FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■雲の路 (すえひろがり)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・露出
・おまけ: あとがき・おまけ①②、カバー裏にリンク絵。
・その他: 10話収録(全て表題作・1巻完結)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「すえひろがり」センセの「雲の路(くものみち)」です。

かなり久々ですねー。
待っておりました、「すえひろがり」センセ。
単行本は百合系一般「花のいろ」がありましたが、それも1年以上前のこと。
成年系では、ひでるさんお気に入り・大プッシュな調教話「CAGE」が06年と相当に過去のものでした。
そう言えば、このブログ始めたくらいなんですねー。

私は変態です。一糸まとわぬ姿で外を歩いてみたい、世界中に私のハダカを晒したいのです

主人公「ハナ」こと「花巻香保」は自由作文の課題にて、突然そんなことをカミングアウトしたのでした。
ぬるま湯のような仲の良いクラスもさすがに唖然とした空気につつまれ、その場は授業中でもあったため教師「四万原(しまはら)」の制止で終了、指導室に呼ばれる結果となったのです。
その発言に興味を持ったクラスメイト「竜ヶ窪伶」は、反対する委員長「石和知聡」を説得して彼女の期待する舞台を整えたのでした…。
大雑把ですが、だいたいそんな導入部。

花巻香保
※花巻香保
 衝撃の告白シーンです。全身の絵が全裸ばかりだった(笑)ので、左は2話扉絵から。

10話ほど続く長編「雲の路」です。
露出漫画ですねー。
まぁ、言葉を悪くするとワンパターンなんですが、これは最近言われるところのオンリーワンのが正解でしょう。
このジャンルについては、やっぱり「すえひろがり」センセしかおりません

あくまでも「花巻さん」は露出趣味。
えっちが目的ではなかったため、直接えっちは物語の後半になってようやくのこと。
今回は「CAGE」のような調教ネタでなく、プレイ的には非常にソフトでした。
このあたりが、判断の分かれ目になっていると思います。
同じ露出ネタな単行本「全裸で直立歩行/むらさき朱」は直接で、いかにも成年漫画という風情でした。
そちらと比較した場合、こちらは間接的。
画面のインパクトにはやや劣るものの、それだけに無理な描写は少なくリアルなものがありました

露出から1人えっちを見せるという、導入部たる1話目。
物語では最も活躍していた、クラスの仕切り屋「竜ヶ窪さん」が存分に存在感を見せておりました。
”彼女がいたため、このストーリーが成り立っている”、というほどの重要キャラクターです。
男子生徒が密かに感謝しておりましたが、その通りでしょう(笑)
帰り道、「戸津川」くんら3名の男子生徒に囲まれてしまう2話目。
緊張感ある展開ながら、ある程度の覚悟もしている「花巻さん」が凄いですね。
ここでも「竜ヶ窪さん」に救われることとなるんですが、その後思わず倒れそうになる描写が非常に良かったです。
…ですよねぇ。
あれは確かに怖いもの。
ここでだいたいのルールが定められ、皆で協力する体制が整っていくのでした。
分け隔てしちゃいけないんだ
というシーンが印象的な、あれこれプレイが始まる3話以降。
やや不穏な感じであった「戸津川くん」の違った一面が見られ、なんとなく安心です。
学校に母親が呼ばれるという4話。
混乱する中、ここでも1人冷静であった「竜ヶ窪さん」が素敵です。
逆にうろたえていた「石和さん」は可愛いですね。
多くは書きませんが、ここはストーリーにとってのターニングポイントでした。
1周目はうっかり見逃しましたが、伏線もあるので注目

7話ラスト
※7話ラスト
 ここはびっくりしました。…どうなる!?

そんな感じにじわじわと露出に対する垣根が取り払われ、傍観していたクラスの女子らも普通に参加するようになっていくんですが…そんな頃にあった、7話ラスト部分はなかなか衝撃的
果たしてこの露出話がどうなっていくのか、ぜひ単行本にてお確かめ下さい。

色々と設定のありそうだった他クラスメイトの扱いがやや弱めだったものの、変に膨らませて中だるみするよりはいいかもしれません。
話数・ページ数の関係もありますからねー。
まとまりは良く、ひでるさんの読後感としてはもう2、3話ほしいかなぁ~というところでした。
教師「四万原」とか、実は…という「花巻さん」の母親もラストまで良かったです。
特に「戸津川くん」と初対面での言葉は”さすがに親”という感じ。
…彼の膝上に乗っかってはいましたが(笑)

竜ヶ窪伶、花巻香保
※左:竜ヶ窪伶、右:花巻香保
 さすがに脱ぐ際も半端ではありませんでした。

そんな訳で、非常に良好な関係であったのはポイントでしょう。
一部の男子生徒が暴走しかかっていたものの、全体的にはクラス全員よくまとまっております。
脱落者や裏切りなく、また脅迫や無理矢理という描写もありません。
あくまでも見せる・見るという双方それぞれの意思を尊重した上での行為であったため、なんというか非常に優しい漫画となっていました。

乱れない線のすっきりな絵柄。
白の比率は高く、全体的な濃淡でもごく薄めです。
人物絵はぴったりとした平面で、素朴な感じ。
さすがベテランさんだけあって安定感は抜群でしたがかなり癖はあるので、御注意下さい
裏表紙の雰囲気のが近いと思われます。

クラスの皆は非常に仲が良く、個人主義な現代にはうってつけかもしれません。
道徳の教材でも良さそうですよ(うそ)

雲の路 (ホットミルクコミックス 295)雲の路 (ホットミルクコミックス 295)
(2009/06/30)
すえひろがり

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : カミングアウト

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。