FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■乙女怪談 (楠桂)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : コメディー・学校の怪談
・おまけ: あとがき漫画。
・その他: 折り返しにコメント、13話収録(全て表題作・1巻完結)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「楠桂(くすのき・けい)」センセの「乙女怪談」です。

ちょっと面白そうだった↓表紙に釣り上げられました。
「楠桂」センセはもうベテランと言っていいくらいのキャリアだと思いますが…実はマトモに漫画を読むのはこれが初めて
ひでるさんは「大橋薫」センセ派だったんですねー。
まぁ、別に派閥とかなんとかで読まなかった訳でないですが。
友人から勧められたりもしたんですが、なんとなくタイミングを逸していたのでした。

そんなこんなで、1巻完結の「乙女怪談」です。
はい、ゲットした理由の1つが巻数表記がなかったためです。
やっぱり求め易いですよね。
話数は13とやや多めに感じますが、各話はだいたい12ページくらいとややショートなのでした。
ボリュームとしては適度なくらいです。

プールサイドの花子さん、トイレの花子さん
※左:プールサイドの花子さん、右:トイレの花子さん
 トイレの彼女は、なにげに結婚の約束まで取り付けておりました。

霊がいるという学校へ赴任した新任教師「咲坂」
校内の各所には、”近寄ってはいけない”という場所がありました。
しかし、熱血漢な「咲坂」はそれも構わずに出向き、それぞれの霊と接触していくのでした…。
だいたいそんな感じね。

全て女性という学校霊らとの交流を描いた、コメディー漫画です。
「~の花子さん」というタイトルそのまま、次々に各所の霊と接するお話になっておりました。
これがどちらも非常に面白いんですが、キャラがある程度出揃った中盤くらいからそれぞれゲストで顔出しをするなど交流が見られるようになってからは、より面白くなっております
特に総出演なラスト前後編はいいですねー
これで終わってしまうのが惜しい感じです。
そんな訳で、↓以下より、軽く各話について触れていきます。
(※新鮮に漫画を読みたい方は、後で見ることを推奨)

1話「調理室の花子さん」
ややベタなお菓子ネタでした。引き出しとか、後で掃除大変そう(笑)
彼女には「山本」という名乗りがあり、察するところ「山本花子」さんでいいのかな。
2話「プールサイドの花子さん」
こちらはスクール水着な「小林」さんですね。
現在は非常に可愛いんですが…溺死した理由がなかなか悲し・面白いのです。
3話「トイレの花子さん」
いきなりの冒頭3段オチがいいですね。
中扉でサービスショットを見せていたのが彼女で、こちらでも同様。
いいお尻です(笑)
その他の絵でも、ちゃんと下着はいていませんでしたねー。
4話「体育館の花子さん」
こちらはブルマでした。
こうした、ちらほらなサービスが嬉しいです。
今まではそれぞれ霊の悩み解決する流れでしたが、こちらはとある理由がためそれを妨げて終わります。
5話「テニスコートの花子さん」
…彼、なにげにテニスのサーブをバットで打ち返してますね。
すげえ(笑)
アンダースコートですがそんなんがチラチラとしており、オチも楽しいものでした。

図書室の花子さん、校舎裏の花子さん
※左:図書室の花子さん、右:校舎裏の花子さん
 眼鏡やロリ(ちっく)なヒロインもおります。

6話「図書室の花子さん」
なにげに、1話から登場していた女生徒らが活躍しておりました。
BLを愛読する設定は3話にも見え、お話を深いものとしております。
わたし死んでるから妊娠しないわっ!!
という台詞が良かったです。
7話「校舎裏の花子さん」
とある理由がため、着物姿で18なのにロリちっく。
ここはやっぱりオチ部分ですねー。
8話「化学室の花子さん」
読むの2周目で気付きましたが…実は伏線のあるお話でした。
幽霊の割にやたら高いテンションが良かったです。
9話「渡り廊下の花子さん」
この学校どんだけ花子さんがいるんだ!?
…という、前話での台詞を逆手に取ったようなお話です。
ここ以外もうどこも誰かいて
だって(笑)
10話「体育館倉庫の花子さん」
そうした訳で、ついに倉庫なんて場所となりました。
出現するのは”伝説並みに喧嘩が強い”というスケ番な彼女ですが…その切っ掛けがまた面白いです。
まぁ、見聞きできるため当然なんですが、生死無関係に接する「咲坂」がモテる(霊だけど)のは当然かもしれませんね。
11話「和室の花子さん」
祟られて以来和室は開かずの間であったらしく…なかなか気色悪い描写となっています。
センセ昆虫も巧いですね。
どうやらスリッパだけで対抗したらしい「咲坂」は大したモノ。
先の校舎裏~とは違い、雰囲気に流されていたところにも注目。

花子さんS
※花子さんS
 そんな訳で、「咲坂」はモテモテなのでした…すべて霊ですが。

…と、ずらり揃った11名の「花子さん」ですが、それぞれが非常に個性的で、1人として似たキャラがいなかったのは「楠桂」センセの腕を感じました。
やや濃い目な、安定感抜群の作画。
コマ割りは変化多く、ややごっちゃり気味でしたがテンポに優れておりました。
特にコメディー部分はちょっとしたシリアス絵とかみ合ってイイ感じ。
漫画のノリみたいなのは「大橋薫」センセと似てますねー。
さっすが姉妹。

予想を遥かに超えた面白い単行本です。
派手なコメディーに適度なお色気もあり、軽く読める長さもちょうど良いものでした

乙女怪談

乙女怪談 (バンブーコミックス マーブルセレクト)


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー スクール水着 アンダースコート

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。