FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ワケありな彼女 (音無響介)

★まんがデーター [8/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■□□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 恋愛・訳あり
・おまけ: あとがき。
・その他: 短編×9
      (うち「ミスキャンパスは眠れない」×2、「~Again~」×2、
       「お口の恋人」×2、「終焉の兆」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「音無響介(おとなし・きょうすけ)」センセの「ワケありな彼女」です。

先日のブログで、うたた寝したら早朝になったとか書きましたが…すっっかり体調を崩してしまいました。
インフルではないので熱はないものの、頭がバキバキします。
画面見てるだけでしんどいです。
夜はちゃんと寝るものですね。

さて、成年系の初単行本「ハメごろ」を紹介している「音無響介」センセ。
3冊目は「ワケありな彼女」です。
こちらはえっち系ですが、くくりとしては一般単行本。
センセ、初めての一般系ですね。
その内容は、2話ほど続く、ちょっとした中編にて構成された単行本。
短編も1話ありました。

真紀さん、香織さん
※左:真紀さん、右:香織さん
 あるいは、もっとラブコメっぽくしても良かったかも

タイトルそのまま、皆さん何らかの事情をお持ちな”訳ありヒロイン”で構成された単行本。
まぁ、最近は商品から旅行に至るまで、訳あり流行りですもんねー。
(※なんらかの問題がある分だけ価格が安いの)
お話に比重があるため、えっち度は低め。
まぁ、一般系ですからね。
ただ…ごめんなさい。
正直なところ、各話のストーリーはそう大したものでなかったので、全体的な出来栄えとしては非常に微妙な線だと思います。

冒頭の「ミスキャンパスは眠れない」は前後編。
主人公「真紀」は元ミスキャンパスという美人ですが、ある悩みを抱えていました。
それがため、付き合う「直人」とはお泊まりもなく、また彼のプロポーズにも曖昧な態度を取っていたのです。
そうした変な様子に気付かれ、いつまでも誤魔化せなくなった「真紀」は…という流れ。
実に他愛のない問題話で、ラブコメちっく。
これに前後編の必要はないかなぁ。
誰もが想像するだろう、そのままな展開なので、わざわざ引っ張るほどの事ではないと思いました。

短編「松市さんと私」は男性側の問題を解決するパターン。
そう、先のエピソードもこのくらいの長さが適当だと思います。
バツイチで冴えない中年男性「百瀬松市(ももせ・まついち)」に告白した、同僚の「ルリ」さん。
同年代と違ってあまりガツガツしていないところが気に入り、同棲を始めたんですが…もう何か月もたつというのに、えっちないままだったのです。
軽いお話なので、やいやい言うのはまた違うかもしれないんですが…あれくらいで治るのかな。
いかにもえっちっぽくなかった「ルリさん」のソレが切っ掛けとなったなら、彼女の努力不足ですかね。
買ってきた下着もあの程度でしたし…。

東京でカメラマンを目指していた主人公「今井亮太」
しかし、そこである問題を起こしてしまった彼は、故郷の松山に戻って地道に働いていました。
その得意先にて、学生時代の憧れ「山科香織」と再会。
昔話に花を咲かせる2人でしたが、夜の街にて彼女の意外な姿を目撃するのです。
だいたいそんな話がこちら、前後編の「~Again~」
単純に長さで言えば、こちらも適度。
細かい部分まで丁寧に描かれているため、後半がいい感じになっていました。
あまり宜しくはない「亮太くん」のスキルが良い方向に生かされる点など、心地よい爽やかさがあります。
ああしたシチュエーションで「助けて!」なんてメールを受けたら、男性としてはほっとけないですねー。

絵理佳さん、幸子さん
※左:絵理佳さん、右:幸子さん
 左はトビラ絵です。巧いですね。全身絵がほしかったので。

主人公「佐野俊之」には付き合って1年という恋人「絵理佳」がおりました。
明るく奔放でスタイルも良いという理想の彼女とは頻繁にホテルへ行くような関係。
しかし、えっちは最後までしたことなく、いつもお口だけだったのです。
そんな感じの、こちらも前後編「お口の恋人」
…ロッテ、ではなく。
お話的には、「ミスキャンパスは眠れない」と似たような他愛の無いもの。
1年もの付き合いがあり、頻繁にホテルへも行っていながら…やや現実味はないですかね。
「絵理佳さん」は過去があーだとしても、トラウマというほどではなかったですから。
無論、分からない訳でもないですけど、これはいかにも漫画だなぁ。
またどーでもいいですが、会議シーンのあり得ない失敗描写はこうした漫画で最も不要かと。
これはひでるさんだけですかね。
他愛のないラブコメちっく話ならまだしも、ある程度”大人の恋愛話”というこちら(…だよね?)では、どうにも質を下げているようにしか見えないんですが…。

売れない漫画家「桜井健児」と街で偶然に出会った人妻「渡辺幸子」の前後編「終焉の兆」
お話・シチュエーションで言えば、収録中でこちらが花丸。
心なしか、こちらだけ絵柄の雰囲気が違うような気がします。
ただ、とにかくテキスト多過ぎで、読む気が削がれる非常に宜しくない構成。
特に冒頭から数ページ後のモノローグ部分は酷すぎ。
せっかく他が良いだけに、残念でした。
なお、こちらはゲームで言うバットエンドな漫画で、救われない退廃的なラストが良いです。

細線のこざっぱりとした絵柄。
コマ割りは小さめで、背景などは比較的しっかりと描き込まれていました。
ただ、人物絵については逆にすっきり。
…ややすっきりし過ぎかも。
枠間も広めで白比率があり、画面全体では薄めな漫画となっています。
キャラは適度なバランスでリアル寄り。
アダルトというより、お姉さん系なヒロイン画でしょう。
絵的にはほぼ問題ないんですが…なんというか……漫画力がいま一歩という感じがありました。
※漫画力[まんがぢから]:絵とかネタとか漫画に必要な要素の総合力みたいなイメージね
個人的には…「終焉の兆」の際にも書きましたが、全体的にテキストが多めではあると思います。
なお、↓表紙ほかカラーは雰囲気良いため、判断は裏表紙のがオススメ。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・漫画としては平均くらいかと。ただ、絵は巧い方で安定しておりました。
・出版社側の要請かなぁ。雰囲気があるだけ、お話が弱く見えてしまいます。
・ラスト収録の「終焉の兆」以外はコレというものありません。
合計:[8/15]
対象年齢はサラリーマンくらいの漫画だと思いますが、それにしてはお話が軽い。
極端な悪さはないものの、出来栄えとしては中途半端な単行本だと思います。

ワケありな彼女

ワケありな彼女 (芳文社コミックス)


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : バットエンド ラブコメ サラリーマン

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。