FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ミルクドール (中山哲学)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・ラブコメ
・おまけ: あとがき、カバー裏に「ミルクドール・キャラ紹介」・
      1コマ「年上の女は好きですか?」
・その他: カラー(8P)、短編×7
    (うち「あねいもうと」×3、「光くんシリーズ」×3)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「中山哲学(なかやま・てつがく)」センセの「ミルクドール」です。

きました、一年振りな「中山哲学」センセの新刊です。
初単行本「抱いて…」、2冊目「たぷラブ」に続く3冊目は「ミルクドール」です。
これまでの↓表紙はなんだかやけに落ち着いた感覚(※特に2冊目「たぷラブ」は背景の黒板がため暗い雰囲気)でしたが、明るく目立っていた今回は、イイ感じの仕上がりだと思います。
セールス的にもあの笑顔が相乗効果となるのではないかなぁ。
…わかんないけど。

さて、そんな単行本は2本の中編漫画と短編という内容。
なんとなく、「中山哲学」センセは中編漫画家へシフトしつつあるような気がします。
ぱっと印象に残りやすい、強いキャラを描ける方ですから、いい路線かと。
また、ひでるさんはキャラの魅力を発揮でき、飽きる(忘れる)前に終わるという中編が好きなんですねー。大歓迎ですよ。

姉「真琴さん」
※姉「真琴さん」
 むちむち過ぎですよっ!右が幼くなった時ですね。

全3話のメイン中編「あねいもうと」から。
ポニーテールの「真琴」はちょっとお節介なお姉ちゃん。
両親が不在で使命感に燃える彼女はそれに拍車がかかっており、弟「健夫」がげんなりするほど日常を管理しておりました。
そんなある日、学校から帰った「健夫」は居間で寝ていた「真琴」を発見。
”普段の仕返し”とばかりにお茶をかけるんですが…その刺激で起きた彼女がおねしょだと勘違いした、次の瞬間!
ふらりと倒れ、次に目を覚ました「真琴」は幼児退行していたのでした。

おにいちゃんだあれ?

姉弟の近親ラブコメなんですが…姉「真琴さん」がそんな状態であるため、また一風変わった仕上がりです。
股間に水をかぶると幼児退行してしまう、なかなか馬鹿にならない状態な彼女。
そんな「真琴さん」に対し、素直に欲望をぶつけてしまう「健太くん」
ちゃんと専門家に相談してあげて下さい、と言いたいところでしたが、自覚度合が微妙であり、また一度えっちしてしまった引け目があるから難しいか。(※完治してしまうのももったいないですよね)

「真琴さん」が退行を起こす切っ掛けは、漏らす現象にありました。
そこまで心の防衛機能が働くのだから、おねしょに対してめちゃくちゃに叱られたとか、死ぬほど恥ずかしい目にあったとか、なんらかのトラウマがあるべきもの。
その辺がちと弱かったです。…あまりリアル過ぎるのは引くかもしれませんが。
弟「健夫くん」の世話をやたら張り切っていたり、実際に両親が家を空けて長いような描写があったので…漫画部分では語られていない、鬱屈としたものが実際にはあったのかもしれませんけどね。

ともかく、なんのかんのと可愛らしくなってしまった姉にえっちしてしまう1話目。
実際の退行現象でも、その間の記憶が残っているのは珍しいことでないようでしたが、この「真琴さん」はどの程度まで覚えているのかなぁ…。
夢よね」という台詞と共に、「最近妙に記憶が飛ぶ」というのもありました。
どっちだ?
続く2話では、部屋で寝る「真琴さん」が鍵をかける描写があります。
弟「健太くん」に対してなんとなく警戒心を持ったのでしょう。
こんなんはリアルですねー。
そんな訳で、欲求不満で悶々としていた日々を過ごす彼を救ったのは…なんと、最近の学校で話題だった”盗撮騒ぎ”でした。
犯人を追っていた「真琴さん」が、水たまりに尻もちをついてしまうんですね。
退行後の「真琴さん」は記憶の継承がなされているらしく、一度快感を得ているためかえっちシーンはノリノリです。
しかも…なんとブルマ姿なのです!
豊かなスタイルはそのままで、パンパンなブルマ姿は刺激強く、なかなか目の毒でした。
さすが「中山哲学」センセ(笑)
どーでもいいですが…「健太くん」、純粋な娘(いちおう)に変な言葉教えないように。

私の身体が…どんどんいやらしくなっていくみたい

そんなラスト3話では、「真琴さん」はお風呂場で独りえっちをしておりました。
だろうねぇ。
また、そこで漏らしてしまったがため、あっさり退行が起こってしまうのです。
最近は出現率が上がった、とか言ってましたが、
”独りえっち→漏らす→退行→快感を覚える→普通に戻る→独りえっち→漏らす→退行…”という繰り返しなのかな。
なぜか裸エプロンだった「真琴さん」
ここでの注目は、ついにえっちの真っ最中で目を覚ます「真琴さん」でしょう。
えっちでしたよー。
完全に気付いた彼女がどうするのか、2人はどうなってしまうのか、ぜひ漫画にてどうぞ。
ひでるさんは元のお姉ちゃんのが好きです。
カラー部分はお約束なオチとなるんですが、あんなんのがいいなぁ。
早く……済ませてよね」という台詞もいいですね。
そんなん言われたら、わざとじっくりしてあげたくなりますよ。

橘由香利、楠木ひかり
※左:橘由香利、右:楠木ひかり
 こちらの2人はもう数話見たい感じでした。

「光くんシリーズ」と言える、それっぽくない男女のお話「泣き虫ドール」、「赤裸々ビーチ」、「無防備ハート」の3話。
皆の憧れ、聖女のような「橘由香利」さん。
同時にガードの固さも有名で、言い寄る男はことごとく振られていたのです。
彼女にアタックして、やっぱり玉砕してしまった、主人公「光」くん。
顔が童顔で女の子っぽいことに加えて背も低く、演劇部でもほぼ女性役という彼。
そんな訳で、ちょうど女モノの衣装を着ていたところ先の「由香利さん」とぶつかって目撃されてしまったのです。
あまり可愛くて、女の子と間違えちゃった……
憧れだった彼女に言われたそれは、今の「光くん」にとってはタブーなものでした。
しかし…「由香利さん」には、その姿が刺さっていたのです。

お互いベストマッチな相手に出会うお話です。
「光くん」泣いてましたねー。
あれだけ女装が似合えば、逆に男女どちらからもモテそうな気がしますけど…雰囲気的に、自分自身を受け入れることができず、嫌っていたことがモテない原因かもしれません。
一方、実は男性恐怖症だった「由香利さん」
実は、小さい頃のトラウマが原因なのでした。
ここは先の「真琴さん」と同じですね。
”触れられることを許せた”という台詞もあったので、相当に根が深いものであった様子。
それを考えると、素直に感じられる「光くん」を積極的に受け入れようとしていたのも納得です。

2話目の「赤裸々ビーチ」は、「真琴さん」も入部した演劇部員らにて海へ行くエピソード。
かなり豊かなスタイルであるのにビキニなんぞ着ており、「手が届きやすくなった」との言葉から察するところ恐怖症もだいぶ和らいだ様子でした。
相変わらずコンプレックスがある彼とは対照的。
「光くん」との関係も良好なようで、えっち前ではずいぶん可愛らしいことを言っておりました
番外編のような感覚の3話目「無防備ハート」
学校内で公認カップルとなっていた「光くん」と「真琴さん」
彼女を狙っていたものの失恋した「武藤洋一」は、「光くん」そっくりな女の子「楠木ひかり」ちゃんの着替えを目撃して…と、だいたいそんなん。
2階で道から丸見えだというのに、窓際でカーテンもそのままに着替える「ひかりちゃん」
その一撃必殺!みたいな登場部分に撃墜されました。
無防備だー。
あのスカート丈だと、日常生活でも頻繁にパンチラしてそうですね。
まて一人称「ボク」な娘さんだったので、そんなんお好きな方はより良いでしょう。
オチ部分もまとまっており、次は「光くん」と「ひかりちゃん」をセットで見たい感じでした。
コメントで書かれていた、”髪トーンにすると早苗お母さんと被る”に納得。
な、なるほど。
ひでるさんが「ひかりちゃん」を気に入ったのはショートカット好きであることと共に、そういった要素があったのかもしれません。
なお、「中山哲学」センセの代名詞的な、ロリ巨乳の可愛い母親「藤原早苗さん」
カバー裏にて顔を出しており、いちおう皆勤達成ですが…やっぱり漫画がなかったのは寂しいなぁ。

藤谷朋子
※藤谷朋子
 ブラも悲鳴をあげているような大きさです。

収録では唯一の短編「甘ったるい僕ら」
料理研究部「藤谷朋子」さんと「淳一」くんのお話で、ロリっぽい容姿と裏腹な胸が見事。
甘いもの好きそうですもんね(笑)
あとがき部分の絵も良く、カラー原稿も収録されていたんですが…やっぱりセンセは白黒絵のがいいです。

強い線の絵柄。
トーン・ベタは適度なくらいですが、忙しいコマ割りなど画面はごっちゃり気味です。
やや太めに感じるほどのむっちり具合は相変わらず素敵なのでした。
バランスにも優れ、ひでるさん好きなタイプでもあるため、絵的なことに関してはほぼ問題ないと思っています。
思っているんですけど…もうひと段階上のレベルが近いような気もしているんですよ。
より安定・洗練される余地がまだあるでしょう、という感じ。
そんな訳で、↑上のデーター部分は満点としていません。
期待してます。

また、毎回書いていますが、発売は「ティーアイネット」さんなので、裏表紙のカット絵が参考になります。
あるいは、ネットを見る余裕があるならば、HPでの紹介が判断に最適。
なにげにブログ書く際の手助けにもなっており、好きな出版社さんなのですよ。

ミルクドールミルクドール
(2009/06/05)
中山 哲学

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ パンチラ ショートカット ポニーテール ティーアイネット

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。