。

優子さん、美春さんと参加していた女の子
※左:優子さん、右:美春さんと参加していた女の子
 新しい原稿の漫画は、非常に良質。ノスタルジーが表現されてます。

「シネマロマン」はえっち映画館でのお話。
憧れだったえっち映画館にこっそり入場した主人公。
しかし、映研部の先輩「美希」さんにつけられており、館内でばっちり目撃されてしまったのです。
……手伝ってあげよか?
えっち動画が気楽に見れる現代では、どうにも懐かしい感覚ですねー。
横で美人な先輩が手伝ってくれるならば言うコトなしですよ。
余裕ありそうでなかった「美希さん」が素敵。
最後まで可愛くまとまっていました。

男女のかくれんぼ話「鬼さんこちら」
一番年上な「美春」が始めた秘密の遊び
かくれんぼの体ですが、”鬼は見つけた相手に何をしてもいい”と言うルールがあったのです。
舞台が神社ということもあり、なんだか…過去にあったいけないお遊び、みたいな空気が漂っていました。
簡単には、「美春さん」が集めたえっちサークルみたいな感じ。
いちおう絶対のルールもあったんですが、ちょうど微妙な年齢となっていた主人公「隼人」くんが暴走してしまう展開です。
うん、こんな経験は当然身に覚えない(笑)ですが、彼の気持ちは分かるなぁ。
ちょっと人生を狂わされたような、じんわり重いお話でした。

カップルだらけな夜の公園にて休憩する「戸田」くん。
その草陰で、下半身丸出しな女の子と遭遇したのです。
その場は人が来たため退散したんですが、次の日の学校にてクラスメイト「塩沢真奈」さんに声をかけられたのでした。
だいたいそんな導入の「PET it ONE娘」
いきなり四つん這いで放尿していた「真奈さん」
なかなかトンでもないヒロイン登場シーンが印象的です。
驚きのあまりか、直後の「戸田くん」の行動がちょっと可笑しいですね。
なんだか親切(?)っぽくて。
どうやら「真奈さん」は命令されたとかでなく、アレは自主的にやっていたようなんですが…彼女視点での話も見てみたいです。

「乳に願いを」は幼馴染みカップル。
「透」くんの部屋にて巨乳えっち本を発見してしまった「知佳」ちゃん。
幼なじみの私に対する裏切りだわ
という一言が妙に可笑しいです。
そんな彼女は、何も挟めないほどの悲しいサイズだったんですが、流れ星にお願いしたところ次の朝には巨乳になっていたのでした。
念願のバストを手に入れ、はしゃぐ「知佳ちゃん」が可愛いです。
それで自信も手にしたのか、あっさりえっちに持ち込んでおりました。
昔からずっと、とか言っていた「透くん」でしたが…あの場面では軽い台詞でしたねー。

春香さん、真奈さん
※左:春香さん、右:真奈さん
 人妻もふくよかでいい感じ。「真奈さん」は冒頭のインパクトが全てですね。

ほか、「ママ包」は母子の近親ネタ。
いちおう口で拒否を言っていましたが、ほとんど誘ってる感じ。
お話としては悪くないんですが、どうにもヒロインの髪型が気になってしまいました。
…うねうね独自に動きそうで。
ある意味、そちらは振り切ってしまうまで描かれているのでいいんですが、「アネオモイ」は初戦で終了なため読後感は微妙。
切っ掛けもあんなんでしたからね…。
姉弟の近親で、ちょっと好意を持っていた弟の友人も加わっての複数になっています。
「残り餓」も同じく姉弟の近親。
ただ、こちらは姉「春香」さんが結婚後、「香介」くんは大学受験という年齢なのでした。
好奇心から過去に関係のあった2人。
受験の下見で一泊した「香介くん」は、欲求不満だろう「春香さん」を察してえっちに持ち込むパターンです。
旦那の時とはまるで違う、彼女の表情に注目
漫画のメイン部分(たぶん)だけあって、お口シーンはかなりじっくり・たっぷり描かれていました
お好きな人は小躍り下さい。

強くふんわりとした曲線の絵柄。
くっきりとした濃淡で、よく描き込まれている濃い目な画面です。
怪しい部分があったものの比較的崩れは少なく、ややごっちゃりでしたが見辛さもありません。
キャラ絵は楕円で幅広な輪郭とスタイル、そして横長の目が特徴。
だいたい↓表紙のような、ぽよぽよ・むっちりなヒロインです
もし縦長な目であったなら、いかにもという漫画絵なんですが…そうではなかったので、たまに妙なまでの色気を感じました
まだ個性を確立しきっていないようでしたが、こちらを究めれば次のステージが見えてくるかもしれません。
絵柄はひでるさん好みの系統なので、今後も応援させて頂きます。
初単行本として見た場合、十分な安定感であったと思います。
カラーは微妙に雰囲気違うので、判断は紹介帯裏のカット絵、あるいは余裕あるならセンセのHPで確認できるのでオススメします。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・濃い目で個性はやや強め。時期の新しいものには安定感が出ていました。
・えっち短編ですが、しっかり読めてヒロインも魅力的です。
・「湯のはな」、「鬼さんこちら」が独特で良いです。もっと個性を発揮してもいいと思います。
合計: [11/15]
個人的には、なにゆえ表紙・裏表紙に「沢村さん」を起用しなかったのかが疑問。
…あ、ジャンルを混同する恐れがあるためかなぁ。
(あるいは出版社の意向?)
折り返し部分に描かれていましたが、やっぱり大きいカラー絵で見たかったですよ。

好きにしていいよ? (メガストアコミックスシリーズ No. 239)好きにしていいよ? (メガストアコミックスシリーズ No. 239)
(2009/11/19)
鶴田文学

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ノスタルジー ラブコメ ツインテール ショートカット パンチラ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。