FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■SisLove (ぱふぇ)

★まんがデーター [9/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・ラブコメ
・おまけ: あとがき。
・その他: カラー(4P)、短編×11。
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ぱふぇ」センセの「SisLove[しすらぶ]」です。

いきなり関係ないですが…。
超合金魂の「勇者ライディーン」が9月に再販されるそうです。
いいですよねー、ライディーンは…。
ほわわー。
前回発売時は散々迷った末に結局見逃してしまいましたが、今回はうっかりクリックしてしまいました。
人面岩を飾って、毎日出勤前に拝みたいと思います。
いいことありますよーに。
(※ちなみにひでるさんの部屋には仏像フィギアで構成された神棚があったりする)
以上、余談でした。

超合金魂 GX-41S 勇者ライディーン DXフェードインセット超合金魂 GX-41S 勇者ライディーン DXフェードインセット
(2008/04/26)
不明

商品詳細を見る



さて、今回は「ぱふぇ」センセの5冊目くらいな単行本「SisLove[しすらぶ]」です。
全て短編という構成ですね。
こちらで紹介している「悪魔に捧げる交響曲」のような、”派手なファンタジーえっちでボコボコ”という色はなく、全体は桃色なラブコメ話でした。

優さん
※姉・優さん
 こんなんですよ。…なかなかいいねぇ。

カラー原稿もある冒頭話「大和クンにはかなわないっ」は、弟「大和」くん、姉「優(ゆたか)」さんという姉弟なお話。
お姉ちゃんのお布団…暖かくていい匂いで好きなんだもん
とか言っていた「大和くん」
うんうん、そうでしょうねぇー。
そんな訳でちゃっかり姉「優さん」のベットへ侵入し、しっかり胸を枕にしておりました。
(※さらにがっちり揉んでたりする)
ついでに言わせてもらえば、あんな可愛らしい怒り方では…それ見たいがため同じことを繰り返してしまいそうです(笑)
漫画ではまるで遠慮も躊躇ない「大和くん」が、最終的には泣き落しでえっちへ持ち込んでいました。
ううむ、なかなかヤルねぇ。

「姉さんにはかなわないっ」は姉「宮本八重」、弟「宮本俊哉」という近親カップル。
タイトルから先の逆視点かなー、と思いましたが、まったく関連性ありません。
「八重さん」はアンニュイな雰囲気を漂わせる、なかなかの美人。
こちらは彼女から積極的に…というか、当然のようにえっちへと誘っていました。
私は俊クンが好き…。後ろめたいことなんて全然ないわ
という台詞そのまま、ラブラブです。
普段は無口ながら、弟「俊哉くん」には普通にかなり可愛らしいことを当然のように喋っているんですね。
こりゃー、敵いません。
生徒らには、
八重ちゃんしゃべらねーんだもんな
とか言われていたのに。
実は彼女は「俊哉くん」も教えている教師で、黒板にずらーっと淡々と文字を書き連ねるという、凄まじい授業をやっています。
どこぞの大学の講義みたいですね。(※そのくせ当ててくる)
そうした”人と話すのが苦手”という彼女が、なにゆえ教師なんぞになったのか…こちらはぜひ単行本でどうぞ。
まぁ、だいたいご想像の通りですよ(笑)

八重さん、あき姉
※左:八重さん、右:あき姉
 教師な2人です。「八重さん」は他エピソードが見たいキャラでした。

「あねらぶ」は「あき姉」こと「水野秋子」さん、その弟「水野冬也」くんという近親モノ。
晴れて教師になったとのことでしたが…先の「八重ちゃん」とは別の意味で問題ありそうです。
むちむちなスタイルと黒い下着が実にイイ感じ。
もし彼女が教壇に立ったなら…もう授業なんてどーでもいいでしょうねぇ…。
スカートはぎりぎりな短さでしたし。
こちらも、先に手を出したのは「あき姉」からでした。
…うん、この方が自然ですかね。

犬は「ブリュンヒルド」…って凄い名前。
(※いちおう調べてみました:オーディンの娘で北欧神話の女神なんだって。そうするとメスなんだ)
彼氏「真一郎」くんにやたら懐いており、また彼が犬好きということもあって、思わず飼い主の「あやの」さんが嫉妬するほどの仲なのでした、という「仔犬のワルツ」
2人の間に割り込んでくる行動はあるでしょうけれど、普通は飼い主寄りじゃーないかなぁ。
やっぱり犬というのは、日々餌を与えてくれる人をトップとして認識すると思うんですが…まぁ、そんなんどーでもいいか。
そうした流れであったため、犬耳・首輪な「あやのさん」とのえっちなのでした。
ちと恥ずかしいです。

課長「静香」さんと新入社員「相川秋」くんのオフィスえっち「My Little Boy」
ドジっぷりも可愛い「秋くん」
彼を見て微笑む「静香さん」のヤル気は上がっていましたが、業務では確実に戦力外。
他にはまるで役立っておらず、果ては業務中に居眠りなんぞしてました。
クビ飛ぶぞ
ただ、ああした一連の行動が全て計算づくだったらびっくりするなーと思いましたが、そんなことなく終了。
なお、”コケる時は女性のスカート掴む”というお約束から始まるお話です。

「櫻子」と「徹」の短編「ヌルいHは好きですか?」
ヌルいとは…ローションのことでした。
”痛かったので、ローションを試してみました”という、「エルフの若奥様/カズマG-VERSION」のようなパターン。
(※忘れましたが、そんなネタなかったっけか)
ネタとしては好きなんですが、もう少しぬめぬめ・ぬるぬる表現になってくれればなお良かったんですが…。

課長「静香さん」、愛さん
※左:課長「静香さん」、右:愛さん
 いちおう参考に。古めな原稿はこんな感じ。

たぶん年上だろう小説家「明日香」と「光一」の「Love storyを君に」
どーでもいいですが、実名を使わないように。
あまりモノ書きっぽくない雰囲気の方でしたが…どんなん書いていたんだろう。
「ナイショの放課後」はクラスメイト「櫻井」さんの机角話。
うーん、別にオチ部分はなくても良かったのではないかなぁ…。
途中のダブルクリップはなかなか痛そうで気になります。

ほか、「feel me way」の実は可愛い年上女性「千秋」さん、「BLUE TEAR」は眼鏡「ちひろ」さんとのラブコメ、「DokiDokiアフターケア」は倦怠期脱出なコスプレえっちでした。
結婚してからえっちが物足りないとのことでしたが…いきなりナース服に兎耳とは、また「京介」くんマニアックな。
ちなみに、こちらも下着は黒でした。

強い線のあっさりな絵柄。
もさもさ風ではありませんが、濃い目なベタ・トーンの処理と大小変化の多いコマ割り。
さらにページにごっちゃり描かれる方なので、結果的に画面はかなり濃厚です。
冒頭話「大和クンにはかなわないっ」が最も新しいのかな。
絵の変化はさほどではないものの、そちらの洗練されたデジタル絵と比べてしまうと、古い原稿はもっさりとしてますね。
全体的にやや不安定でしょう。
また、細めなスタイルに豊かな凹凸というキャラ絵はかなり癖がありました。
どちらかというと、裏表紙のが近いと思うので、店頭ではそちらを参考にどうぞ。

うーん、無難な出来栄えかなぁ。
「~かなわないっ」の2話は非常に良かったんですが、他の短編はあまり刺さりませんでした。

SisLove (ホットミルクコミックス 292)SisLove (ホットミルクコミックス 292)
(2009/06/10)
ぱふぇ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : アンニュイ コメディー ファンタジー コスプレ

comment

Secret

聖剣ブリュンヒルド

私は知識なかったんですよー。
ぱーっと検索したら、えろいPCゲームなども引っ掛かってますね(笑)

ブリュンヒルド

って聞くと、「オウガバトルサーガ シリーズ」を思い出します。
家から歩いて100mの所にゲーム会社も在ったりしました(笑)
QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。