FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■しすた~ず・はらみっくす (昭嶋しゅん)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・ラブコメ
・おまけ: あとがき、カバー裏に原画・ボツ案、しすはら学園制服図鑑、
     合間にイラスト、合間にコメント・ラフ絵、
     カラー描き下ろし「Though is not~プロローグ」
・その他: カラー(6P)、短編×9(うち「Sishole~」×2)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「昭嶋しゅん(あきしま・しゅん)」センセの「しすた~ず・はらみっくす」です。

なんだか久しぶりですね。
「昭嶋しゅん」センセは…前回紹介しました女子硬式野球部の成年系「Throwing Heart」の微妙なイメージが残っていますが、こちら「しすた~ず・はらみっくす」は本来の良さが発揮されておりました。

トータルで6冊目くらいの単行本。
発売「コアマガジン」さんらしく、非常にオマケが充実したお買い得感のある仕上がりです。
収録はほぼ短編ですが、全て同一世界、同じ学校でのエピソード群。
ちょろっと顔を出していたり、会話の中に登場していたりはするものの、基本的にそれぞれのキャラに交流はありませんでした。
それがため、やや難易度高めな「なんちゃらを探せ」の遊びができます。
どちらかに見事発見した方は、ひとり悦に入って下さい(笑)

小野寺来夏
※小野寺来夏
 こんなまんまる目なのに…あのギャップがいいですね。

収録では唯一の同キャラ連続「Sishole-Revolution」、「Sishole-Conclusion」という2話。
こちらのヒロイン、ツーサイドアップな妹「小野寺来夏」が↓表紙の娘さん。
同じ「コアマガジン」さんから発売している前単行本「ふぁーすと いんびてーしょん」と似た雰囲気があり、シリーズみたいでイイ感じですね。
漫画でもそのまま、シマパン・縞模様なニーソックスを着用しておりました。
お話としては、兄「小野寺純一」との背徳感のない近親えっちです。
彼女のバカっぽさが楽しい1話目「Sishole-Revolution」だけで終わっていれば特に目立つエピソードではなかったんですが、こちらの注目は「Sishole-Conclusion」という2話目。
オチ部分なんですが…これまでのテンションを大きく裏切る、意外な描写に衝撃。
びっくりしました。
センセのヒロインには”気持ちそこそこ・即えっち”という軽いイメージを持っていましたが、こちらの「来夏ちゃん」は自らのテリトリーを守るべく色々と策を講じておりました
かなり唐突な描写だったので確かに違和感もありましたが、ややドロ臭いほどにしっかり自己主張してくれたのは、ある意味人間っぽくて好き
…ただ、ラブコメの範疇は超えていたので、あんなん引く方もいるでしょうねー。

同じく年下系、中等部のツインテールな「藤本瀬良」ちゃん、「砂川悟」くんの「If After all.」
彼女は生徒会副会長「藤本季凛」さんの妹ですね。
「悟くん」ほか男子生徒憧れな存在である姉に対抗すべく、自らの身体をもって頑張るようなお話。
こちらも、露骨なまでの積極的な行動が可愛らしいです
寝込みを襲うのもいいですが、オチに描かれていた”実は入ってる(←何が?)”というシチュエーションをもっとじっくり見たかったです。
顔に似合わず「瀬良ちゃん」大胆でしたねー。
またどーでもいいところですが、冒頭にて箸でつまんでいたザクヘッドは何の食材で作ったのか知りたいです。
器用ですよねー。人参とかかなぁ。

藤本瀬良、村上瞳
※左:藤本瀬良、右:村上瞳
 八重歯な「瞳ちゃん」です。下で言っているのは、こんな感じのこと。

冒頭話「Though is not~」も年下です。
褐色な肌が健康的な「村上瞳」ちゃん
八重歯だったのでちょっと怒った感じが可愛く、イマイチ女心を理解してない先輩がため良く作用しておりました
彼女も本編ではシマパンで、描き下ろしカラーページ部分は日焼け跡が映えています。
ラスト部分、追加イラストにて披露していた、違う髪型でも見たいですね。

収録で約半分ほどは年上(先輩)系統でした。
ツインテールな「出口羽美」さんの「After a mischief」は美術部。
はいてない、ってのをチラ見せしてくれるのはいいモノですね。
何かとちょっかい出してくるのは、やっぱり好意の証拠でしょう。
小さい先輩「小野寺茅夏」さんの「Irregular pairs」はソフトテニス同好会。
彼女は冒頭よりやたらテンション高く、えっち時でも同じノリでした。
疲れそうね。
実は「近松静香」さんが~(いちおうフセます)~とのことでしたけど、画面のどこかにヒントが欲しかったです。
部長「遠藤君絵」さんの「Only now~」は演劇部。
こちらに登場のキャラたちは、巻末の”しすはら学園制服図鑑”にてモデルをしております。
女装の似合う男子「城総助」くんとのえっちで、途中生徒会長に見つかった彼が”声を出したらバレるかも”と考えていたのは何気に真っ当。
普通に喋ったりする漫画もよくありますよねー。
モデラーな教師「蒲生素美」先生との「Start of it.」
年上っぽくない言動はいいんですが…こんな教師はいないだろうなぁ。

小野寺茅夏、伊沢衣吹
※左:小野寺茅夏、右:伊沢衣吹
 黒下着を入れるため、無理やり表紙絵を採用(笑)

「Chemical Feeling」の「赤羽修市」くん、眼鏡の「伊沢衣吹」さんは何気に唯一の同学年カップル。
赤点であった「修市くん」の補修に付き合う「衣吹さん」
理科実験をこなす知的な雰囲気と、何より黒い下着が実にきゅーとです。
”制服に黒い下着”という、やや真逆っぽい組み合わせが刺さりました
これでもう少し冷静なキャラであれば…何度もしつこいですが「メイプル・フール・デイズ/宇佐美渉」の「紗耶さん」みたいで良かったかなー。

そう、各ヒロインの下着なんですが、それぞれデザインが異なり、単純でなかったのはいい感じ。
やや太めな強い線の絵柄。
トーンとベタは適度な色具合で、すっきり気味です。
キャラ絵はふんわりとした丸っこいスタイルで、可愛らしくまとまっていました。
全体的に安定感あり、特にコメディー描写は秀逸。
ちょっと個性があるため、↓表紙・裏表紙にてご判断下さい。
白黒絵のが巧い方なので、いくらかプラス判定が良いでしょう。

全体的には無難にまとまった単行本。
前述しました「Sishole-Conclusion」が巻末に収録されていたこともあって衝撃度高く、強く印象に残りました
ああいったネタの漫画も、今後はいいのではないでしょうか。

しすた~ず はらみっくす (ホットミルクコミックス 294)しすた~ず はらみっくす (ホットミルクコミックス 294)
(2009/06/10)
昭嶋しゅん

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コアマガジン ツーサイドアップ ツインテール ニーソックス コメディー

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。