FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■妹は同人少女コスプレ系 (茶否)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・ラブコメ
・おまけ: あとがき・4コマ、ドキドキ後日談・初期ラフ絵、
      描き下ろし「妹は同人少女コスプレ系」・「同人少女物語3+」、
      カバー裏に「同人少女物語」うそあらすじ・おまけまんがとか。
・その他: 折り返しにウソペディア「茶否」センセ、カラー(4P)、
      短編×13(うち「同人少女」×5)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「茶否(ちゃいな)」センセの「妹は同人少女コスプレ系」です。

すみません、頭がバキバキに痛いです。
昨日遅かったためかなぁ。
眠気も酷いので、本日はちょろっとですみません。

4冊目「おるすばんはせつなくて」を紹介している「茶否」センセ。
おそらく6冊目の単行本は「妹は同人少女コスプレ系」です。

中編をメインに、楽しい雰囲気の短編を多く収録した単行本になっています。
コスプレ系という文字が↓表紙で目立ち、カバーイラストもそんな感じなんですが…全体でそうした漫画は多くないので、コスプレ好きな方はちょっとばかり注意
ややズレますが、いちおう猫耳と死神なキャラは登場してましたけどね。

ハーレムな漫研
※ハーレムな漫研
 もうちょっと彼女らの出番がほしかったですねー。

そんな訳で、豊富な描き下ろしもあるメイン中編「同人少女物語」
実際には全3話ですが、カラーな描き下ろし「妹は同人少女コスプレ系」と描き下ろし「同人少女物語3+」が収録されているため、なかなかのボリュームとなっています。

同人誌の締め切りに追われる漫研部の部長「梢」
時間ぎりぎりな彼女は、部の先輩にして現在は連載を持つ漫画家という兄「祐也」に助けを求めたのです。
仕事を休むこととなる彼の対価要求に対し、「梢」は自らの身体をもって引きとめるのでした。
それからラブラブとなった2人ですが、漫研に顔を見せた兄は副部長「秦瀬彩」ほか部員にモテモテで…と、大まかにはそんな感じ。

兄妹の近親ラブコメ
主役というべき2人を中心に、漫研の女性陣が加わるストーリーになっています。
本人も自覚していましたが、まさにハーレム状態ですね。
また、漫研とは言いつつも女性ばかりとなっていた部はコスプレ中心の活動に傾きつつあり、ラスト3話目は特にそんな感じが顕著。
連載部分にややえっちシーンが少なかったため、「同人少女物語3+」など描き下ろし部分は期待通りというべきお話でしょう
まさかあんな結末になるとは思いませんでしたが(笑)

1話目は「祐也」・「梢」というメインの兄妹。
金以外をぐるぐる考えた挙句、胸を押しつけて引きとめる彼女。
さらにその後の”本に穴空けるより、お兄ちゃんに穴空けられる方が~”というページまでが実に最高です。
しかし、1日で8ページというのは、かなり厳しそうですね。
なお、こちらの「梢ちゃん」は丸眼鏡の文系少女なんですが、なかなか良いスタイル。
ほぼビキニという某キャラのコスプレも似合っていました。
「祐也くん」はまるで躊躇してないですよ。
副部長「秦瀬彩」登場の2話目は即売会が舞台。
こちらでも「梢ちゃん」がメインで、某ツインテールなコスプレでのえっちなんですが…よくある電車モノのような、混み合うド真ん中でのシチュエーションが刺激的でした
あれはいいなぁ(笑)
そうした流れでの3話は、「祐也くん」がOBとして漫研に顔を見せるお話。
部員4名は普段の活動がためか、皆コスプレをしています。
えっちへの参加は「彩さん」だけなんですが、描き下ろし部分では皆も本格的に参戦。
巫女さんコスプレな「桜子」さんがいい感じでした。

梢ちゃん、鈴さん
※左:梢ちゃん、右:鈴さん
 幼馴染みな2話は良くまとまった傑作です。

拡声器のラストが良い短編「てんねん」
やや天然な「優子」ちゃんは、クラスで人気な可愛い幼馴染み。
彼女の発言によってからかわれた「一基」くんは、「釣り合ってない」とか言ってました。
いや、お似合いだと思うのだけど…。
これはおそらく、素の「優子ちゃん」が漫画中に多く描かれていたことが原因かな。
”喋らず大人しくしていたら、清楚な美少女という感じに見える”ということなのでしょう。
押し倒されちゃいました~
とか喜んでいた彼女。
そこから察するに、マニュアルそのままで行動していたとはいえ、全く知識がないという訳ではないのね。

またまた幼馴染み2人による楽しいラブコメ短編「勉強しようぜ」
期末試験の勉強をするため、幼馴染み「宏明」くんの力を借りることとした「真島鈴」さん。
しかし、優秀な彼と違ってわずか10分程度で飽きてしまい、隣でごろごろとしていたんですが…ブラもあらわな彼女の姿に、どうにも落ち着かない「宏明くん」なのでした。
積極的な「鈴さん」が素敵です。
えっち最中での言動がまたいいんですねー。
こちらの「宏明くん」はかなり奥手だったので、あれでバランスの良いカップルなのでした。
オチまで非常にまとまりの良い短編です。
こんなん好き。
なお、「アカテン」に登場の「神崎雅」・「亮介」というカップルはちょうどその逆。
全教科赤点と威張る「亮介くん」に対し、ツインテールな「雅さん」は学年6位とかなり優秀な生徒でした。
追試の勉強を見るため、彼の部屋に上がるんですが、ちょっとした切っ掛けからえっちに発展しております。
やっぱり女の子のが覚悟良いですね。
ミニスカートと黒タイツの組み合わせが見栄えいいですよ

猫耳な「ミケ」ちゃんの「ねこみけ」
彼女の正体が何なのかとい疑問は置いといて…発情期というものをうまく擬人化で表現していたと思います
やったらせがむ、えろえろになる等のパターンはよく見られますが、こちらの漫画はある程度理性的なままくっついてきて、ちょっとした切っ掛けによってスイッチ入っていました。
大好き
という感情がどんどん大きくなるコマが、なんだかリアルです。
まぁ、猫の発情プロセスがどんなんか知りませんが…。
タイトルそのまま、こちらも人外な漫画「死神営業ルシカちゃん」
お人好しな死神「ルシカ」は自殺を考えていた人間「真島純」と接触。
初めて”可愛い”と言われて喜んだ「ルシカ」は、彼が唯一心残りだというえっちの協力をするのでした。
…あ、今気付きましたが、彼も名字「真島」なんですね。
「鈴さん」と関係あったりして。
楽しい雰囲気のラブコメ導入話のような短編。
なぜかセーラー服+スクール水着という組み合わせの「ルシカちゃん」が可愛いです。
巻末の「ドキドキ後日談」にその後がテキストで収録されていましたが、続きが見たくなるお話。
ぜひ彼とラブラブしてほしいなぁ。

ミケちゃん、ルシカちゃん
※ネコ耳「ミケちゃん」、死神「ルシカちゃん」
 「ルシカちゃん」のお話は、よくあるタイプの1話目のような風情でした。

漫画に描かれていた事柄から察するに…相当の財力があるらしい鷺宮財閥。
その娘「鷺宮遥」と庶民Aとか言われていた「曽田真」のラブコメ「お嬢様の社会勉強」
こうしたキャラのお約束そのまま、ツンデレちっくな「遥さん」
お付きの「清川」を下がらせた後の落ち着かない言動が面白く、果たして何がそんなに気に入ったのか、ラブラブっぷりを見せていました。
「真くん」は今後相当に大変でしょうねー。

ほか、「ハラペコ」は優等生な委員長「律」さん、問題児「宇津木」くんというカップル。
学校内でのえっちです。
対立しているように見せかけ、実はこっそりと付き合っているというパターンでした。
えっち本好きな「柴田鳴(しばた・めい)」ちゃんのコメディー「妄想少女」
普段はクールなカタブツ風紀委員という「鳴ちゃん」は、クラスメイト「並木均」くんが店番をしていた書店でうっかりそうした書籍を購入してしまったのです。
レジでの会話をすっっかり勘違いした彼女は…という流れ。
普段着というジャージ姿はカモフラージュのためなのかな。
スポーツブラを含めて色気ないんですが、脅迫・調教されていると勘違いしている割に終始笑顔だった「鳴ちゃん」が印象的でした。
面白い娘さんですよ。

ふんわりとした線の絵柄。
濃淡はごく薄めで、コマ割りも小さめ。
さらに枠線をはみ出すことも多く、ページはかなりごっちゃりとしていました。
ちょっと見辛く感じます。
色彩がためか、キャラがためか、それでもこってりな感じはありません。
ヒロインを始め人物絵が細身なんですね。
(※ロリでも貧乳という訳でもないですが)
ある意味では極端すぎない、適度に良いスタイルかと思います。
カラーでもほぼ雰囲気の変化はないので、判断は↓表紙・裏表紙でどうぞ。
あまり見られない、独特なタッチが実に個性的
ただし、それだけ人を選ぶこともあるでしょう。
正直なところ、ひでるさんは前の「おるすばんはせつなくて」のような絵柄のが好みです。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じ。絵、話、独創性の順です。
・独特な作画があまり合いませんでした。悪くはないと思うので平均点。
ラブコメ話は読んでいて楽しかったです。中編もそうですが、特に短編は良いものが揃っていました。
・上でも書いている”発情期ネタ”が強烈な印象。ただ、満点ではないと思うので。
合計:[11/15]
オチが冴えており、お話はひでるさんが気に入っただけ点数高めです。
ラブコメ好きなら注目です。
さらに絵柄がマッチするならば、非常に楽しめる単行本になるでしょう。

妹は同人少女コスプレ系 (ポプリコミックス57)妹は同人少女コスプレ系 (ポプリコミックス57)
(2009/09/24)
茶否

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ コスプレ ツインテール スクール水着 コメディー

comment

Secret

お兄ちゃんは…

まぁ、ギャグなんですが、あんな結末になるとは、ねぇ(笑)
あとがきのその後は良いだけに、漫画にならないのがちと残念な気もしましたよー。
私はやっぱり「ねこみけ」の描写がお気に入りです。

ルシカちゃん可愛いです

どの話もオチがいいですね、オチがいいと話全体がしっかりするので。
同人少女のお兄ちゃんは幸せなんだか不幸なんだか(笑)。
「てんねん」はもうあれはかなりぶっとんだ娘ですね頭真っ白になりますよ。
あとがき部分でのそれぞれの話のその後とかいいですねあれは嬉しいです。
QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。