FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■すてっぷあっぷ! (由雅なおは)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・ラブコメ
・おまけ: あとがき、
      カバー裏に4コマ「遺伝?」・キャラ供養のコーナー。
・その他: 折り返しにコメント、カラー(4P)、
      10話収録(全て表題作・1巻完結)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「由雅なおは(ゆいが・なおは)」センセの「すてっぷあっぷ!」です。

えー、ひぐらしに続いてうみねこノイローゼなひでるです。
漫画に続いて、ついにアニメなんて始まりましたね。
あれがどこまで、どんな感じで動画となっていくのか楽しみです。
毎週というのがややもどかしいですが…。
続いて、8月に発売という最新作はついに回答編。
これで何らか分かるんでしょうかねぇ…。

さて、関係ない話はそれくらいに、本日は「由雅なおは」センセです。
4冊目くらいの単行本は「すてっぷあっぷ!」なのでした。
こちらは1冊完結の長編ストーリー。
ラブコメな成年系という、センセの漫画によく合ったポップな仕上がりだと思います。

愛原姉妹
※愛原姉妹
 巫女姿も可愛い姉妹です。

親の再婚がため、姉「愛原桜」・妹「愛原由良」という元幼馴染みと同居することとなった主人公「天音マコト」
2人の母「愛原綾菜」と父親はさっさか新婚旅行へ出掛け、3人きりという生活になりました。
優しい「由良」とは異なり、頭の上がらない「桜」には昔から振り回されっぱなし。
同居の初日、うっかり「桜」の全裸を目撃してしまい…と、だいたいそんな導入部。

ベタベタな姉妹(+母)との近親ラブラブえっち話
いちおう義理な関係でもともと好き合っており、背徳感というのはほぼ皆無でした。
タイプの異なる3名ヒロインと次々にえっちしつつも、ドロ沼とならないハーレム展開なのです。
そのためお話としては軽いものですが、サクサクと楽しく展開していくので、読みやすいと思います。

髪留めが特徴のメインヒロイン「桜さん」は、どうやらあまり料理が得意でない様子。
漫画では色々と下手な表現が考えられますが、ここで「マコトくん」が言っていたのは、
なんだこの食感ッ、マズッ
…でした。(※この際に箸でつまんでいたのは小魚)
細かいことですが、食感を持ってくるというのは珍しいですねー。
なにげに食事ではウェイトある部分で、そこがダメというのはなるほど致命的。
我慢し辛く、下手をすると”不味い”よりも食べるに苦労するかもしれません。
(※作る際に「桜さん」はいちおう味見もしており、リアルな下手さ(笑)だと思う)

桜さん、由良ちゃん
※左:桜さん、右:由良ちゃん
 カバー裏でネタにされてましたが、「桜さん」も決して小さくはないですよ。

いきなり胸にぶつかる(顔埋める)という1話目。
「何だ?」とばかりに揉んでしまうのも含め、超ベタ展開です。
えー、普通は脱衣所で着替え最中(※しかも「桜さん」は全裸状態だ)に扉が開いた時点で、悲鳴と共にボコボコにされるパターン。
なんだか、あーされるまで待っていたような感じでした。
違和感ありありなシーンでしたが、その後の展開を見ると…案外「桜さん」はソレを切っ掛けとしたのかもしれませんね。
考え過ぎかな。
ちと逆視点で見たい場面です。
また、冒頭のカラー部分はえっちシーンなんですが、本編とは若干異なっていました。
見比べてみるのも面白いと思います。

学校ではクラス委員長、家庭では妹を守る姉として、口うるさい幼馴染み。
学校・資料室でのえっち展開となる2話目にて、
今日だけだからねっ!!
という台詞がまた可愛らしいのです。
ツンデレちっくなんですねー。
単にラブラブしているだけでなく、えっちを餌にして「マコトくん」を操縦する場面などもありました。
そうして終始強い面を見せていただけに、8話目の描写は必然でしょう。
ああいったコトがなければ、おそらく妹のために自ら幕引きしてしまうのではないかなぁ。

それに続く3、4話は、巨乳な妹「由良ちゃん」のエピソード。
徹底的に可愛らしく描かれており、あそこまで積極的に迫られたら、陥落するのも当然でしょう
無邪気に見えますが、あちこち自らのセールスポイントを熟知している(っぽい)あたりは、只者でありません。
容姿はともかく、そうした仕草・性格的なところまで考えれば、姉「桜さん」よりモテて当然。
巫女バイトをする7話目では、姉に群がっていた客を一瞬のうちに奪い去っておりました
凄いですね。

これまたベタに、水着を見てもらう~から発展する3話。
チェック柄でふりふりという、なんだか下着っぽい水着なのでした。
しかもサイドは紐でしたからねぇ…えっちです。
遊園地の4話では、なんと観覧車内なのでした。
あれは「由良ちゃん」らがキスしているカップルを見たそのまま、上下からは丸見えなんですけど……まぁ、いいのか。

綾菜さん
※綾菜さん
 お気に入りです。ピンでも全然問題ないだろう、強い個性の持ち主でした。

ぜんぜん母親って感じしないよなぁ
とか「マコトくん」に言われていた、義母「綾菜さん」
自ら「お姉さん」とか名乗っていたそのまま、彼の母親らしく振る舞おうともしておりません
「マコトくん」の年齢的なことを考えると、あえて母親という位置にこだわるよりもベストな選択かもしれませんけどね。
まぁ、娘に手をつけたことをあっさり容認しているほか、選択肢に自らの名前を入れる、強引にえっちへ持ち込む…など、かなりお好きなようでした。
6話目ではミニスカサンタなコスプレで不意をついておりましたが、夜に顔を見せただけで「まさか夜ばいじゃないですよねっ」とか、「マコトくん」に警戒されております。
どんな母親だ(笑)
温泉にて、「由良ちゃん」に自分の初めて物語を喜々として聞かせているあたりも、面白い方ですねー。
(※その際の若いセーラー服姿の「綾菜さん」は必見です)
後半では娘2人を焚き付けるなど裏で暗躍して背中を押し、話をややこしくかき回しておりました。
さてはて、こうして実現する姉妹対決がどう決着するのか、ぜひ単行本でどうぞ。
色々意見はあるかもしれませんけど、ものすごくこの漫画らしい結末です

細線のあっさりな絵柄。
あまり詳細まで描き込むタイプではなく、大きめな絵で迫力があります。
トーン・ベタでの色は若干テカテカで、ページ全体にごっちゃりと描かれる作風もあって濃い目なのでした。
大きめな頭・尖った顎、大きい目という人物絵。
たまにバランスが怪しくなっていますが、特に際立って引っ掛かるコマもなく、おおむね問題ない程度です。
人を選ぶだろう強い癖に違和感なければ、楽しめると思われます。
白黒絵よりもこってり感があり、判断には適さない↓表紙ですが、ぼてっとした重い色ほか構図としてもインパクトに欠けるものだと思います。
前の「妄想・極楽・夢気分」の際もそうでしたが、引き気味で複数キャラを絡ませるよりも1人メインを決めた方が良いのではないかなぁ。
色つきで見ると、なんだか姉妹っぽくないですね(笑)

あまり本編とは関係ないですが、2話目にてオチとなっていた「桜さん」らの担任。
教師らしからぬはっちゃけ発表と可愛らしい雰囲気で登場はたった2コマだけであったものの、印象的でした。
ボツにしたという学園ものも見たいですねー。

すてっぷ・あっぷ! (ポプリコミックス 48)すてっぷ・あっぷ! (ポプリコミックス 48)
(2009/06/25)
由雅なおは

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ うみねこノイローゼ コスプレ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。