FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■鏡の中のわたし (おがわ甘藍)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■□□□
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・サスペンス
・おまけ: あとがき漫画「のぞみちゃん」
・その他: 短編×10(うち「鏡の中のわたし」×5)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「おがわ甘藍(おがわ・かんらん)」センセの「鏡の中のわたし」です。

書店にて「尾崎未来」センセの「The Great Escape」が山積みされており、思わず手に取ってしまいましたが…発売されてるのは2巻の通常版なんですね。
あぶなー。
うっかり3冊目を買うところでしたよ。

さて、本日は「おがわ甘藍」センセです。
便利な世の中でして、検索して「小川幸辰(おがわ・こうしん)」という別のお名前もあることを知りました。
…見ましたよ、復刊された「エンブリヲ
気持ち悪かったー。
あれは、うぞうぞ・ごっちゃーとした虫が苦手なひでるさんにとっては、まさに地獄のような漫画でした。
最後まで読めません(笑)
こちらの最新刊「鏡の中のわたし」はご安心ください、成年系です。
単行本は表題の中編がメインで、短編と共に収録されていました。
実は、久しぶりな「おがわ甘藍」センセ。
昔何冊か単行本を買っていましたが、一時期ご無沙汰だったのです。
あんまり絵が合わないんですねー。

藍子と蕗子
※藍子と蕗子
 鏡の向こうは…「あうあう」が可愛いですね。

モデルの仕事をする「安永蕗子(やすなが・ふきこ)」
いつもはシャイで地味な彼女でしたが、撮影時には別人のような華やかさを見せるため、一般には無論のこと仕事仲間の間でも評判は上々。
それというのも、「蕗子」には過去に亡くなった双子の姉「安永藍子」の人格が残っており、たまに顕現していたのです。
とある理由がため姉に負い目を持っていた「蕗子」は、昔馴染みであった同居人「水野くるみ」が同性ながら大好きであるなど悩める日々を過ごしておりました。
そのため、強気な「藍子」はいつしか「蕗子」を押しのけて身体を支配してしまい…という、全6話の表題作「鏡の中のわたし」

多重人格を題材とした、サスペンスちっく漫画。
1話目のお風呂シーンでは左手にシャワーを持っており、”ははーん、姉「藍子さん」の正体というのは「蕗子さん」のイメージ世界かな”って思ってましたが…衝撃の最終話にて、ひでる案は覆されてしまいました。
うお、まぢでスか!
お話のメイン部分は「藍子さん」が乗っ取った後でして、もともとの性格と生への未練・執着によって、実に大胆な行動に出ております。
うじうじと気持ちを打ち明けられなかった「蕗子さん」と異なり、「くるみちゃん」をあっさり陥落させたのもその1つ。
途中までは思い通りに事を運んでいたものの、性急過ぎるそれが万事うまくいく訳もなく、5話目では大変なこととなっていました。
あれは…目を覆いたくなるほどに可哀想です
詳細は伏せさせて頂きますが、極端な描写でなかったのは唯一の救い。
その後の展開がまた驚きでして、こうしたネタの王道ではあったものの非常に読み応えありました。
これは凄い。
ある意味、ラブラブえっち漫画より成年漫画っぽいかもしれませんね(笑)
小さいお子さんには見せないように。

蕗子さん(藍子さん)、くるみちゃん
※左:蕗子さん(藍子さん)、右:くるみちゃん
 いやぁー、女性ってのは怖いですねぇ…。

レスリング特訓のスポ根話「グローリー・ブリッジ」
次の大会でライバル「山本美佳」との対戦を控えた、ジュニアレスリング界のホープ「普賢明日美」
彼女のジムでは万全を期すために特別コーチとして「遠藤」をつけたんですが…そこには、とある思惑があったのです。
そんな訳で”女子選手潰しのエキスパート”であった彼は、一本気な「明日美」にえっちな特訓を課すんですが…と、そんな流れ。

うん、このネタは大好きな系統です。
以前ブログで紹介しました「肉弾アスリー島/米餅昭彦」とは逆に、”選手を潰すためえっち特訓をする”展開。
なにしろ競技がレスリングですからねぇ。
全裸でスパーリングするという基本特訓ほか、バイブの刺激を耐えさせたり、ミニのワンピース着せてさらにノーパンにして、街を歩かせたりしていました
果てはペナルティとして直接えっちに至るんですが…まさかそれがあーんなコトになろうとは(笑)
真面目に頑張る「明日美ちゃん」が可愛いです。

お隣のお母さんが遠方へ出掛ける、といういうことで、娘「芙祐(ふゆ)」ちゃん面倒を見ることを買って出た「奈緒」さん。
ちらほら見掛けていた「芙祐ちゃん」は可愛らしい女の子で、これを機会に仲良くなろうとしたんですが…ふと目を離した隙に、男の子らとえっちしていたのでした。
そんな「ドキ・ドキ留守番大作戦」は4名での複数パターン。
良いかどうかは別にして、「奈緒さん」は頑張りによって「芙祐ちゃん」の尊敬を得ることに成功していました。
当初の目的を果たすと共に、”あと3年はガマン”をしっかり認識させてますね。
いいんじゃないでしょうか。

普賢明日美、芙祐ちゃん・奈緒さん
※左:普賢明日美、右:芙祐ちゃん・奈緒さん
 「明日美さん」は本人がアクティブであることも手伝って、爽やかでパワフルな短編です。

引き籠りからの更生を助ける訪問ボランティア「大島しおん」さんの「白い悪魔」
ヒロイン「しおんさん」は自らの魅力を認識しており、訪問先にて優越感に浸っているという、自己愛趣味の持ち主。
これは自業自得ですかねー。
更生の手助けをするという目的をキチンと果たしているなら、本心がどうであれいいとは思いますが…。
(※漫画ではそのあたりの描写が曖昧で、どっちか判断できません)
男2人から無理矢理にされてしまう気の毒な展開でしたが、かなり強い性格だったのでなんだか安心。
オチ部分は、予想以上に暗くなってはおりませんでした。
まぁ、あの感じなら問題ないでしょう。

”ムギスケの今夜のオカズ”なんて、どっかで見た突撃番組が描かれる「下町裏メニュー」
お邪魔したお宅では「丸子ヒロミ」ちゃんが家族不在の隙にえっちなサイトを見ており…と、そんなお話。
オカズ違いですか(笑)
TVカメラがばっちり現場を撮影していましたが、あれって生番組ではないの??
なかなか強烈なキャラ「ムギスケさん」がクドく目立っており、特に覗いているシーンの彼は気色悪いですね。
突然のことで、訳も分からぬうちにえっちされてしまう「ヒロミちゃん」は結構可哀想だったものの、コメディー調な描き方であるためこれまた読後感は悪くありません
ちなみに漫画中にて、江戸時代の性具「寝つけ」というのが登場していたので調べてみたんですが…検索には引っ掛かりませんでした。残念。

柔らかな線のあっさりとした絵柄。
濃淡は薄く、また白も目立っていました。
平たく素朴な雰囲気で、良くも悪くも昭和っぽい印象です。
手足が細く華奢な人物絵など非常に個性は強く、人を選ぶもの。
最近の洗練された成年漫画に慣れていると、あるいは違和感を覚えるかもしれません
前述しておりますが…ひでるさんは昔から合わないんですよねー。
手元にないので不確かな記憶だけですが、前よりもすっきり見易くなったような気はします。
(※あくまでも肌に感じる感覚だけですが)
なお、白黒絵は↓表紙ほど少女漫画っぽくはありませんので、ご注意を。
判断には裏表紙のが適切だと思います。

…そう、そんな裏表紙。
これがなんだか妙に刺さったのが、購入の動機なんですねー。
(※こないだの「あいらんど 淫悦の章/まぐろ帝國」と同じような空気を感じました)
短編「下町裏メニュー」があるためか、どこか古く懐かしい風景。
ノスタルジーなんですが…どことなくミステリアスな空気もありました。
何か不思議な違和感があるんですよねー、あの絵。

鏡の中のわたし (別冊エースファイブコミックス)鏡の中のわたし (別冊エースファイブコミックス)
(2009/07/28)
おがわ 甘藍

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : サスペンス ノスタルジー 少女漫画 コメディー

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。