FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■近親双姦 (蛇光院三郎)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・近親
・おまけ: あとがき・作品解説、カバー裏に別絵。
・その他: カラー(8P)、短編×7(うち「脱・ひきこもり計画」×4、「双姦」×3)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「蛇光院三郎(だこういん・さぶろう)」センセの「近親双姦」です。

毎回直接的な↓表紙絵柄が楽しい「蛇光院三郎」センセ。
こちらで紹介しております「相思想姦」、「家族耽乱」などを確認したところ、1年周期のリリースなんですねー。

さて、通算6冊目という今回の「近親双姦」は、中編2本というお得意な構成。
一部の漢字が異なってましたけれど、ほぼそのまんまな内容ですね(笑)
毎度お馴染みな近親ネタです。
…で、「双」の文字が示しているそのまま、収録の2話はどちらもWヒロインになっているのでした。
考えると、ちょうど4冊目「相思想姦」が母、姉の単独ネタであったので、そちらから倍になっている計算
確実に進化しております(笑)

母親と梨花さん
※母親と梨花さん
 当初はこんな感じであった2人なんですが…(↓に続く)

全4話の単行本メイン「脱・ひきこもり計画」から。
高校中退して、官能小説を執筆する「雅也」
離婚がため、1人で育ててきた母は彼には甘く、いつからかその性欲処理までするようになっていたのです。
さらに、「雅也」の想いを聞いてしまったことから、お互いすっかり本気になっていくのでした。
そんな2人の乱れた関係を何とかするべく、叔母「梨花」が立ちあがったんですが…と、だいたいそんなお話。

同時収録の「双姦」はW姉であったため、それよりもさらに年上な女性2人との近親系です。
いちおう漫画内でタブーという意識はありましたが、母親がぺかーという感じのややお馬鹿ちっくキャラであったため、いかにもセンセらしい、しつこさのない軽い仕上がりになっていました。
ラブコメ、調教というそれぞれな単語ともやや異なる、こざっぱりな近親漫画ですね。

タイトルにもなっており、引きこもる状態を心配されている「雅也くん」
売れるかどうかは別にして一応ちゃんと小説を書いているらしく、執筆によって3日間シテいないという描写までありました。
(※途中で母親に読ませるシーンがありましたけど…ありゃ逆羞恥プレイよね)
えっちに溺れている様子なく、またまったく外出ができない訳でもありません。
低俗な目的ではあったものの何度か外出しているほか、母の代わりにスーパーへ出向いたりもしていました。
さらに良い悪いは別にして、子供を育てる覚悟まで口にしています。
…うん、こんなんならさして問題ないでしょう。
ぜんぜん大丈夫ですよ。

その後の母親と梨花さん
※その後の母親と梨花さん
 いつからか、こーんなお馬鹿さんキャラになってしまうのでした。

問題はそんな彼に従順な母親。
いくつか知りませんが、初々しい言動がなかなか可愛らしい女性なのでした。
(※妹「梨花」さんが3X歳とあったので、おそらく40歳前後でしょう)
ううん、この人モテそうですねー。
1話にあったランニング話は狙ってブルマではなく、リアルにジャージ姿だったんですが…あれはいいですね。
「雅也くん」視点のお尻描写が素敵なのです。
1コマだけなのが残念。
下着とスカートの着用を禁じられると素直に従っていたほか、なんだか回を重ねる毎に母親っぽさを失っておりました(笑)
後半の綱引き(←どんなんかは内緒。わはは)での笑顔が印象的です。

一方、ちらほら顔を見せていましたが、3話にてメインとなる叔母「梨花さん」
黒の下着が素敵ですね。
タイプ的には異なりますが、やっぱり「雅也くん」によっていいように乗せられておりました。
ああ、お人好し(笑)
ちゃんと大人らしく反論して下さいよぅー。
とある理由がため結婚(※実際は年下の従姉妹なので有効です)とかなんとか言ってましたが…満更でもなさそうな「梨花さん」と不満そうな顔の母親がカオスな感じでした
特に最終話となる4話とか…笑顔であった母親ほか「梨花さん」もすっかりブレーキがきかなくなっておりました。
いやー、ものスゴイお話ですよ。

全3話の「双姦」は双子の姉。
あとがきによると、Wツリ目とのことでした。
…なるほど。
夏休みに両親が出掛けたことで、留守番することとなった「天海昇」
2年振りに帰省する双子の姉は、彼にとって”悪魔のような存在”でした。
来年受験を控え机に向かっていた「昇」ですが、帰宅した「天海香」によってさっそく縛られ、さらに男嫌いであった「天海冴」の実験台とさせられてしまうのです。
過去の経験から弄ばれていると勘違いしたことで、「昇」は次第に行為をエスカレートさせていくんですが…本気だったと気付いた時にはほぼ手遅れなのでした。

そんな感じで、双子な姉との近親モノ。
おねーさんにどうのこうの~という羨ましい感じはまるでなく、トラウマっぽい描写すらあった「昇くん」
彼が幼かったこともあるのか、えっちな行為はいじめられている印象でしかなく、”悪魔のような双子姉”という認識。
からかうネタにされていると「昇くん」が考えてしまうのも当然でしょう。
ラブな描写はぎりぎりまでなく、ちょっと変わったアプローチであったかと思います。

冴さん、香さん
※左:冴さん、右:香さん
 キャラ的には先ほどのお母さんにかないません

離婚歴がある、ショートカットな姉「香さん」
えっちに対して積極的で、弟とのえっちも楽しんでいる様子がありました。
トラウマの直接原因は彼女でしょうねー
最終話では超ミニの浴衣なんて、恥ずかしげもなく着ております。
しかものーぱんだったりして…どこの風俗?みたいな感覚ですね。
(※射的屋でのえっち後の発言は、思わず「なるほど」という感覚よ)
一方、眼鏡など容姿そのままに真面目な姉「冴さん」
雰囲気的には日常のしつけに口うるさいタイプなようで、「香さん」と比べると普通。
ただ、男嫌いであった原因とか、
恋人にしたくなった?
という言動まで、先の「香さん」と比べるとかなり怪しげなのです。
常識的に見えて、実は収録キャラの中でもっとも非常識と言えるキャラなのでした。
料理を褒められて微笑するなど、ふと見せる可愛らしさまでありました。
刺さる方にはいいキャラでしょうねー。

しっかりとした細線の絵柄。
濃淡は薄く、コマも大きめに割られているためかごっちゃり感もなく、見易い作画です。
バランスもそう悪くはないものの、いかにも「蛇光院三郎」センセという独特なものがあります。
幅広く縦長な輪郭のキャラ絵も目立つ特徴があり、こちらの癖が非常に強いのでした。
ネタともども人を選ぶものでしょう。
なお、カラーよりも白黒絵のが良いので、↓表紙・裏表紙の場合はいくらかプラス判断で良いと思います。

いかにもハードそうな雰囲気ながら、意外にそっち方面には展開していかない作風も変わりません。
「脱・ひきこもり計画」にはマンネリ打破のため公園で複数~というのがありましたが、少なくとも直接していたのは「雅也くん」だけ。
近親カップルはともかく、そのほかには極端に常識から逸脱した行為などはありませんでした。
……まぁ、あのくらいならプレイの範囲内…かな。どうかな。
そのあたりの微妙なラインが合致するなら、十分楽しめる漫画でしょう。



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ ショートカット

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。