FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■わーるどいずまいん2 (オオハシタカユキ)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・マニアック
・おまけ: あとがき、キャラ解説+補足説明。
・その他: カラー(4P)、あらすじ・キャラ紹介・ダイジェスト、
       8話+おまけ×3収録(全て表題作・2巻完結)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「オオハシタカユキ」センセの「わーるどいずまいん2」です。

ちょっと試験運用。
↑あちらの「まんがデーター」にて、どう採点を考えたのか詳細を書いてみることとしました。
もし宜しければ、そちらも見てみて下さい。
(※どこにしようか迷ったあげく、とりあえず本文↓下に置いておきました)
続けるかどうかはよく分かりません。まだ考えてません。
体力と時間次第かなぁ。

さて、「オオハシタカユキ」センセの新刊が発売されていました。
3冊目の単行本は「わーるどいずまいん2」ということで…去年発売されていた「わーるどいずまいん」の完結巻となります。
前単行本には他の短編もありましたが、今回は表題作のみという構成
完結までじっくり楽しむことができます。

主人公
※正体判明する主人公です。
 メインらしく、色々な服を着てえっちしてました。

性暦3012年。
様々な要因がため、受精可能な精子不足で世界は混迷。
やがて各地方は武装して独立し、精子資産を求め争っていたのです。
怪盗ブルーライスチャイルド」が前時代に残した遺産「スペルムーン」を求めて彷徨う主人公は、東北エリア「オオダテ」に到着したのです。
そちらに出現した謎の男が率いる”イケブクロ防衛軍”、迎撃する”アキハバラ特殊部隊”、そして主人公の運命は…と、だいたいそんな感じ。

とかく過激にえろえろと展開する長編漫画
巻末の解説によると、なんだか勢いそのまま進めたような感じで書かれていました。
あれは多少の誇張・サービスがあるのではないかなぁ。
成年系らしく、漫画の売りは”可愛らしいヒロインらがトンデモなえっちを受ける”というところ。
ストーリーうんぬんよりド派手でハードな描写を楽しんでください。
…まぁ、そっちで満腹になるため、お話については2どころか3の次くらいな感覚になる筈です(笑)

巻数表記そのまま、漫画は直接前単行本から引き続いております。
だたし切れ目は良かったらしく、ぶっちゃけ裏表紙のあらすじ文でほぼ事は足りるかな。
ひでるさんは前単行本を読んでいるので厳密には当てはまりませんが、未読の方でもおそらく楽しめるかと。
こちらを読んで刺さった後に1巻へ戻るのでも、全然イケると思います。

また、冒頭カラーページの後には”裏表紙のあらすじ”とは異なるストーリーがあるんですね。
その他にもキャラ紹介があり、ダイジェストシーンもあり、巻末には「オオハシタカユキ」センセのコメントと共に補足説明まであるのです。
実は連続単行本として、コチラはかなりの親切設計でした
ぜひ、後発の方々もお手本にしてほしいくらいですね。
こうしたサービス豊富なところから、先の「未読の方でもおそらく楽しめる」という部分に繋がっています。
前巻を読んでいるならばより良し、なにげにセンセの初単行本「怪盗ブルーライスチャイルド」も絡んでいるため、そちらまで読んでいれば完璧でしょう。
気に入った方はセンセの発売中3巻をずらり揃えるのをオススメします。
ひでるさんは…そう、いつもこうした記事になると未読・未プレイが多いんですけど、今回は全てクリアしてました。
そんな訳で、単行本の途中では「おお!」と驚きましたよー。
見事センセの作戦に引っ掛かりました。

アキハバラ特殊部隊・「静音」・「命子」
※アキハバラ特殊部隊・「静音」・「命子」
 この2人は良かったなぁ。「命子さん」はコメディー絵がいいですね。

いきなり始まるのは5話「忍び寄る影! 必殺触手スパイラル!」
タイトルそのまま、「キルタイムコミュニケーション」さんならではという触手えっちが展開されます。
普通からすればハードでしたが、単行本としてはまだ序の口(笑)
それにこの回の注目点は、やっぱり主人公、「秋田小町」という両ヒロインの前巻から続くふんどし姿でしょう
なお、こちらのラストでは漫画の重大な秘密が明らかになっていました。
ひでるさんお気に入りな”アキハバラ特殊部隊”が活躍する6話「maid in Heaven」
今回↓表紙を飾る(※彼女はセンセのお気に入り)「鳴動命子(めいどう・めいこ)」ほか、「天羽静音」、「黒舟雷子」という3名がメイン。
かっちょえーアクションシーンから、「命子さん」の可愛らしい言動まである、注目な1話です。
こちらはふたなりえっちでした。
ひでるさんは貧乳・黒下着な「静音さん」のがいいなぁ。
なお、「命子さん」メインほか”アキハバラ特殊部隊”らは「あなざーえぴそーど」にも描かれていたので注目ですよ。
7話「魔導師ブルーライスチャイルド!!」は…そのタイトルで半ばバレていますが…伏せますね。いちおう。
冒頭の戦闘メイドちっくな主人公が可愛らしいのです。

ふんどし少女「小町さん」が活躍する8話「嗚呼、悲運のちゃんぽん娘!」
開始から5ページ以降が見どころ。
実は収録の5話にもちょっと描かれていましたが、こちらではより強調して描かれています。
こんなんがひでるさんは得意でありません。
乳腺のアレはどうにも慣れなくって。
(※慣れるのがいいかどうか分かりませんが)
だんだん盛り上がってくる9話「決戦アキハバラ!!」
警戒発令、そして次々に倒れる特殊部隊という、緊迫感がぐっと増すお話。
迎撃に出た「黒舟雷子」も薔薇騎士「乙女皇帝(おとめろーど)」との決戦にて、不意打ちがため倒れております。
眼帯な彼女のが好みなんですが、刺さる人も多いだろう真実の姿が暴かれ、ふたなりえっちをされてしまうのでした。
10話「Defeat」は最上階での決戦。
2巻から登場している重要キャラ「洗無米(あらなし・まい)」が出陣。
触手に絡められ、複数化け物とのえっちです。
そして11話「発動、スペルムーン!!」ではついに真打登場。
(※服装は7話での戦闘メイドちっくなものでした)
とある理由がためロリちっくになった「米さん」と共に触手えっちでした。
このくらいのがいいかなぁ。
そんなこんなで最終話「そして伝説へ…」に繋がるんですが…この長編漫画がどういった結末になるのか、ぜひ単行本でご確認ください。
実にらしい結末でした

秋田小町、洗無米
※左:秋田小町、右:洗無米
 今回サンプルはふんどし成分を多くしてみました。

丁寧な細線のデジタル絵柄。
バランスに優れ、えっちの流れでかなーり極端な事態になってもうまく処理されていました。
濃淡はさほどでもありませんが、大小・変形などのコマは多めで賑やか。
ネタ的に触手とか液体が派手に飛び回るので、かなり濃厚なのです
あまり得意ではないんですよ。
ただ、コメディー部分など崩しを含めてとにかくも巧く綺麗な絵で、キャラは凛々しく、または可愛らしく描かれています。
キルタイムコミュニケーション」さんと相性の良い漫画家さんでしょう。
カラーでもそう変化はないため、判断は↓表紙・裏表紙をそのままどうぞ。

【まんがデーター・採点の詳細】 大まかにこんな感じでつけてます。
・非常に絵の巧い方ですが、描写がどうにも許容し難いので満点から「-1」
・お話は普通くらい。複数巻なので色々大変そうだったので、心情的には「+0.5」
・極端なえっち描写、独特なネタ、特殊部隊メンバーほか個性的なキャラたち、などがため独創は満点。
合計:[12/15]
ヒロインは可愛く、漫画も巧いです。
もうちょっと落ち着いた感じだとストライクゾーンですが…あーでないと「オオハシタカユキ」センセっぽくないですもんね。

わーるどいずまいん2 (アンリアルコミックス 38)わーるどいずまいん2 (アンリアルコミックス 38)
(2009/10/01)
オオハシタカユキ

商品詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : コメディー キルタイムコミュニケーション アクション

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。