FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■プリンセスラバー! (由雅なおは)

★まんがデーター [8/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■□□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 原作ゲームラブコメ
・おまけ: 由雅なおはキャラクターコメント。
・その他: 原作「Ricotta」、折り返しにコメント、
      5話+おまけ収録(全て表題作・1巻完結)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「由雅なおは(ゆいが・なおは)」センセの「プリンセスラバー!」です。

たぶん…こちらが初の一般系ですよね。
「由雅なおは」センセ、おめでとうございます。

たぶん5冊目の単行本は、原作のある漫画「プリンセスラバー!」でした。
ブログでは、共に成年系という「妄想・極楽・夢気分」、「すてっぷあっぷ!」を紹介しております。
こちら「プリンセスラバー!」の原作は成年ゲーム。
人気があったようで、家庭用ゲームの移植からアニメ放送、そして漫画化という、多くの前例と同じ展開であった様子。
ひでるさんは未プレイ・未視聴で、毎度ながらこの漫画版が初見でした。
「由雅なおは」センセが描かれていたため、手に取ったのですよ。

ブログを書くにあたってネットで調べていたら…「キルタイムコミュニケーション」さんでも連載がありました。
うわ、バトルですね
そちらの作画は「緑木邑」センセ。
ちょろっとサイトにお邪魔させて頂きましたが、なかなかイイ感じの絵とおっぱいでした。
楽しみですね。
ゲーム寄りのえっち系ではないようでしたが、出版社さんから察するにサービス描写は豊富かもしれません。
たぶん。(※HPでちょろっとサンプルも見れましたよ)

プリンセスラバー!ヒロインズ・シルヴィア
※左:プリンセスラバー!ヒロインズ、右:シルヴィアさん
 ストッキングが素敵なのです。

交通事故によって、両親を亡くしてしまった主人公「有馬哲平」
彼を引き取った祖父「有馬一心」は”有馬グループ総帥”として君臨する、日本経済界の実力者でした。
「哲平」はその後継者として迎えられ、本人の意思そこそこに社交界にデビューし、またセレブが通う「秀峰学園」へと転校させられてしまうのです。
大きく変化した環境に戸惑いながらも、ヘイゼルリンク公国王女「シャルロット=ヘイゼルリンク」、フィルミッシュ公国の貴族令嬢「シルヴィア=ファン・ホッセン」、専属メイド「藤倉優」などに支えられ、華やかな生活を過ごすのでした。
…大雑把ですが、だいたいそんなん。

各話には、それぞれヒロインの名前がタイトルに付けられていました。
非常に分かりやすいですね(笑)
いちおうメインストーリーに沿って漫画は進行し、各キャラのお話を済ませてから最終話へと繋がる流れなんですが…

こりゃ、短すぎですね。

バタバタとした紹介エピソードの次がいきなりエンディングとなってしまうため各キャラを掘り下げる余裕なく、ラストもかなり唐突な感じでした。
複数ヒロイン・エンディングという原作を漫画にした際にありがちな、中途半端な事態となっています。
明らかにページ不足です。
この1冊程度の長さであれば、誰かヒロイン1名に絞って掘り下げた方が正解だったと思いますけれど…これは出版社とか、さまざま思惑が影響しているのかなぁ…。
ちょっと「由雅なおは」センセが気の毒な感じでした。
あるいは各話を完全に独立させ、それぞれ主要エピソードを短編のように描くとか…いや、それではあんまり変わらないか。
ゲーム、アニメのどちらかを知っている方で、「このゲーム題材ならばどんなんでもOK!」という熱心さない場合は、よくよく吟味した方がいいかもしれません
「由雅なおは」センセのファン向けな単行本と言えるでしょう。

突然セレブ世界へ立たされることとなった主人公「哲平くん」
漫画は学園生活部分がメインであるため、”不慣れな世界で戸惑う”みたいな描写は抑えられています。
ヒロインらとの交流に注力されています。
まぁ、ただでさえページ数ぎりぎりなので当然ですよね。

シルヴィアさん、藤倉優さん
※左:シルヴィアさん、右:藤倉優さん
 ヒロインとしてはこの「シルヴィアさん」、「優さん」ですね。

キャラクター紹介も兼ねた1話目は、おそらく正ヒロインであるお姫様「シャルロット=ヘイゼルリンク」
ちらほらそんな片鱗はあるものの気さくで最初から「哲平くん」にラブラブなため、2人の仲は非常に良好。
ヘイゼルリンク公国にどれだけの国力あるか知りませんが、こうした場合は彼女を狙うライバルから邪魔されそうですが…そういった描写は特にありません。
途中で、お付きのじいやに咎められたくらいですね。
で、そのあたりが非常に不自然
「シャルロットさん」に慕われる「哲平くん」は、じいや曰く”ハレンチ小僧”
そのため、腕組みされていた彼はじいやの怒りを買ってしまうんですが…なぜかお姫様抱っこして、2人で逃亡するのです。
ターゲットは貴方ですよね?
しかも、その付近にいたことが最大の問題なのに、わざわざ連れて2人して逃げるのはもう意味不明。
挑発してるみたい。
あれだけ迫力あるのに、あっさり逃げおおせるのもイマイチ。

余談ですが…。
これと同じシーンが、先ほど紹介しました「緑木邑」センセのキルタイム版「プリンセスラバー!」にもあり、ちょうどその場面がサンプルで見れるんですね
そちらの場合は、「シャルロットさん」に腕を引かれることで「哲平くん」もそのまま追いかけられており、お姫様抱っこする流れが実に自然でした。
申し訳ないですが、単純にココの描写ではキルタイム版のが明らかに優れています
以上、余談でした。

その後は、彼女の提案でデートを楽しむ2人。
実に微笑ましいですが、その翌日以降も普通に接しておりました。(※怒られてはいた)
1国の王女を勝手に連れて逃げたんですよね?
天と地ほどの身分差があるんですよね?
普通なら、「哲平くん」は2度と付近に近寄れなくなると思うんですけど…まぁ、いいか。

2話目は騎士姿が凛々しい「シルヴィア=ファン・ホッセン」
先の「シャルロットさん」よりつり合い良いのか、お互いの親は2人をくっつけようとしていました。
おカタイながらも好意を持たれており、漫画ではなかなか可愛らしい面も見せてくれます。
前述しました、”1名に絞って掘り下げる”パターンだった場合、ヒロインとして最適なキャラですね。
なにしろ「シャルロットさん」ほどラブラブでなく、「聖華さん」ほどわだかまりなく、メイドの「優さん」と違って”高貴な女の子とのラブコメ”という基本コンセプトもちゃんと満たしています。
また、引っかき回してくれそうな「マリア」ちゃんという妹もおり、色々な展開が考えられるのですけど。
お話の後半では夜に「哲平くん」の部屋を訪ねるという、ドキドキシチュエーションがあったので注目。
おまけでも彼女がピックアップされており、サービスしておりました。

3話目はいかにもというメイド「藤倉優」
収録では最もサービスカット多く、「由雅なおは」センセの実力発揮という感じの回です。
お風呂シーンなどまであったものの、きっちり隠れているのでお気の毒(笑)
メイド然とした「優さん」はいいですねー。
しかし、優しいという設定は理解できますが、あの場面でなお拒否するというのは、逆に残酷のような気もします。
ゲームではかならず1人くらい存在する、主人公に敵意を向けるキャラクター「鳳条院聖華」が4話。
あれだけ嫌われていて、また仕事だってやったこともないのに、何度も手伝おうと声をかける「哲平くん」
そこまでして媚びたいの?
とか言われていましたが、そんな感じでした。
かなり強引に食い下がっているように見え、またこれがラスト前エピソードだったので…最終話がなんだか変な感じ。
だいたい、彼つい2話目では「シルヴィアさん」に傾きかかってましたよねー。
そんな訳でストーリーの足場がしっかりしておらず、最終話は盛り上がりません
前述しているようにこうした単行本の構成・ページ数ではそれも仕方のないことで、元々ファンな方にもあまりオススメできない理由です。
1つの漫画として考えた場合も同様なため、”センセのファン向けな単行本”と考えました。
よほど気に入らない限りオススメではありません。

絵柄は完全にいつもの「由雅なおは」センセ調になってます。
雰囲気としてはアニメ寄りですかね。
ゲーム版の絵を見てきましたが、こちらがかなーり綺麗で良い雰囲気でした。
正直な感覚として、そちらからのファンな方は戸惑うかもしれません。
鋭角なデジタル絵柄で、安定感はありました。
目立ったコマはありませんが、いまいちバランスが不安で癖が強いのも相変わらず。
ぎりぎりパンチラではない↓表紙を素直に判断して問題ありません。
ちなみにサービスカットは下着くらいが限界なので、あまり過度な期待はしないように(笑)

プリンセスラバー! (MFコミックス アライブシリーズ)プリンセスラバー! (MFコミックス アライブシリーズ)
(2009/08/22)
由雅 なおはRicotta

商品詳細を見る


※こちらがゲーム版
プリンセスラバー!  初回版プリンセスラバー! 初回版
(2008/06/27)
Windows Vista

商品詳細を見る


※こちらがアニメ版
プリンセスラバー! Vol.1【セレブエディション】 [DVD]プリンセスラバー! Vol.1【セレブエディション】 [DVD]
(2009/10/23)
寺島拓篤柚木涼香

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : 原作ゲーム ラブコメ パンチラ キルタイムコミュニケーション

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。