FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■スクヌプ (舞原マツゲ)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・ラブコメ
・おまけ: あとがき、ゲストページ、作品解説、
     カバー裏にカラー別絵(表紙とリンク)・漫画「衝撃!脱ニート宣言」
・その他: 短編×9。
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「舞原マツゲ(まいはら・まつげ)」センセの「スクヌプ」です。

ブログでは「誘惑トライアングル」を紹介している「舞原マツゲ」センセですね。
こちら「スクヌプ」が4冊目でいいのかな。
一部以外はほぼ学園話。
短編だけでの構成でしたが、どちらも暗く落ち込まない、なかなか良いお話ばかりでした。
それぞれ1話で終わってしまうのは勿体ないくらいですねー

妹「寧々子ちゃん」
※妹「寧々子ちゃん」
 なかなか可愛い「寧々子ちゃん」なんですが、実は…。

冒頭の「寧々子いんびてーしょん」はちょっとびっくりなお話。
帰宅して独りえっちをすることが日課であった妹「寧々子」ちゃん。
最近は彼氏「光太郎」くんと部屋でえっちしており、引き籠りな兄はそれを覗いていたんですが…と、だいたいそんなん。
↓表紙ほか単行本ではメイン扱いな「寧々子ちゃん」
中盤での「光太郎くん」の行動におお、とか思いましたけど、まさかあーんな展開になるとは
そうだよ…
という、笑顔後の「寧々子ちゃん」が実に秀逸
なるほど、メイン扱いも納得ですね。
カバー裏の漫画も楽しく他エピソードも見たい感じなんですが、1発ネタなんですよねー。

↓表紙・裏表紙のように液体まみれとなる短編「仮面カノジョ」、「Press&Eat」の2話。
他エピソードは、言うほどビショヌレ(笑)にはなっていませんから
前者「仮面カノジョ」は「野川朱美」、「今日子」、「芝崎大助」の3名えっち。
「大助くん」は「朱美さん」に告白しようとしたんですが…「朱美さん」は彼の幼馴染み「今日子さん」の奴隷だったのでした。
「朱美さん」を支配する「今日子さん」をひっぱたいた「大助くん」がまた「朱美さん」にぶっ飛ばされる途中の描写がいいですね。
人はそう簡単には変わらないもの。
「今日子さん」はともかく、ラストでの「朱美さん」は当然かもしれません。
「大助くん」がんばれ。
後者「Press&Eat」は裏表紙を飾る「杏奈」ちゃん。
店を存続させるため、「杏奈ちゃん」は深夜営業を手伝うこととなるんですが…というベタな流れ。
この娘、才能あるわ!
じゃーないでしょ(笑)
ただ、オチのあれは面白いです。
確かに才能あるのかもしれません。
またどーでもいいですが、「杏奈ちゃん」はやらしいホットドッグの食べ方しますねぇ。

今日子さん・朱美さん、恭子さん
※左:今日子さん・朱美さん、右:恭子
 どちらもえっちは無論のこと、コメディーとしても良質でした

猪突猛進のえっちなヒロイン「恭子さん」の「体力>知力?」
学年トップという「賢司」は、付き合ってから成績が落ちていた彼女「恭子」に”えっち禁止”を言い渡したのでした…という感じのお話。
追い込まれて思わず教室でしちゃうあたりがいいですね(笑)
それがためか、次の図書館シーンではノーパンだったりして…スカート丈あんなに短かいのに
ラブラブで大変微笑ましいカップルなんですが、本気でヤバそうだった「賢司くん」はちと気の毒。

まともに泳げない水泳部員「青木紅太」はクビ寸前でした。
同じ部員であったクラスメイト「白石茜」はその危機を伝えたところ、水泳部に入った本当の理由をたどたどしく語るのです…という「水の中の温もり」
ああこちらのヒロイン「茜さん」は面倒見の良いいい娘でしたねー。
えっちでも彼をリードしておりました。
特に水へ潜らせる場面などには思わず納得。
あれは水を苦手とする男子がそれに慣れる、もっとも近道な方法ではないでしょうか?
英語学ぶのもアダルトがいいと聞きますからね(笑)

部長「晴香」より新入部員獲得を厳命された「亜紀」、「千夏」
しかし、”応援されると必ず負ける”というチアリーディング部に人は集まらず、困っていたところ…必至に呼び込みを続ける2人に声をかけてきた新入生がいたのです。
これ幸いと部室にまで引っ張ってきたんですが、その新入生は男子だったのでした、という「エレクト・チアーズ」はチアガール漫画。
馬鹿馬鹿しさが楽しい、コメディー短編。
童顔でもともと可愛らしい「ふゆき」に、無理矢理チア服を着せて誤魔化しているうちにえっちへ発展するのね。
口に出された(何を?とか聞かないように)そのまま耐える「千夏さん」とか、冷静に対処する「亜紀さん」が面白いです。
オチも期待通りでいいですね(笑)
もう1、2話くらいこの4名でイケそうです
部長「晴香さん」はぜひ騙され続けてほしいなぁ。

亜紀・千夏、瑠璃川さん
※左:亜紀・千夏、右:瑠璃川さん
 こうしたコスプレちっくな点でも楽しめる漫画です

なかなか評判の良い駅前の占い館。
優等生「瑠璃川」さんは、そこで「ラピス・ラズリィ」との名乗りにて、こっそり占い師をやっていました。
クラスメイト「間宮」くんが訪れたことで、ちょっと悪戯心をだし…という「瑠璃色占術」
普段の眼鏡姿と占い師としてのギャップが素敵です。
ひでるさん好きだった「お気に召すまま/二階堂みつき」と似た雰囲気ですね。
(※そちらは地味なOLと占い師という二足の草鞋でした)
こちらのポイントは、からかわれてる「間宮くん」がえっちな事を強いられてること、彼が心を寄せる相手が「瑠璃川さん」であるということの2点。
オチは意外なものでしたけど、考えてみるとなんだか納得
全て知っている身ではギャップがいいんですが、「間宮くん」が見ていたのは優等生「瑠璃川さん」ですもんね。

ほか、「図書館の幽霊」は、その正体が~という王道展開。
…ヒロイン「倉本」さんは…叫ぶタイプなのね。
駄菓子屋の店番をする「朋子」さんと「ケン」ちゃんの「朋子お姉さんの駄菓子屋は危険地帯」
彼には時期尚早だったかもしれませんが、はっきり言って実に羨ましいシチュエーションでした(笑)

しっかりとした強い線の絵柄。
トーン処理の目立つデジタル絵で、ごっちゃりとしていることもあって画面はかなり濃厚です。
コマ割りも細かめですね。
やや縦長な輪郭で、大きい目が特徴。
多少バランスが微妙なところもありましたが、以前「誘惑トライアングル」の際に感じたほどではありません。
全体的に安定していたと思います
ただし、癖があるため、人を選ぶので注意。
今回の↓表紙・裏表紙は…液体まみれ(笑)なので、やや判断し辛いんですよね。
紹介帯の裏にカット絵があったので、そちらがいいでしょう。

スクヌプ (メガストアコミックスシリーズ No. 226)スクヌプ (メガストアコミックスシリーズ No. 226)
(2009/07/25)
舞原マツゲ

商品詳細を見る





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ コメディー コスプレ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。