FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■おっぱい~な (黒龍眼)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・ラブコメ
・おまけ: あとがき、カラー描き下ろし「Introduction」、
     カバー裏に「はじめによまないでね!!!小ネタ集」
・その他: カラー(6P)、短編×9(※描き下ろしは除く)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「黒龍眼(こくりゅうがん)」センセの「おっぱい~な」です。

えー、頭痛に続いて、先日腰をやってしまいました。
ひでるさん、頭だけでなく体もバキバキです。
そんな訳で、久光製薬さんの「フェイタス」を始めて試してみましたが…なかなかいい感じです。
だいぶ落ち着いてきました(笑)
背割れ3分割のシール部分も貼りやすかったですよ。

年々衰えるひでるさんは置いといて、本日は「黒龍眼」センセです。
最新刊は「おっぱい~な」なのでした。
以前こちらのブログでは「淫脚」を紹介していますが、そちらと比べて発売「コアマガジン」さんであったためか、かなりポップな内容
こちらの単行本を読んでふと思いましたが…「黒龍眼」センセは、こうしたラブコメちっくな方のが合っているのではないかなぁ。
カバー裏の小ネタ集を読んで確信しましたが、なんだか伸び伸びと楽しそうに描かれている雰囲気が強く伝わってきましたよ

涼子さん、お姉ちゃん
※左:涼子さん、右:志郎くんのお姉ちゃん
 電気アンマですよ。ちょっといいでしょ(笑)

そう、漫画そのものもいいんですが、特筆すべきはその小ネタ集
登場キャラの名前から小物・背景まであちこちにセンセの遊びが散りばめられ、まるで「なんちゃらをさがせ!」みたいな感覚でした。
いや、「植芝理一」センセとか「秋本治」センセの漫画みたい、という表現のが伝わりやすいかな。
他エピソードのキャラ(※前巻「ひめごとっ!」から)が顔を見せていることもちらほらと。
後で小ネタ集を見てどれだけ分かったか採点するも良し、確認後に2周目を楽しむも良し。
…できれば、絵に○とかつけた回答・解説編がほしいくらいですね。
漫画自体にもあれだけのレベルがあり、またここまでお遊びがあって楽しめる(※無論、人によってですが)というのは、そうそう見かけるものではありません
いいんじゃないでしょうか。
ちなみに、ひでるさんは小ネタ集を読んでもせいぜい半分くらいしか分かりませんでしたよ。

そんなんもいいんですが、本編について。
収録は全て短編集。
どちらも楽しく、属性に設定したラブコメというのもそうなんですが、登場するヒロインの皆さんは非常に豊かな胸をお持ちでした
たゆんたゆんです(笑)
ちらほらと目立つ描写ほかアップでの絵も多く、非常に良い眺めでした。
タイトルそのまま、そんなんがお好きな方にもいいでしょう。

収録では男の子とお姉さんみたいな、年の差カップルが3話ほどあります。
冒頭話「みずきやに行こう!」は裏表紙を飾っていた「涼子」さんの短編。
駄菓子屋「みずきや」の常連「敬介」くん。
彼はおじさんから看板娘である「涼子さん」の気持ちを聞いてくるよう頼まれていました。
さすがになかなか言い出せず、その雰囲気を察した「涼子さん」は「敬介くん」を部屋へ上げるのでした。
大雑把にはそんなお話。
告白したいなら、子供を使うなんて遠まわしなことせずに直接自分の口で言うように。
(※拒否されているのに、相変わらず店に顔を見せるところにも驚きましたが)
そんなんよりも、頑張った「敬介くん」に対する「涼子さん」の断り文句が秀逸でした
あれはさすがでしたねー。
そんな訳で、「敬介くん」が恩恵にあずかっているのでした。なかなか羨ましいですよ。
なにげに、成長した2人の姿もちょっと見たい気もします。
彼がそこそこの年齢になる頃は…おそらく「涼子さん」はいい感じに艶やかであろうと想像されます(笑)

センセが”最も好き勝手に描いた”、という短編「スーパーヒーローTIME」
遊園地にて「仮面シケイダー・ショー」をわくわくと楽しんでいた男の子。
その後のトイレにて、ばったり「アシナーガ将軍」に扮した「曽我」さんとはち合わせし、興奮した勢いそのままやっつけようとするんですが、あえなく捕まってしまったのでした。
幕間のヒマつぶしにからかってやろうと考えた「曽我さん」は…と、だいたいそんなん。
いたずら心をおこしたお姉さんによって、えっちなことをされるパターン。
この子、下手をすればトラウマになってしまいそうですねー。(←あの感じなら大丈夫か)
本人は大ピンチ(笑)でしたが、その一方でめろめろになってしまう「曽我さん」が可愛らしかったです。
オチまで、実にまとまり良い短編でした
「アシナーガ将軍」のデザインは「仮面シケイダー」よりかっちょえーですね。

アシナーガ将軍(曽我さん)、木下葉子さん
※左:アシナーガ将軍(曽我さん)、右:木下葉子さん
 ちょっとコスチュームが分かり辛いですが、いい感じです。

なにげに姉弟の近親漫画「お姉ちゃんにはかなわないっ!」
思春期を迎えていた弟「志郎」くんは、お姉ちゃんに「ちゃん」付けで呼ばれることを嫌っていました。
ある日、友人らの前でまた言われてしまったことに腹を立て、その部屋へと押し掛けたのです。
…じゃあ、おわびのしるしにそれを今から教えてあげましょう
ということで、優しく手解きされちゃう展開でした。
いいお姉ちゃんだー。
現実にはこんなんあり得ないだろうなぁ。
途中で電気アンマをお姉ちゃんにされている描写がありましたけど…あれもまたいいもんですね(笑)

↓表紙を飾る2人の「くろす☆ぼんばぁっ」、チアガール漫画「男なんだろっ!!」はどちらもWヒロイン漫画です。
どちらも巨乳に挟み込まれるシーンがありましたけど、なんだか「バトルスキンパニック」のようでした。
姉「じゅん」さんとその友人「ひかる」さんによって、弟「健」くんがされてしまう「くろす☆ぼんばぁっ」
胸丸出しのまま、イチャイチャしている場面にいきなりはち合わせたなら、そりゃーびっくりするでしょう。
最大のポイントは、「ひかるさん」の陥没乳首です。
(※ちゃんと↓表紙でも陥没してますね)
なおこちらも近親なんですが、弟「健くん」はともかく姉「じゅんさん」はスポーツ感覚でえっちしていたので、後には引かないでしょう。
ラストで覗いてましたが、そんなんが限界だと思います。
続いて「男なんだろっ!!」
野球選手の主人公「大葉」くんは、肝心な場面で力を発揮できないタイプでした。
応援していた「美魅」さんは毎度のそれに腹を立てて彼に詰め寄るんですが、そんな様を見ていた「まりん」さんは、原因を彼女のノーブラ姿であると判断したのです。
チアガール衣装なのに、あの大きさでノーブラというのは凄いなぁ。
なんか面白そうだから私もやるー
こちらは、そんな軽いテンションの「まりんさん」がいい感じなのでした。
パンチラ描写がほとんどなかったのがやや残念。

美魅・まりん
※美魅・まりん
 なかなか羨ましいシチュエーションなのです。

中華料理「電光軒」にて出前をする「大庵」さんの短編「出前一丁!」
超ミニのチャイナ服ですね。
彼女は出前で自転車を使っていたんですが、あれはえっちだろうなぁ。
祖父の漢方薬を間違ったことから、えっちに流れるパターンでした。

図書委員「エヤマ」こと「空山修人」くんと「木下葉子」さんの「エヤマが倒せない」
無関心そうな素振りばかりであった彼ですが、なにげに部活のスケジュールを知っていたことにふと興味を持ち…という流れ。
図書館で脚立、パンチラというのはセットなんですかねぇ。
ラストの眼鏡をかけた「葉子さん」がなにげに良かったです。

ほか、「カフェ・ド・鬼」はウェイトレスの「ひびき」さん、「真夜中天国」はサイフを届にきたバイト先の店員さんとのえっちでした。
うち「カフェ・ド・鬼」は…あれ、いいのかなぁ??
本人が了承しているからいいのか。
描き下ろし「Introduction」は、各ヒロインがカラーページで交流する紹介風ショート漫画でした。
こんなパターンも珍しいですね。

やや太めな強い線の絵柄。
濃淡も同様に強く、ごっちゃり描かれることもあって画面はこってり濃い目でした。
でも、バランス良く安定していたので見易いですね
縦横に大きめな目と幅広めな、ゆったりとした輪郭のキャラ絵。
アンダーヘアを比較的しっかり描かれているのも特徴でしょう。
ぐるぐる目のコメディー崩しも独特で、なかなか可愛らしいものでした。
収録の各話は07年から08年が基本。
そこそこ時期にはひらきがあり、06年度の「カフェ・ド・鬼」が最も古く、09年の「みずきやに行こう!」が最新でした。
もともと巧い方なので原稿時期にさして問題は感じられませんが、新たな原稿のがより安定した印象があります。

カラーの場合、「黒龍眼」センセの描かれる白黒絵の良い部分が少し消されてしまうので、↓表紙で判断される場合はプラス判定が良いでしょう。
小さくて見辛いですが、紹介帯のカット絵のがいいかもしれません。

おっぱい~な (メガストアコミックスシリーズ No. 225)おっぱい~な (メガストアコミックスシリーズ No. 225)
(2009/07/25)
黒龍眼

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ パンチラ コアマガジン 電気アンマ 陥没乳首 アンダーヘア コメディー

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。