FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■まどろみポイズン (H-magic)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・ロリ
・おまけ: あとがき・イラスト・ちょっと解説、
      カバー裏に別絵。
・その他: 合間にイラスト、
      短編×8(うち「お父さんコンテスト」×5)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「H-magic(えいち・まじっく)」センセの「まどろみポイズン」です。

アダルトからロリまで幅広く対応できる「H-magic」センセ。
今回は「ComicLO」なので、またまたロリ系なのです。
収録はメインな中編と短編となっています。
一度読みましたが、前回の「ワイルドベリー」よりもさらにその度が増した印象ですね。
極端な描写まではありませんでしたが、えっち部分はプチハードというもの。
大雑把には、↓表紙・裏表紙で判断できます。
あーした感じが苦手な人はちと難しいかもしれませんが、ある程度でも許容できければ問題ないでしょう。

由衣さん、沙羅さん
※左:由衣さん、右:沙羅さん
 最後の1話だけだったので、「沙羅さん」にしてみました。

5話連続話となっていた、単行本のメイン「お父さんコンテスト」
”優しく格好いい”という評判である、「橘みなみ」のお父さん。
授業参観日、ひょんなことから早引けをした同級生「由衣」を送っていくこととなりました。
しかし、彼女と共にマンションへ入ると、突然複数の男によってえっちされてしまう姿を目撃するのです。
カギのかかったガラス張りの部屋であり、目前にしながら何もできなかった彼が呆然としていると…ひょいと起き上った「由衣」はなんと笑顔だったのでした…。

帯文句”桁外れにいやらしい”ということで、こちらは背徳感たっぷりな近親えっちです。
成年漫画によくある、ぬるいラブコメ近親とは訳が違いますよー。
1話目の「お父さんコンテスト」は、もともと短編だった様子。
続きを提案した、という編集さんはいい進言でした
グッジョブ!
同級生の父親を集めた「由衣さん」は、曰く「お父さんコンテスト」というえっち会をしていたんですね。
そんな訳で「みなみちゃん」のお父さんは娘の同級生とえっちしてしまうんですが…続く2話目「陵辱ムーブメント」が単行本の見どころ。
もう、「そうなるだろうなー」という期待(?)そのまま、父娘の近親えっちに発展してしまいました
どことなく違和感を覚えていたお父さん。
目隠しされていた目前の子が「由衣さん」ではなく、実娘「みなみちゃん」だと知る前後あたりは秀逸
これはスゴイ。
なんだか、だーいぶ久しぶりに”それらしい近親ネタ”を見た気がします。

みなみちゃん
※みなみちゃん
 こーんな娘さんなんですが…パジャマが可愛らしいですよ。

3話目「震えるフリル」での犠牲者は、新キャラ「亜里沙」ちゃん。
先の2話と異なり、冒頭から「由衣さん」視点でコトが始まっているため、事件の真相みたいな感覚がありました。
無理を可能にするほどの力がある、「由衣さん」率いる”お父さんコンテスト”部隊。
どちらかと言うと、この「亜里沙ちゃん」親子のような関係が多いかな。
先の橘親子とはまた違ったシチュエーションで、迫力満点でした。
なお、「みなみちゃん」はすっかり一味となっており、前半はブルマ姿のWヒロインとなっています。
またなにげに、途中のおすまし顔な「由衣さん」が可愛いです。(※あちらの↑絵参照)
こんな表情もできるんですねー。
ちょっと意外(笑)

ひでるさん的に大プッシュなのが、4話目「膝上ミストレス」
その後のヤバさ満点というべき「みなみちゃん」家庭、そしてお父さんが見られます。
寝室、そして公園でのブランコえっちは、相当にエグいものがありました
ブランコはちと突拍子ない感じでしたが、「みなみちゃん」ベットの描写は…えろい。
彼女は微妙な心理状態がために家でも受け入れてしまっていましたが、逆に散々に抵抗していた「亜里沙ちゃん」と良い対比になっていたと思います。
漫画内でも言われてましたが…「亜里沙ちゃん」のあーした台詞は盛りあがらせるだけよん。

新キャラ、眼鏡の「沙羅」さん登場の5話目「終演・反逆Sister」
詳細は伏せますが、ちょっと意外な展開となる最終話です。
巻末の解説を読んで納得はしましたけど、お話(連続話)としては誤りかな
せっかく良い感じで展開していたというのに…。
いままでは、「みなみちゃん」とお父さんがメインストーリーでした。
そんなんが最後だけ「由衣さん」がピックアップされるというのはかなり唐突で、これまでのエピソードから考えると繋がりが非常に弱いです。
外伝とかならいいんですけどねぇ。

佳乃さん、亜夜ちゃん
※左:佳乃さん、右:亜夜ちゃん
 短編はこんな感じ。「亜夜ちゃん」も普段はこんなんですが…

感情の操作ができるという、特殊な能力をもったアートスクール講師「中森明人」
”感性レッスン”と称して生徒らにえっちな事をしておりました。
しかし、生徒「佳乃」だけは例外で影響を受けず、支配者として君臨していた「中森」は刑事に続いて始末しようと企み、先んじて彼女を捕縛したのでした…。
そんな短編「あるあるアラート」は、講師「中森」の壊れっぷりが実に楽しいお話
自分の事を「神」とか言ってましたからねー。
しっかり病院へ行くようオススメしておきます(笑)
えっちシーンでは終始彼が暴走しており、複数でしたがいちおう極端に倒錯したプレイはありません。
術がきかないメイン扱いの「佳乃さん」は無理矢理でしたけれど。
実は少女探偵団的な漫画になっており、オチは勧善懲悪なのです
そんな訳で、読後感は良いものです。
なにげに近親関係であった、「神田沙紀」さんがちと気になりますよ。

晩婚回避のため、年齢制限が撤廃された世界。
主人公「友介」の妻「亜夜」もまだランドセルな年齢で、かなりの年の差夫婦なのでした。
年齢差や親に決められた間柄と言う事情から、大事に扱っていた「友介」
しかし、それに悩んだ「亜夜」は、近所の「沙織」に相談してえっちな自分を見てもらうこととしたのです。
だいたいそんなんが短編「アリスな奥様!」
収録では最も明るい系統ですね。
いちおう法に認められた夫婦であり、またお互いラブラブということもあって、愛溢れる漫画
それだけに、えっちシーンでは「亜夜ちゃん」が後ろを使ったりして頑張っていました。
「友介くん」がプッツンした際の、彼女の表情が印象的。
可愛い奥様で羨ましいですよ(笑)
なぜか、わざわざランドセルを背負っていたところに注目。
…邪魔そうでしたよー。

巻末の「らりらりライブラリィ」はお姉ちゃんと弟「渉(わたる)」くん。
8ページのショート近親なネタで、こちらだけお姉ちゃんという位置づけなため収録では雰囲気が異なっていました。

丁寧で柔らかな細線の絵柄。
若干白比率ありましたが、黒が強く濃淡としては適度なもの。
収録されたネタのため、ごっちゃりしていること多いものの、それぞれ綺麗なので見易いです。
バランスに優れており、前述していますがアダルトと共にロリも巧い方
小物や背景なども繊細なタッチでした。
あの、いかにも爽やかそーな感じのキャラが、えっちで大乱れするところが魅力でしょう。
判断は…紹介帯・裏表にあったカット絵が最適です。

巻末にしっかり注意書きがありましたねー(笑)
そう、”あくまでも漫画であることは忘れないように”しましょう。
現実とは違うものです。
特に現在は微妙な情勢なので、下手なコトして漫画家さんや健全に楽しみたい人に迷惑をかけぬよう、くれぐれもお願い致します。
そんなんも含めて、やっぱり「H-magic」センセは法的に問題ない年齢以上、「はたらくお姉さん」みたいなむっちりヒロインのがいいなぁ…前にも書きましたが。





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ComicLO ラブコメ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。