FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■シスコン (矢島Index)

★まんがデーター [7/15]
・絵   :■■□□□
・話   :■■□□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・近親
・おまけ: カバー裏におまけマンガ「Sister’s IF.」・あとがき、
おまけイラスト(2P)
・その他: カラー(4P)、短編×6(うち「sisters」×5)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「矢島Index(やじま・いんでっくす)」センセの「シスコン-SISTER’S CONCERTO-」です。

紹介帯の文言、
妹や姉が大好きだ!!
…に、「そのとおりだ!」と反応して手に取ったこちら(笑)
”長編ラブストーリー”という単語と、覚えがあった「矢島Index」センセのお名前がため、ゲットしてきました。

そんな訳で「シスコン-SISTER’S CONCERTO-」は通産10冊目という「矢島Index」センセ。
こちらのブログでは「Erection」を紹介しております。
始めてという長めなお話については、王道でそう悪くはないと思います
ジャンル的に、ああいった展開は期待されるトコロでしょうからねー。
ただ、残念なことにひでるさんは絵がまっったく合いませんでした
そちらが強いため他部分まで影響しており、結果としてどうにも厳しいのです。

そんな訳で、毎度ながら正直な感想を書かせて頂きます。
センセ、およびファンの方、ごめんなさい。

七海さん
※七海さん
 この回はシマパンがまぶしかったです。実は右の髪型のが好みなんですが。



ちらほらと気になってしまった絵柄から。
細線のすっきりとした絵柄です。
やや白が目立つものの濃淡は適度なくらいで、ごっちゃり描かれるえっちシーンなどはかなり賑やか。
どちらかというとあっさり風味なため、確かにバランスの崩れが必要以上に目立ってしまう、不利な画風であると思います。

まず、動きから表情までが弱く、特にアクションの要求された部分は相当に厳しいものがありました。
中盤あたりに、”掴みかかって殴る”という、漫画でのポイントと言うべきシーンがあるんですが、当初は何が起こったのか理解できませんでした。
改めて見てもスピード感が皆無で、時間が止まっているような雰囲気なのです。

また、コマ内にキャラが複数いる際は、前後が怪しくなるほどに遠近が微妙
幸いなことに絡み合うえっちシーンではないものの、立ち絵となると極端に悪く平面的でした。
背景と組み合った絵も不自然で、当然引き絵については力が抜けているようでした。
良く描けているコマもあるんですが、それが続かないんですね。
局部描写ばかりにやたら力が入った印象で、なんだか昔の安い無修正モノみたいな感覚。
コマ間の繋がりはちぐはぐしており、お話はカタカタと進行しているような印象があります。
テンポ悪く、漫画についての巧さはあまり感じません。
かなりパンチラ多く、サービス満点な部分はいいんですが、それもスカートが不自然に捲れ過ぎです。
ありがたみ薄れると共に、違和感だけが残る結果となっていました。

女の子が魅力的なだけ、あちこちの崩れたバランスが残念です。
こうして見ると、短編のが合っているのではないかなぁ…。

白雪
※白雪さん
 正ヒロインらしく、後半は頑張っておりました。お兄ちゃん、はっちゃけ過ぎです。

単行本のメインである、全5話の中編「sisters」
妹「白雪」とのアレコレを夢に見てしまう兄「空」
そんな2人の住まいに、帰国して同じ学校に通うこととなった昔馴染み「七海」が訪ねてきたのです。
放課後、「空」の部屋に立ち寄った「七海」はその部屋から「白雪」のブルマを発見。
兄妹の微妙な雰囲気を察していた彼女は、自らの想いと決別するため「空」を誘うのでした。
「七海」は過去に義理の弟「陸士」と関係を持ち、両親から引き離されたという経験があったのです。
しかし、2人の行為を偶然に「白雪」が目撃してしまい…と、大雑把にはそんな感じ。

ラブコメではない近親漫画ですね。
ちゃんと姉・妹という双方がヒロインとして存在しており、タイトルに釣り上げられた人も納得な配置となっておりました。
特に「七海さん」は「陸士くん」にとって義理の姉であり、また「空くん」にとっても”近所に住んでいた昔馴染みのお姉ちゃん”という設定なのです。
3年振りに「空くん」らと再会した彼女が、今回お話の切っ掛けとなっているんですね。

収録では2話にありました、
私臭いフェチじゃないし…
という具合に、汗臭さを理由にして「空くん」を風呂へ追っ払うような態度を取った「七海さん」
その後、裸エプロンみたいな服装にて風呂場へ乱入するシチュエーションが非常に良かったです。
相手に「なんだよぅ」という思いをさせておいて、すぐ後にえっちへ持ち込むという…この手腕はなかなかのものでした。
そりゃ、義理の弟「陸士くん」が夢中になってしまうのも当然のこと。
特に当時の彼は中2という思春期真っ只中でして、突然1つ年上の姉ができたのです。
しかも相手は気さくな「七海さん」でしたからねー。
羨ましいものですわ。
ちなみに、過去話の3話では、当時髪の毛が短かった、雰囲気異なる「七海さん」が見らますよ。

短編「叱って下さい」の「真壁さん」
※短編「叱って下さい」の「真壁さん」
 こちらのが全然良かったですね。

一方、スクール水着にブルマ…と、毎朝妹「白雪さん」を脳内にてコスプレ変換し、そんな姿でのえっちを夢見ていたという、相当に危険な実兄「空くん」
こちらは血縁関係であり、そうした夢を見続けている割に”近親はタブーである”という感覚は持ち合わせておりました。
平時では妹への感情について、きっぱりと否定もしているのです。
対する妹「白雪さん」も、ぎりぎりな状態。
朝に兄の元気な状態(笑)を目の当たりにしてもまったく動じることなく、
出しちゃえば小さくなるんだよね
とか言っておりました。
お兄ちゃんからプレゼントされたという帽子をかぶり続けていたりするんですよ。
(※表紙のやつです。ひでるさんは帽子の知識皆無ですが、調べたところ…あれは”耳あて付ニット帽”でいいのかな?)
この兄妹は「白雪さん」が”いつでもOK状態”なんですが、前述したように年上の「空くん」が願望を理性で押さえこんでいたため、関係するまでには至っていないのです
慣れた2人を意識させるのは三角関係にしちゃうのが効果的ですから、そう考えると橋野姉弟(七海・陸士)が本当に余計なことをしているんですねー、このお話(笑)
良い・悪いは置いといて、あのまま生活を続けていたならば、真っ当に別々の道を歩んだかもしれません。

「空くん」・「七海さん」のえっちを偶然目撃してしまった「白雪さん」、そして「陸士くん」・「七海さん」という義理とは言え姉弟のえっちが両親に露見した場面。
ここはラブコメでない近親漫画の最も面白い部分だと思うのですが、やや拍子抜けでした。
うーん、もっとじっくり…読者がブルーになるくらいのストレス度合で描いてほしかったですねー。

そんな感じで、お話としてはそう悪くはなかったと思いますが、全体的にはマイナス。
次々に実力ある新人が登場している”群雄割拠というべき昨今の成年漫画業界”ですから、こちらはファン以外の方にはオススメではありません。
あ、収録されていた短編「叱って下さい」は眼鏡・みつ編みないじめてキャラ「真壁」さんが素敵で、普通に良かったです
やっぱりこういった系統のがいいのではないでしょうか。

なお、こちらの単行本は折り返しにもくじがあるんですが、短編「叱ってください」がどうしても「ロヒってください」に見えるの。
これって誤植ではないかなぁ。
それとも気のせい??




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : パンチラ スクール水着 コスプレ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。