FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■初めて恋をした。 (あさぎ龍)

★まんがデーター [8/15]
・絵   :■■□□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 百合・恋愛
・おまけ: あとがき、合間に作品解説・ラフ絵、
      カバー裏に別絵。
・その他: 短編×8(うち「初めて恋をした。」×3)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「あさぎ龍(あさぎ・りゅう)」センセの「初めて恋をした。」です。

ブログではもう何度も書いてますが…。
絵(漫画)には合う・合わないがあります。
大多数の人が「巧い」と評価するほどのは別にして、たいていは好みの問題でしょう。
ひでるさんは極端なので、あくまでも参考程度にしておいて頂ければ幸いです。

そんな訳で「あさぎ龍」センセです。
以前ブログで取り上げました初単行本「お姉さんが好き」については、かなりばっさり書かせて頂きました。
2冊目「初めて恋をした。」は…良い面もありましたが、全体的にはまだ厳しいかなぁ。
これから正直に感想を書きますんで、そうしたのが得意でない方はここで御遠慮下さい。
(※センセ、およびファンの方、すみません)

「ピアノと先生」、「銀色の雪」
※左:「ピアノと先生」、右:「銀色の雪」
 比較画像です。左はかなりイイ感じなんですが…。
 

 ・
 ・
 ・

ではその絵柄から。
柔らかな線のすっきり絵。
線は乱れ気味でバランスも弱く、あちこち微妙なコマが散見されます
(※例えば、よく見ると違和感がある↓表紙絵とか、また合間に描かれていた「北村結衣」は明らかに小さ過ぎだと思います)
白比率が高くページ全体が見易くなっているため、よりそこが強調されていました。
目指すところは“ふんわりとした優しい絵柄~”という系統だと思いますが、まだ遠いようです。

収録のうち「銀色の雪」などは古い原稿なのかなぁ。
こちらは極端に酷く、ラストに位置していることもあって読後感にまで影響しております
以前そのままで、非常に厳しいですね。
前回も書きましたが、成年漫画としてこの出来栄えは致命的。
ただし、おそらく最近の原稿だろう絵についてはかなり落ち着いてきていました
(→確認しました:センセのHPによると、「銀色の雪」は07年、「ピアノと先生」は08年、他は09年とのことでした)
百合漫画というネタにも助けられていたと思います。
直接よりも幻想的な感じに、ぼやかした方がいいものでしょう。
良く描けているコマもあったんですが、もう少し漫画力がほしいなぁ。(※漫画力[まんがぢから]:絵とかネタとか漫画に必要な要素の総合力みたいなイメージね)
多くの単行本がリリースされる現在ですから、特にファンの方でなければまだ見送るのもいいでしょう。

表題作ほか、合計で4話ほどある直接系百合漫画
これがなかなか良いんですが、ジャンル的にはやや隙間産業という感じ。
ラブコメという軽さなく、恋愛よりだったのも原因の1つですね。
心理描写がメインでないため百合漫画としては刺さり辛く、成年漫画として見た場合は物足りないでしょう。
ただし、女性同士のゆりゆりとした絡み合いが好きな方にはピンポイントの直撃コースです。

教師「榛夏(はるか)」と生徒「香音(かのん)」の「夕霧はるか」は短編。
”想いを寄せる2人が下着を交換する”風習「絵合わせ」が残る学校にて、元卒業生の「榛夏」は付き合う生徒「香音」と交換をするのでした…。
上品そうな雰囲気であるのに、「榛夏さん」の喋りはちと意外。
当初は別の方の台詞だと勘違いしました。
そのギャップが同性にモテるのかな。
立場的な事があるのか、なにげに「香音さん」が主導であったのは良かったと思います。

「夕霧はるか」、「初めて恋をした。」
※左:「夕霧はるか」、右:「初めて恋をした。」
 百合系の2話です。例えば右なんですが、並ぶと極端に大小異なっちゃうんですよねー。

表題作「初めて恋をした。」は3話の中編でした。
冷めた態度がため、男性との付き合いが長続きしない「北村結衣」
そんな彼女でしたが、帰りの電車にて顔を見かける名前すら知らない年上の女性(一ノ瀬仁美)がなんとなく気になっていました。
ある日、彼女が落とした本を拾ったことで会話ができた「結衣」は、勢いを止められずそのままキスしてしまったのです。
…だいたいそんな導入部。

先の短編とは違い、切っ掛けから描かれた百合漫画
それまで、じわじわと鬱屈したモノを抱えていたとは言え、いきなり唇を奪う「結衣さん」は変な女性。
しかし、それをあっさりと受け入れ、次の日の喫茶店でキスし返した「仁美さん」も相当に変な女性でした。
同趣味同士で惹きあったということかなぁ。
これは夢だ
漫画内で「結衣さん」が感じていたそのまま、パタパタと関係が進むところはいかにもえっち系ですね。
端折った部分もあったとはいえ、相当にジェットコースターなお話です。
ラブラブっぷりが物凄く、”週末まで会えない”ということで「仁美さん」の下着を貰うという、先の短編と似た感覚のシーンがありました。
3話ともあまりお話には起伏なく、ゆったりとした流れ
若干だけ同性カップルの問題も描かれていましたが、本当に些細な程度でした。
最初のあたりに描かれていた、「仁美さん」を見かけてファッション・チェックをする「結衣さん」というあたりはいかにも女の子してますね。

研修医「松永大輔」、ナース「樫宮小雪」さんとその妹「樫宮むつみ」というWヒロイン「白衣は天使の甘いささやき」
うーん、センセは大小キャラを並べて描かれるのは苦手なんでしょうか
↑上でも書きました合間イラストと同じく、なんだか小さ過ぎる違和感が…。
お話としては面白いんですけどねー。
えっち最中・真っ只中を目撃されてしまう「大輔くん」
「小雪さん」の怒りはよく分かるんですが…その後ああいった行動を取るのには、これまた違和感。
ブン殴って無視するか、その場で2人を怒鳴りつけるか、ではないかなぁ。

収録のうち「ピアノと先生」は安定した線で好みな感じ
これが2番目に古いというのは意外ですね。
…時期はあまり関係ないのかな。
元音楽教師という「衣織」先生と、その生徒だった「伏見」くんの恋愛モノ。
丁寧な口調と上品な雰囲気が良く、お話も綺麗にまとまっていました。

同じく年上女性との恋愛ネタ「春風が聞こえる」
「一花(いちか)」さんと「智志」くんは幼馴染みの関係。
何度かあったキスシーンがいいですねー。
特に同級生の彼女がいい感じだったんですが…やっぱ揉めませんか(笑)

ひでるさん的には、もう2歩、3歩という感じでした。
1冊目より格段に良くなっており、また直接えっちな百合漫画というジャンルを確立しつつあったので、今後に期待ですかね。

初めて恋をした。 (富士美コミックス)初めて恋をした。 (富士美コミックス)
(2009/07/25)
あさぎ 龍

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ 百合漫画 ジェットコースター

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。