FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■となりのアサミさん (ふうたまろ)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : ラブコメ・母
・おまけ: あとがき。
・その他: 短編×10(うち「となりのアサミさん」×9)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ふうたまろ」センセの「となりのアサミさん」です。

ついにプレイしました、「海原川背・旬 ~セカンドエディション完全版~」
良い出来栄えです!
知ってる方は無論のこと、知らない方にはぜひオススメなゲームです。
面白いんですが…もともとアクションが苦手な上に腕は相当鈍っており、ダメダメなひでるさんです。
もっと巧く「川背さん」を操縦してあげたいんですが…もう親指がアツいのですよー。
自分の体はうまくスイングしてるんですけどね(笑)

海腹川背・旬 セカンドエディション完全版海腹川背・旬 セカンドエディション完全版
(2009/10/29)
Nintendo DS

商品詳細を見る


さて、ゲーム紹介のブログではないので本題をば。
本日は「アナよび」などを紹介しております「ふうたまろ」センセです。
待望の新刊が発売されました!
こちらで5冊目という新刊は「となりのアサミさん」です。
あとがきに書かれていてやっとこさ気付きましたが、センセの短編集「愛・家族―ふうたまろセクシー短編集」の同タイトルを長編漫画用にしたもの。

愛・家族―ふうたまろセクシー短編集 (マンサンコミックス)愛・家族―ふうたまろセクシー短編集 (マンサンコミックス)
(2006/03/29)
ふうたまろ

商品詳細を見る

※コレね。

あらためてそちらを見ると…おおっと、びっくり!!
お持ちの方はぜひそれぞれを見比べて下さい。
1話お風呂のシーン前後です。
それはいい考えね」の台詞あたりから~背中流すくだりまで、まったく同じ流れです。
セルフパロディのような風情ですねー
(あ、でも基本的に同じ漫画なのか)

と、うっかりあらすじ書く前に本編へ行ってしまったので、ちょっと戻してあらすじから。
主人公「川崎秋彦」の隣に住む幼馴染み「吉原かがり」ちゃんの母「吉原朝美」さんは、近所でも評判な美人。
その美貌と料理の腕前により、TVにてお料理コーナーを担当するほどでした。
母親のない「秋彦」にとっては母性を感じる存在であると共に、憧れな年上女性でもあったのです。
ある日、「朝美さん」のものらしき下着を拾った「秋彦」がなんとなく1人でしていたところ、内外での公認カップルであった「かがりちゃん」にうっかり目撃されてしまいました。
激しく非難し、絶交まで宣言した彼女の言葉を受けた「朝美さん」は…
秋彦くん、じゃあ私の恋人になってくれる?

じゃあ私の恋人になってくれる?
※じゃあ私の恋人になってくれる?
 小さい頃から変わってないですね、この方。

いかにも「ふうたまろ」センセ、というラブコメ漫画でした。
「朝美さん」の方針がため、全裸率が非常に高くなっています
そのため、あとがきでセンセが書いているようにえっち度は他よりもやや上向きな単行本に仕上がっておりました。

こちらのメインヒロイン「朝美さん」
センセの書かれるアダルトヒロインというのは、一歩下がって皆を優しく導くような存在。
煽情的家族」の「美紗子さん」とかがソレですね。
しかし、こちらの「朝美さん」は自分に正直な、かなりはっちゃけた女性なのでした。
冒頭での裸エプロン(※↓表紙と同じですが、さらに下着も着けてません)に始まり、いきなりの恋人宣言。
これが単に「かがりちゃん」を素直にさせるための方策かと思いきや、お風呂へ侵入すると彼の妄想そのままというえっちをしておりました。
この方、本気で娘と張り合ってます
その後も「秋彦くん」の父親から承諾を得ると、同居のため勝手に引っ越しを開始。
さらに、”家の中で服を着るのは禁止”としておりました。
この世にはね…戦わずに手に入るものなんて何もないのよ
だって。
どんな人生だったんだろう。

吉原朝美
※吉原朝美
 はっちゃけ母親。面白い人ですねー。

そうした流れで、むりやり全裸にさせられる娘「かがりちゃん」
豊かな「朝美さん」とは違い、これからなスタイルですねー。
がつがつ貪欲に娘の恋人を奪う母親(笑)と対抗するため、素直に頑張っておりました。
怒ったり、恥ずかしがっている場合ではないですから。
まじめなだけじゃ幸せにはなれないの…
うんうん、その通りだ。
「かがりちゃん」は恋人の権利を1つ譲られ、さてこれからというところ登場するのが、もう1人の幼馴染み「菜摘」ちゃん。
センセお得意(たぶん)なツーサイドアップなキャラですね。
ほわほわお嬢さまっぽい割になかなか大胆で、胸も大きめ。
もともと気持ちは封印しようとしていたためか、7話ではナースコスプレ(その下にベルト状の拘束衣)、8話では母親「渚」さんの目前など、登場するたびにはっちゃけていくのでした。
「秋彦くん」モテモテですねー。
決して表情には見せませんが、なにげに監視を強化している「朝美さん」が可愛いです。

なお、6話では「菜摘ちゃん」の母「渚さん」が参戦してます。
行動が多少は怪しいものの、あくまでも娘の幸せを願うなど、「朝美さん」と比べるとだいぶ普通。
しかし、近しい女性と次々にえっちする「秋彦くん」は羨ましいですね。
かえって苦労するわよ
という台詞は、おそらく本心からのものでしょう。

かがりちゃん、菜摘ちゃん
※左:かがりちゃん、右:菜摘ちゃん
 「家で服着てると変な感じ」とか言ってましたよ。

そんなこんなで、「朝美さん」の下着を発端にしたカオスがどんな決着を迎えるのか、ぜひ単行本でご確認ください。
どう転ぶのか、ラストのぎりぎりまで目が離せない漫画です。
なにげに他単行本のヒロインらがもゲスト出演しているので、そちらも見逃さないように。
なお、複数で乱れる短編「快画の時間!」は、なんとなく「すえひろがり」センセちっくなお話でした。

しなやかな線のすっきり絵柄。
濃淡は適度からやや薄めという具合です。
大変バランスに優れ、決して崩れることない安定感のあるもの。
コテコテしていないものの、ゆったりとした豊かな曲線が微妙なふっくらな肉加減をうまーく表現しております
ボクのアダルトヴィーナス」の頃から巧い方でしたが、特に最近の絵は洗練させて綺麗ですね。
お話も含めて多少の癖はありますが、万人に好まれるタイプだと思います。
近い雰囲気だと…「陸乃家鴨」センセかな。
そちらよりもう少し落ち着いた感じです。
↓表紙、裏表紙の判断で良いでしょう。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・ソフトなタッチながら、きっちりえっちな絵柄です。絵的な問題はありません。
・ストーリーよりもえっちに比重のある、はっちゃけ話でした。
・センセ独特なキャラですね。やっぱりアダルトな女性は巧いなぁ。
合計:[13/15]
可愛い↓表紙なんですが…「朝美さん」、もう少し手を上にしてほしかったなぁ(笑)
個人的には、後ろ折り返しの母子絵が好きです。


となりのアサミさん (マンサンコミックス)となりのアサミさん (マンサンコミックス)
(2009/10/29)
ふうたまろ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ ツーサイドアップ コスプレ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。