FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■わらって!桃子センセ (みた森たつや)

★まんがデーター [15/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・教師
・おまけ: あとがき、描き下ろしおまけ漫画①②、
      カバー裏にカラー別絵。
・その他: 短編×8(うち「わらって!桃子センセ」×6、
      「神楽坂さんシリーズ」×2)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「みた森たつや」センセの「わらって!桃子センセ」です。

あ、こちらのタイトルも”センセ”という表記なんですね。
ブログ中では、漫画家さんの名前後に”先生”とは書かず、あえて”センセ”としております。
これはひでるさんが”先生”と呼ぶのがあまり好きではないからなんですが、
①単に仕事の一種というだけで敬うのはおかしいと思っているため。
②尊敬に値するほどの人間でない場合が多々見受けられるため。
③そう呼ばれ続けることで、変に勘違いする方がいるため。
と、そんな感じ。
弁護士とか政治家とか色々…ねぇ。
だいたい社会出たてのペーペーまでいきなり”先生”と呼ばれてしまうのが、あちこちの問題点だと思ってます。
…えーこれ以上続けると、なんだか漫画のブログっぽくなくなってしまうので、もう止めます。
ごめんなさい、うざったい話題ですよね。

ともかくそうした理由で、漫画家さんにもその単語は使いたくないんですが…やっぱり敬意を表したい気持ちがあったため、片仮名で中和することを考えました。
ついでに書けば、そうした表記のが親しみも表現できるかなぁー、とかなんとか。
つまらん話を長々と失礼しました。

さて、本日は待望であった「みた森たつや」センセの成年系新刊です。
…きました。

やっぱりセンセの漫画は面白い、そして深い


教師「桃子さん」
※教師「桃子さん」
 普段はこんな感じ(左)ですが…右の1コマは背中ぞくぞくしました。

内容はメインの中編と、連続話がもう1つというWエピソードな構成です。
表題作がストーリー重視であったためか、同時収録の1話が羞恥プレイなカップル話というように、単行本としてのバランスも適度であると感じました。
はっきり言って、これはオススメです。

まずは単行本のメインである、表題作「わらって!桃子センセ」から。
もともとは小心者という「相沢桃子」は学校教師。
本来の性格を抑えて強めの態度で接することにより、必死に教師たる威厳を保っておりました。
強い目付きの顔立ちであったためにその効果は高く、生徒からは”キツい先生”という認識だったのです。
彼女が恋してしまった「高岡智則」は、自らとは逆に気さくで男女共に人気者という生徒。
想いを込めた視線を送るものの、逆に”ガン飛ばされている”と勘違いされ、敬遠されていたのでした。
そんな訳で、学校にて1人慰める日々が続いていたんですが、ひょんな偶然から彼に目撃されてしまい…と、だいたいそんな導入のお話。

教師と生徒の中編漫画ですね。
これがいかにも「みた森たつや」センセという風情で、秀逸な出来栄えなのです。
えっち描写がため、いちおう成年系になっていましたが、普通の漫画でもまるで差し支えないほどの良質なストーリーでした。
恋愛漫画でややえっちシーンが豊富、みたいな風情なのですよ。

1話目の目撃部分から、えっちに至るまではやや強引。
いきなり縛っていたりとか。
漫画を読み進めるうち、「なるほどなぁ」とは思いましたけれど。
(※逆に考えると、えっちシーンについて頑張っていた、と言えるかもしれません)
それに続く2話目が非常に良かったんですねー。
勢いもあってシテしまった前話は、言うなれば普通の成年漫画です。
それから、学園祭準備での多忙さ…を理由に彼を避けていた「桃子さん」
念願かなってラブラブな関係どころか、まともに接触することすらできていないというのは、いかにも彼女らしいですね。
そんな訳で再び「智則くん」が行動力を発揮することとなるんですが、打ち明けられていたそれぞれの立場、気持ちというのは単純ではなく、リアルなものがありました。
特に性格もあって、いままでは軽い調子で描かれていた彼の言葉は非常に重いですね。
…うーん、そりゃそうだよねぇ。

相沢桃子、織塚響
※左:相沢桃子(髪おろしたパターン)、右:織塚響
 迷った結果…泣きシーンにしてみました。最も漫画を象徴してるかなぁ、と。

ある程度ぶっちゃけたことで、ようやくカップルとなった3話以降。
続いて2人に立ちはだかるのは、年齢差に生徒・教師というお互いの立場でした。
さらに4話では、再会でいきなりキスしてくるなど奔放なタイプの「織塚響」が転校生として登場しております。
「智則くん」の元カノであった「響さん」は、さすがに女の子。
2人の微妙な雰囲気から、あっさりと関係を看破しておりました。
クラスの皆と違って、いままで離れていたため、周囲を客観的に見れたこともあるのかなぁ。
単に関係を引っかき回すような役割だけではなかった、というのが実に見事だと思います。
センセの”お話の巧さ”を具体化したような、象徴たるキャラでしょう

これ以上お話について書くと楽しみが減ってしまうので、いちおう伏せておきますね。
1、2、4、6話は「桃子さん」、3、5話は「智則くん」…と、各話で一人称の視点が入れ替わるという「EVE」でおなじみマルチサイトシステム方式でした。
これがために2人の背景・心情が過不足なく描かれており、お話に深みをもたらす結果となっております。

生徒に恋した、髪おろすとガラりと雰囲気変わるヒロイン「桃子さん」
↓表紙は当然ながら「桃子さん」なんですが…あのずいぶん可愛らしい感じが素顔の彼女。
教師での強い態度は、”業務を円滑にすすめるための知恵”みたいなものでしょう。
非常に真面目な性格なんですね。
あちこち厳しく律すると共に、生徒との恋愛についても覚悟を持って挑んでおりました。
ただ、本当は小心者というだけあってキャパとしてはそう広くなく、物事に耐えられないこともしばしば。
それがため、よく泣いちゃうんですよ
特に2話、そして○話(いちおう伏せておきます)という意味異なる涙はどちらも印象的。
なにか、ばっさりと斬り付けられたような衝撃がありました
そうしたキャラではあったので、予想していなかった訳でもないんですが…うーん、それだけ入り込んでいたのかなぁ。

なかなか重要なキャラであった、「仙堂秋穂」さんも良かったです。(※えっちシーンないですが)
2人の秘密を知る人物であると同時にそれぞれと繋がりがあったため、うまく間を取り持っておりました。
特に対「智則くん」では、道を指し示す賢者的な役割が与えられていました。
3話での台詞は実に深いです。
…不思議とめんどくさい恋愛ばっかりする娘だから
という台詞もありましたが、よく「桃子さん」を把握してますね(笑)

年上の「桃子さん」が意外なほど年上然とはしておらず、当初はお気楽な感じであった「智則くん」は周囲の人に恵まれ、驚くほど大人の顔を見せるようになっていきました。
そうした、2人の成長漫画でもあったかと思います。
これだけストーリーがしっかりとしていながら無駄にえっちシーンなく、ストーリー的にも適度な長さでした
もっとラブコメっぽいものかと想像していましたが、いい意味で裏切っていただきました。

神楽坂さんご
※神楽坂さんご
 …入ってます。背景には人影も見えますねー。

2話の連続「神楽坂さんシリーズ」は羞恥プレイをふんだんに描いた良作品
友人らグループと共にバスでの帰宅中、彼氏「熊野みきひさ」によっておもちゃを忍ばせられている「さんごさん」、というのが1話目「神楽坂さんごの帰り道」です。
なんのかんのと言いながら従ってしまう、ツンデレちっくな「さんごさん」
やっぱりえっちシーンよりも、耐え続ける前半が可愛らしいのです。
途中の「…下!」という台詞部分は、コマをまたいだ表現も絶妙。
笑顔で友人らを見送っていたのは、大したものですねー。
続く「神楽坂さんごと街角の事情」は、駅階段という人通りのある踊り場でのえっち。
いちおう「みきひさくん」が後ろに立って隠しているんですけどね。
こちらでは、
私の中にっ、しまっちゃうんだから…!!
…とか言っておりました。
えっちですね。
こんなん大好物です(笑)
お互いの趣向がばっちりと合ったカップルで、なんというか…2人とも実に幸せそうなのです。
こちらは、ぜひ今後も色々なシチュエーションで登場してほしいですね。

絵柄はいつも通りに安定した作画。
絵というよりも漫画が非常に優れた方で、コメディーは無論シリアスまでよく描かれておりました。
特に問題という部分は見当たりません。
センセの画風に違和感がなければ、絶対に楽しめると思います。
キャラとしても「うらかたっ!」、「ご近所のもんすたあ」といった漫画よりも標準的だったので、とっつきやすいと思います。

…なんだか長くなってしまいました。
衝撃のオチであった「僕と彼女のホント」もいいですが、ひでるさんとしては断然こっちのが好みです。
面白かったです。
「みた森たつや」センセの漫画では…これが最もお気に入りになるかなぁ。

わらって!桃子センセ (メガストアコミックスシリーズ No. 222)わらって!桃子センセ (メガストアコミックスシリーズ No. 222)
(2009/06/25)
みた森たつや

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。